余裕のリンクフリーです。こちらからもリンクさせて戴きたいので足跡をノコシテクレルト嬉しいです(*´・∀・)運動不足解消に歩くついでにと言いつつブログのネタ探しついでに歩くというよくわからないブログです。


by maryrequiem

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

 **ちょっといいお店**

Cafe Poche(カフェポッシェ)

千葉県柏市逆井4-9-26

住宅街のど真ん中にあるカフェ
元々、ここでカフェをずっと営業してましたが、ご家庭の事情で3年間の休止を経て4月に復活したばかり
ブランク等もあり、メニュー
数も絞ってるようですがポテンシャルの高さは十分感じ取れました
現在はコーヒー、ケーキ類のみの展開ですが、無添加にこだわった美味しい商品が揃ってます
アンティーク調の雰囲気や、温かみのある雰囲気が好みで、個人的に応援してますw

_____________
KARLY (カーリー)

千葉県野田市みずき2-4-6

素材に拘ったシフォンケーキ専門店
火曜日から金曜日の11時から14時限定ですが、80分オーダーバイキング 1、575円(税別)(ラストオーダー60分)がめちゃくちゃお得!
とても綺麗なお店で、丁寧な接客で、確実にお腹いっぱいになれます

_____________
cafe & gallery わをん(wawon)

千葉県いすみ市引田101-1

作家さんがひとつひとつ心を込めて作り上げた小物やアクセサリー、食器などを広く展示、販売するギャラリーを併設したカフェ
広々とした店内で、外を眺めるように配置した席で、気持ちよく寛げるお店です

_____________
紅茶と食と台所 糸

千葉県印西市草深2484-6

セイロンティーをフルラインナップ揃え、高い天井、窓から差し込む柔らかな日差し、美味しいお菓子やご飯を楽しめるお店です
黄身がレモンイエローしたゆで卵 福岡は、ゆむたファームさんの卵等、素材にこだわったおかずを取り揃えるランチで人気

_____________
errant's cafe(エランズカフェ)

埼玉県鶴ヶ島市三ツ木400

メニューが、便箋の中に入れられ、紐を外して中から出すという演出やシンプルだけど、きちんと考えられた家具の配置や内装、自家焙煎のブレンドコーヒーは、歴代No1のブレンドコーヒーでした
山羊のチーズケーキ等、他ではなかなか見られない商品があったり、個人的にポテンシャルの高さを感じたすごいお店です

_____________
珈琲屋まめは

茨城県つくば市吉瀬1679-1

つくば文化郷という複合施設の一角で、ひっそりと営む古民家リノベーション型コーヒー専門店
人柄が良く、丁寧な接客なご夫婦が営んでます
ブレンドからシングルオリジンまで取り揃え、美味しいコーヒーを飲みながら寛げる良店です

_____________
_____________

りんく

記事ランキング

フォロー中のブログ

コバチャンのBLOG
963-7837
黒パグ CHAPPYの成...
やっぱり・・旅へ
:trunk: chiyo
好きな物に囲まれて* お...
idyll イディル
Sauntering 
村中芳男 写真の世界
気ままな食いしん坊日記2
Smile-Day i...
風とこだま
旅プラスの日記
happily ever...
山登リィタ。

外部リンク

最新の記事

ニュージーランド旅行5日目 ..
at 2018-02-22 00:01
Utopia Ice クライ..
at 2018-02-21 00:01
Clink Restaura..
at 2018-02-20 00:01
ニュージーランド旅行5日目 ..
at 2018-02-19 00:01
ニュージーランド旅行5日目 ..
at 2018-02-18 12:00
The Quay Cafe ..
at 2018-02-18 00:01
Saggio Di Vino..
at 2018-02-17 00:01
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-16 00:25
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-15 00:34
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-14 00:01
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-13 00:01
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-12 00:01
ハーミテージホテル モーニン..
at 2018-02-11 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-10 00:01
The Old Mounta..
at 2018-02-09 00:33
数日間、更新できません・・と..
at 2018-02-08 14:44
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-08 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-07 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-06 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-05 11:33

画像一覧

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by maryrequiem at 21:22
初めまして! なんかこ..
by 一大輔ファンです at 14:49
ここトレッキングコース扱..
by maryrequiem at 14:38
かなりの傾斜の階段ですね..
by show1792 at 09:50
まさかの深読みwwww ..
by maryrequiem at 18:51
満喫してますね~、気絶と..
by show1792 at 09:45
ありがとうございます ..
by maryrequiem at 08:04
羨ましいですね、気を付け..
by show1792 at 18:59
今年もよろしくお願いしま..
by maryrequiem at 22:00
お久し振りです。 今年..
by stk at 19:29
カーテンって生活に潤いを..
by maryrequiem at 11:47
ランナーや、余った生地の..
by きぬえ at 09:26
コメントありがとうござい..
by maryrequiem at 00:00
小樽にいくたびに、とんぼ..
by トンボ at 20:22
探せばあるもんですね ..
by maryrequiem at 08:37
お久し振りです。 ..
by stk at 19:15
お、ここ行きましたか ..
by maryrequiem at 11:28
旅行は1月に行きますw ..
by maryrequiem at 15:51
旅行? って思っていまし..
by mikan-no-gohan at 23:40
何年も毎日更新し続けて疲..
by maryrequiem at 10:27

カテゴリ

全体
北海道
神奈川県
京都府
千葉県
静岡県
埼玉県
栃木県
茨城県
福島県
長野県
山梨県
岐阜県
中央区
渋谷区
新宿区
豊島区
中野区
世田谷区
練馬区
杉並区
品川区
葛飾区
江東区
千代田区
江戸川区
台東区
文京区
港区
墨田区
目黒区
大田区
川越市
鎌倉市
日光市
川崎市
調布市
その他
好きな音楽
立川市
国分寺市
藤沢市
柏市
松戸市
八王子市
イベント、公園、食事
市川市
野田市
習志野市
成田市
軽井沢市
箱根町
ニュージーランド
国立市
小金井市
武蔵野市
群馬県
新潟県
足立区
板橋区
台湾
海外
石川県
荒川区
未分類

ブログジャンル

旅行・お出かけ
食べ歩き

タグ

以前の記事

2018年 12月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

タグ:食事 ( 188 ) タグの人気記事

全記事リンク集

(´・ω・)歩く場所等のネタを大募集中です。



食事リンク イタリアン、フレンチとカフェ 更新途中 バグって全消えして萎えました 正直疲れたお(´・ω・`)(2/13) ※NEW 2/15更新 ☆4以上のカフェ、イタリアン、フレンチのカテゴリーを地域ごとに再編集 リンク大幅追加

独断と偏見の採点システム導入
071.gif071.gif


*☆4などの高得点記事ばかりのように見えるかもですが、単にネタに困ってないので、
いいお店だけを抽出してお届けしてるだけです。その何倍も☆3まれに☆2,1なお店も当たってます*


★★★★★★(゚∀゚≡゚∀゚) 殿堂入り 急遽、新設せざるを得なかった個人的完璧なお店
★★★★★( *‘∀‘)   ガイアが俺にもっと輝けと囁いているレベル
★★★★☆(´∀`)   シーンの最前線に立ち続ける覚悟はあるか?なレベル
★★★☆☆(・ω・)   近くに寄ったら行こうと思えるレベルと普通のことを書いてみる
★★☆☆☆(´・ω・`)  微妙 ライオネット蛮が、初セリフを言うぐらい微妙
☆☆☆☆(;´Д`)   さすがの俺も、ノックしてもしもお~~~し するレベル
☆☆☆☆☆(#゚Д゚)  屋上へ行こうぜ……ひさしぶりに………きれちまったよ…


食事リンク フレンチ、イタリアン
食事リンク ラーメン

食事リンク カフェ、スイーツ、パン


                           <各記事リンク>


*引っ越しで購入したもの*
 ~自由が丘のファブリック専門店 Beautiful Daysさんから、カーテンが届きました、KEYUCAさんから届いた、ソファーをご紹介!、UTILITY canvasさんから、クッションが届きました、Nicolai Bergmann Sumuさんから、SkagerakのPushが届きました、SEMPRE本店さんから、KLIPPANのブランケットが届きました
1 2 3 4 5


*台湾へ行きタイワーン*

<1日目>
台湾桃園国際空港から台北市内へ、劉山東 牛肉麺 台湾台北市/牛肉麺、國立臺灣博物館(国立台湾博物館)、趙記 菜肉餛飩大王 台湾台北市/水餃子 ワンタン、西門紅楼、龍都冰果専業家 台湾台北市/フレッシュジュース 台湾かき氷、艋舺龍山寺(龍山寺)、金品茶樓 台湾台北市/飲茶 点心 台湾料理、青葉 台湾台北市/台湾料理、夜の西門町を歩く、
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

<2日目>
東門市場、鼎泰豊(ディンタイフォン) 信義店 台湾台北市/小籠包 台湾料理、思慕昔(スムージー)本館 台湾台北市/台湾かき氷、永康街散策、淡水老市場、可愛いにゃんことの出会い と真理大學、淡水紅毛城、Pescador cafe(漁人咖啡) 台湾台北市淡水区/カフェ、淡水海関碼頭、淡水漁人碼頭、Ancre café (安克黑 咖啡) 台湾台北市淡水区/リバーサイドカフェ、Orange Café 看電車咖啡館 台湾台北市士林区/カフェ、士林夜市、士林夜市から雙城街夜市へ、欣葉 台菜創始店 台湾台北市雙城街/台湾料理、台北101のある信義区へ、MQ [ Marquee Taipei ] 台湾台北市信義路五段/バー

<3日目>
金峰魯肉飯 台湾台北市/大衆食堂、中正紀念堂、李製餅家 台湾台北市/パイナップルケーキ、二條通.綠島小夜曲  台北市中山北路一段/カフェ、林華泰茶行 台北市大同區重慶北路二段/地域密着型茶葉専門店、賣麵炎仔 金泉小吃店 台北市安西街/台湾大衆食堂、油化街、FT cafe x shop(Cafe fudgetori) 台北市麗水街/雑貨 カフェ、Rilakkuma Café(リラックマカフェ) 拉拉熊咖啡廳 台北市忠孝/カフェ、曾徳自助火鍋城 台湾台北市/火鍋
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

<4日目>
浪浪別哭 pet halfway house & cafe 台北市中山区/犬猫カフェ、松山区へ、繭裹子x愚二咖啡  台北市松山區延壽街/雑貨カフェ、小春日和 動物雑貨‧珈琲 台北市延壽街/犬猫カフェ、華山1914文化創意產業園區、ばいばい台湾!ただいま日本!
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

<番外編>
鮨 やじま 東京都渋谷区/寿司
1

リンク集その2です。


リンク集その1です。
by maryrequiem | 2018-12-31 23:59 | Comments(25)

Clink Restaurant & Bar クライストチャーチ/NZ料理~ニュージーランド旅行5日目 その4

それでは昼食です
場所は、29 Wakefield Ave, Sumner, Christchurch 8081 ニュージーランド



a0287336_22135113.jpg


Clink Restaurant & Barさんです

a0287336_22165448.jpg


a0287336_22175361.jpg


入ってすぐわかるのは、建物がとても洗練されてること
天井が高く、屋根がガラス張りで採光性が高い

a0287336_22213773.jpg


バースペースもありますが、今まで行ったカフェ&バースタイルのお店とここまで雰囲気が違うのか

a0287336_2223369.jpg


大きな一軒家のほとんどの部屋に席があり、席数はかなりのものです
50席以上

a0287336_2223599.jpg


広い庭があって、テラス席がありました
例によって人気は圧倒的にテラス席
私も参戦いたしますw

a0287336_22251749.jpg


んー
ニュージーランド料理となってますが、料理的にはイタリアンに近いかな?アンティパスト(Antipasto)って文字も見えるし
ピッツァ、パスタ、メインと一通り揃ってます

a0287336_22291587.jpg


価格帯は17ニュージーランドドルから27.5ニュージーランドぐらいですかね

a0287336_22332750.jpg


このお店、曜日で業態が変化するんですね
モーニングは土日のみ
ランチは金土日
ディナーは毎日
こんな感じみたい

a0287336_2235362.jpg


この日は日曜日だったから開いてたんですねー運が良かった

a0287336_22344673.jpg


a0287336_22375924.jpg


バーを構えるだけにお酒も充実
今日はレンタカーなので飲めませんがw

a0287336_22383090.jpg


a0287336_22394589.jpg


メインから
チキン料理を選択
crumbed chicken 22ニュージーランドドル(約1,732円)

a0287336_22402751.jpg


メインの上に盛られた野菜は普通かな

a0287336_2246049.jpg


うーむw
見た目は、焦げが見えててちょっと悪いかなw
美味しけりゃ問題ないです

a0287336_2248181.jpg


なるほど
これ、チキンのカツレツですね
美味しいです

a0287336_2254934.jpg


カツレツは日本でも老舗洋食店なんかでもありますよね。ほぼ牛ですけど
細かいパン粉をつけて、温度低めの油で焼き上げる料理
なのでパン粉が油を吸ってますが、これはこういうものです

a0287336_22593728.jpg


ちょっと一手間かけられてて、鶏ささみをスライスし、間にハーブとパルメザンチーズをサンドして焼いてるんですね
チーズの塩加減とハーブの爽やかな香りが良く、油でひたひたですが、見た目ほど重くなかった
美味しいです

a0287336_22594818.jpg


a0287336_2321894.jpg


a0287336_2324968.jpg



Clink Restaurant & Barさんの評価   ★★★★☆(´∀`)


ウェイクフィールド・アベニュー沿いにあるニュージーランド料理のお店
ガラス張りの屋根で採光性の高い空間や高い天井と内装のデザインがとても洗練された建物で、席数も豊富
広い庭のテラス席がとても気持ちが良かった
遅い朝食の後だったので、少し軽めで鶏肉のメインを一品注文
鶏ささみをスライスして、間にハーブとパルメザンチーズを挟み込み、細かいパン粉をつけて油で焼き上げたカツレツでしたが、ちょっと焦げ目があったので見た目は少々あれでしたが、焦げ目は味を阻害しない程度だったので問題はなかった
じっくりと焼き上げた鶏肉は、とても柔らかく歯ざわりが良かった
パルメザンチーズの塩加減とハーブの爽やかな香りが、鶏肉の旨味と見事に調和
油は多めですが、見た目ほど油を感じない美味しい料理でした
言葉が通じないながらも店員さんの接客も良く、気持ちの良い昼食が出来ました
価格は少々高いかもですが、このあたりのお店の中で抜群に雰囲気の良い洗練されたお店で寛げるのはプラス要素
いい旅の思い出になりました


つづく
by maryrequiem | 2018-02-20 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)

The Quay Cafe クライストチャーチ、ウールストン/カフェ~ニュージーランド旅行5日目 その1

a0287336_1302652.jpg


5日目の朝を迎えました

a0287336_1303873.jpg


ここ数日の旅疲れもあってか、この日は遅めの起床
10時前後だったかな

a0287336_1311543.jpg


今日は1日、クライストチャーチ観光です
そのまま徒歩で市街に繰り出しても良いんですが、明日の早朝にレンタカーを返却しないといけないので、とりあえず燃料入れに行くついでに車で行けそうな所に行ってみようかな?とベッドの中で考えました

a0287336_132587.jpg


クライストチャーチ市街地を南東方向へ

a0287336_1335431.jpg


雨は降ってないですがどんよりとした天気

a0287336_1363990.jpg


a0287336_1373431.jpg


到着しました

ザ・タナリー(The Tannery)

a0287336_1381049.jpg


クライストチャーチ郊外のウールストンという地域で、1800年代後半から羊毛加工で発展した町
元は、なめし皮の工場だった跡地をショッピングモールにしたようです

a0287336_1391483.jpg


a0287336_13121428.jpg


中央部分に広大な駐車場完備
もちろん無料です

a0287336_13123370.jpg


a0287336_1313572.jpg


a0287336_13132155.jpg


建物中央に通路があって、両翼に小さなお店が点在する構造
お店も様々ですね

a0287336_1313324.jpg


こんなかんじで
中央部分はガラス張りの屋根で採光性が高く明るい雰囲気です

a0287336_13144247.jpg


この中でちょっと遅めの朝食にします
場所は158/160 Cumnor Terrace, Woolston, Christchurch 8023 ニュージーランド

a0287336_13153883.jpg




The Quay Cafeさんです

a0287336_13163032.jpg


屋根までぶち抜いたおかげで天井が高く開放感抜群
席数も豊富で40席前後

a0287336_1320443.jpg


ニュージーランドの人は、店内で食べる人が少ない気がします
テラス席があれば、そっちを優先して選択する感じ

a0287336_13221556.jpg


a0287336_13231281.jpg


お店にもよりますが、こういうカフェスタイルのお店は、オーダーを店員さんが聞きに来るのではなく、カウンターへこちらから行って、オーダーをして会計を済ませて席で待つのが多いかな

a0287336_1323262.jpg


a0287336_13245111.jpg


a0287336_13253277.jpg


もうすっかりおなじみ
フラットホワイト 5ニュージーランドドル(約400円)

a0287336_13381086.jpg


a0287336_133981.jpg


ラムソーセージのパイ包み サラダ添え 12.5ニュージーランドドル(約980円)

a0287336_13392344.jpg


サラダがビネガーちょっと強め
添えられてるソースは、めっちゃ甘めw
ちょっと日本では体験したことのない組み合わせです

a0287336_13415870.jpg


a0287336_13432943.jpg


うんうん
美味しいです

a0287336_13434517.jpg


どちらかと言うとコンビーフに似てる?
脂の量少なめで、肉がガツンと来ます
見た目以上にボリュームがあってお腹いっぱいになりますw

a0287336_13441174.jpg


a0287336_13455879.jpg


a0287336_13462767.jpg


ガラス越しに無造作に置かれたスイーツ類
こういうディスプレイって日本じゃあまり見ませんね
雑貨屋さんみたいで可愛いです

a0287336_13464380.jpg


a0287336_13474535.jpg



The Quay Cafeさんの評価   ★★★★☆(´∀`)


クライストチャーチ郊外のウールストンという地域で、1800年代後半から羊毛加工で発展した町で
元は、なめし皮の工場だった跡地をショッピングモール、ザ・タナリーとして生まれ変わりました
そのモール内にあるカフェです
ガラス張りの天井な中央通路にテラス席を完備して、とても活気があります
店内も天井までぶち抜いてるおかげでとても開放感があり、席数もとても多く、子供用の椅子も完備と卒のない布陣
価格が安く、フラットホワイトとソーセージのパイ包み焼きのセットで17.50ニュージーランドドル(約1,450円)でお腹いっぱいになります
パイに隠れてますが、ソーセージのボリュームがなかなかで、肉質も良くガツンとくる食べごたえで美味しかったです
こういう古い建物のリノベーションのセンスの良さは、日本とまた違うセンスを感じます
気持ちの良い朝食でした


つづく
by maryrequiem | 2018-02-18 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)

Saggio Di Vino クライストチャーチ/西洋各国料理~ニュージーランド旅行4日目 その7

a0287336_1018574.jpg


それでは夕食です
場所は179 Victoria St, Christchurch Central, Christchurch 8014 ニュージーランド

a0287336_10202691.jpg


Saggio Di Vinoさんです

a0287336_10212837.jpg


a0287336_10222569.jpg


入口近くにカウンターバーを構えてますが、店内の雰囲気は重厚で高級感のある内装

a0287336_1023023.jpg


a0287336_1030587.jpg


アラカルトメニューもありますが、おすすめはコースみたいね
英語メニューなので、アラカルトの説明を聞くのも大変だし、コースでいいか

a0287336_1032541.jpg


5 course Taste of Summer 105ニュージーランドドル(約8,250円)
Wine Pairing 50ニュージーランドドル(約4,000円) 
と合わせて注文

a0287336_10401366.jpg


Entrée

マグロのカルパッチョかな?

a0287336_10425735.jpg


甘めのビネガーが独特だなぁw
これはちょっと好みが分かれる所

a0287336_10453291.jpg


a0287336_10464846.jpg


ワイン一杯目
Louis Bouillot Cremant De Bourgogne Brut Perle De Vigne

a0287336_10471721.jpg


スパークリングワインから
まずまずです

a0287336_10532766.jpg


a0287336_10551263.jpg


Soup

a0287336_10552257.jpg


具材的にクラムチャウダーかな?

a0287336_10562218.jpg


うんうん
美味しいです

a0287336_10565558.jpg


味付けが優しく、魚介の旨味をしっかり感じる
ここでもやはりサーモンが美味しい

a0287336_10571880.jpg


a0287336_1124449.jpg


すごい名前のワインがw
Archangel Pinot Noir

a0287336_1125948.jpg


せっかくニュージーランドに来てるし、ニュージーランドワインが飲みたかった
ミディアムボディ
甘めでブラックチェリーの香り、余韻もほどほど
美味しいです

a0287336_1161222.jpg


a0287336_1185367.jpg


ちょっとわかりにくいですが、牛肉のカルパッチョ

a0287336_1110419.jpg


a0287336_11124758.jpg


うんうん
美味しいです

a0287336_11122768.jpg


パルミジャーノ・レッジャーノがトッピング
ん~
脂の少なめな牛肉の旨味だけで十分美味しいと思うなぁ
牛肉がとろけるような食感で抜群に良い
まぁこちらでの味付けの好みもあるでしょうから

a0287336_111364.jpg


a0287336_11161561.jpg


a0287336_11162692.jpg


ワイン三杯目
GREYWACKE WILD SAUVIGNON

a0287336_11184988.jpg


こちらもニュージーランドワイン
甘めの香りが強く、葡萄の果実味も強め
余韻は長めと独特だなぁ
美味しいです

a0287336_11193596.jpg


Main 魚

a0287336_1122385.jpg


アカロアサーモンのグリル

a0287336_1123424.jpg


お好みでキャビアを一緒に

a0287336_11245356.jpg


ニュージーランドのサーモンはほんと別格の美味しさだわ

a0287336_11255497.jpg


これほど上品な脂の乗り方をしたサーモンを他で食べたことがありません
濃厚なキャビアの旨味がいいアクセントに

a0287336_1127228.jpg


a0287336_11292689.jpg


口直しのデザート
色目がちょっとアレですが、チェリーとチョコのアイスかな?
まずまずです

a0287336_11293639.jpg


a0287336_11332822.jpg


a0287336_1133571.jpg


ワイン4杯目
Horse Heaven Hills chardonnay2014

a0287336_11334914.jpg


ミディアムボディ
梨、ハチミツの風味にオークの香り
美味しいです

a0287336_11362142.jpg


a0287336_11395610.jpg


Main 肉

a0287336_11401399.jpg


鶏胸肉のグリルかな

a0287336_1143171.jpg


添えられてるのはスイートコーンに下のはなんだろw
まずまずです

a0287336_11441416.jpg


私、自炊のときは鶏胸肉率高いのでちょっとうるさいですよw

a0287336_1145207.jpg


うんうん
これは美味しい

a0287336_11455573.jpg


肉質がとても良い
しっかり火を通してますが身が解けるようなしっとりとした食感
柔らかく、鶏の旨みが濃厚

a0287336_11462510.jpg


a0287336_11484476.jpg


a0287336_11522686.jpg


ワイン5杯目
Spy Valley Rogue Rouge Noble Pinot Noir 2016

a0287336_11523771.jpg


ニュージーランドワイン
デザートワインですね
これいいなぁ
デザートワインって強烈に甘いのばかりかと思ったら、これ甘さはほどほど
チェリーの甘さにオークの香り

a0287336_1153353.jpg


a0287336_11553626.jpg


盛り付け方が面白いw
Dessert

a0287336_11555867.jpg


棒状のパンナコッタ
薔薇の香りがします
まずまず

a0287336_11562355.jpg


甘すぎないデザートワインがデセールに合うわ

a0287336_11583150.jpg


a0287336_11591567.jpg


a0287336_11593417.jpg



Saggio Di Vinoさんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


コース料理は突き出し、前菜、魚メイン、肉メイン、口直し、デセールと充実の内容
価格は105ニュージーランドドル(約8,250円)と安くないですが、使われてる素材の品質の高さを考えれば納得の内容だと思います
特別凝った料理はありませんが、2品目のクラムチャウダーと魚のメインに使われてるアカロアサーモンが抜群に美味しかった
ペアリングワインのコース50ニュージーランドドル(約4,000円)も最終的に5杯分
観光客相手だと、安いワインで高く請求とかされそうなものですが、こちらのお店はとても良心的で、1本3,000円から5,000円ぐらいの銘柄をセレクトしてましたし、量も多めと個人的には大盤振る舞いだと感じました
言葉が通じないながらも、接客は親切でしたし気持ちよく食事を楽しめました
高級感のある内装ですが、ドレスコードとかは特に無く、気軽に料理を楽しめます
旅の思い出に間違いのないお店じゃないでしょうか

a0287336_11595878.jpg


a0287336_12113978.jpg


あたりは真っ暗
さすがに観光をする雰囲気じゃないのでまっすぐホテルへ帰ります

a0287336_12123332.jpg


a0287336_12131667.jpg


a0287336_12134441.jpg


車社会だからか、歩いてる人はほとんど居ませんね

a0287336_12135713.jpg


a0287336_12142945.jpg


a0287336_12144260.jpg


a0287336_12145158.jpg


ホテルに到着
部屋に向かうエレベーターは、フロントのほんとすぐ横

a0287336_1215155.jpg


a0287336_12155446.jpg



これで4日目は終了
本当は、明日にクライストチャーチ入りの予定でしたが、1日早くなったので、1日ゆっくりクライストチャーチ観光が出来ますね
ということで、5日目はクライストチャーチ観光をじっくりとお届けいたします


つづく
by maryrequiem | 2018-02-17 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)

ハーミテージホテル モーニングブッフェ /レストランブッフェ~ニュージーランド旅行4日目 その1

a0287336_156057.jpg


ニュージーランド旅行4日目の朝を迎えました
って

晴れとるやんwwwww

雨じゃなかったのかよおおおおお

a0287336_1562382.jpg


とは言え、晴れてるのは本当に好都合
すぐにでも次の場所へ移動しようと思ってましたが、晴れてるとあれば話は変わる
もうちょっとこの場所を楽しめそうということもあってテンション駄々上がりです
朝食は6時半からだったので、朝一で乗り込んでスタミナをつけて挑まなければ!

a0287336_1571446.jpg


a0287336_1593225.jpg


a0287336_159524.jpg


a0287336_1510279.jpg


ハーミテージホテルは、朝昼晩全てブッフェのみ
これ、事前に作るメニューが決まってるし、切らさなければいいだけだからホテル側にとっては色々と便利ですよね
オーダーを受ける必要もなし、オーダーされてから材料を取り出して調理をする必要なし、と人件費の大幅な削減になりますから
とても合理的

a0287336_15101094.jpg


朝日が徐々に差し込んできました

a0287336_15123452.jpg


一番乗りでいい席を確保w

a0287336_1513795.jpg


a0287336_15133928.jpg


a0287336_15135659.jpg


a0287336_1514667.jpg


朝から茶色いメニューが多いのも特徴だなw
私は朝から焼肉でもカレーでもいけちゃう人なんでニーズにあってますw

a0287336_15142275.jpg


a0287336_15143138.jpg


味噌汁がある
この施設がいかに日本人観光客が多いかわかります

a0287336_15162791.jpg


すげえええ
納豆まであるぞ

a0287336_151764.jpg


a0287336_15173467.jpg


a0287336_1517481.jpg


a0287336_15183528.jpg



ソーセージはラム肉か
いいね

a0287336_15184960.jpg


スムージーも充実
自分で作るとなるとちょっと面倒だから、あまり馴染みがないけど、こういうのは大歓迎

a0287336_15191466.jpg


ヨーグルトの製品の種類が多いのもお国柄なのかな

a0287336_15201983.jpg


a0287336_15211921.jpg


絶景を一望できる最高の席で

a0287336_15213869.jpg


a0287336_1522533.jpg


茶色いおかず多めでお送りいたします

a0287336_15222189.jpg


a0287336_15233186.jpg


a0287336_1523405.jpg


この巨大なキノコ、なんとマッシュルームだそうです
ソテーされてて香りも良く味もなかなか

a0287336_15243691.jpg


あーでもラムソーセージはちょっと残念かなぁ
ハーブ入りだけど、ちょっと肉のクセが強すぎる
これはだめな人は絶対無理なやつだわ

a0287336_15254112.jpg


The Hermitage Hotel モーニングブッフェの評価   ★★★☆☆(・ω・)

宿泊料に朝食料金込だったので食べましたが、概ね満足です
ブッフェにしては頑張ったクオリティーでしたが、期待してたラム肉ソーセージがクセが強くちょっと残念
日本人観光客が多いからニーズがあるのかもしれませんが、ニュージーランドに来てわざわざ日本食を好んで食べるのも旅としてはいかがなものか?と
味噌汁や納豆は、ありがたい人もいるのかもですが、”郷に入っては郷に従え”で、現地のメニューを楽しむのも旅の醍醐味だと思うんですがねぇ・・
ニュージーランドマッシュルームと数種類のスムージーはとても美味しかったです


a0287336_15271740.jpg


さあいよいよ本格的に晴れてまいりました
昨日聞いた天気予報は見事に外れ
先を目指そうと思ってましたが急遽予定変更
1番人気のトレッキングコース、フッカーバレー・トラックに行ってみようと思います

a0287336_15325953.jpg


さて
まずはホテルをチェックアウトします
問題はレンタカー
フッカーバレー・トラックに行く間、ここに車を置かせてもらえないかフロントに交渉

a0287336_15351823.jpg


すると、フロントの方から「ここに車を停めていくより、White Horse Hill Campsiteに車を停めたほうが近くて便利です」と教えてもらいました
料金は?と聞くと「無料です」とのこと
ありがとうございました!

a0287336_15363083.jpg


ハーミテージホテルは、料金こそ今回の旅行で最高額でしたが、とても充実した施設で、アルパインセンター直結でカフェからバー、レストランにおみやげコーナーに、部屋は広くきれいでアメニティーも充実してた
各種トレッキングコースから1番アクセスもよく便利と文句なしの施設でした

a0287336_1538452.jpg


またここに来ることがあれば、是非、またここに宿泊したいです

a0287336_15404174.jpg


a0287336_15412414.jpg


ホテルを出てすぐ、フッカーバレーロードがあります

a0287336_15421390.jpg


a0287336_15432720.jpg


数分で到着
近いw

a0287336_15434568.jpg




ここ、昨日、セアリーターン・トラック行ったときに上から見えてたキャンプ場ですね

a0287336_154463.jpg


朝早かったこともあり、駐車してる車の台数はほどほど
ただ、このあと車がたくさん押し寄せて場所取り合戦に発展しますので、早めに来ることをおすすめいたします

a0287336_15453860.jpg


それでは
フッカーバレー・トラック行ってみましょう!


つづく
by maryrequiem | 2018-02-11 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)

The Old Mountaineer's Cafe アオラキ/マウントクックビレッジ/カフェ~ニュージーランド旅行3日目 その6

それでは夕食です
場所は、Aoraki Mount Cook Village, 7999 ニュージーランド



a0287336_2362469.jpg


The Old Mountaineer's Cafeさんです

a0287336_23163198.jpg


a0287336_23155433.jpg


入り口すぐはカウンターバー
ちょっとした椅子とテーブル、ソファー等もありました

a0287336_23174715.jpg


奥に進むと、一面ガラス張りになっていて、マウントクックや山々を一望でき、天井が高く開放感溢れる空間
席数がものすごく多く50席以上
そして超満員!

a0287336_2318356.jpg


a0287336_23211364.jpg


例によって、メニューは英語、ウエイトレスさんは日本語通じずw
いつも通り、スマホの翻訳ソフトで
フードメニューは、24ニュージーランドドルから35.5ニュージーランドドルまで
種類も豊富
パスタ、ピッツァ、カレーとお約束の肉料理が並びますが、肉は昨日も食べたし、今日は魚で!

a0287336_23215010.jpg


a0287336_23271882.jpg


Speight's Tap Beer (handle)9ニュージーランドドル(約713円)

a0287336_2332133.jpg


ひと運動終わったあとのビール超うんめぇぇぇぇぇ
Speight'sというニュージーランドのブルワリーのビール
Tapは、樽生的な意味合い
日本で言うビアホールなんかの蛇口から注ぐビールのことでしょうか

a0287336_2334944.jpg


あまりにも美味しくて、食事が来る前におかわりしちゃいましたwww
ほんのり甘く、喉越し抜群

a0287336_2338912.jpg


a0287336_2339253.jpg


Aolaki Salmon Fillet 25.5ニュージーランドドル(約2,020円)

a0287336_23393892.jpg


肉厚のサーモンの切り身に

a0287336_2341308.jpg


バスマティライスにサラダが添えられてます

a0287336_2342255.jpg


a0287336_23425452.jpg


提供までにちょっと時間がかかったけど、焼き加減が絶妙
外に焦げ目はなく、中もほんのり生ぽくも見えるぐらい

a0287336_23431967.jpg


これが食べてびっくり

なんだこの旨さは!( *‘∀‘)

a0287336_23443438.jpg


日本に輸入されるサーモンは、チリやノルウェーがほとんど
それらと比較にならないぶっ飛ぶ美味しさに驚愕
ニュージーランド産のキングサーモンは、南島でも養殖がほとんどのようですが、川サーモンでこれほど澄んだ味わいは、生まれて初めての体験でした

a0287336_23471077.jpg


今まで口にしてきたキングサーモンは、だらしなく脂がノッたようなギトギトしたやつや、川魚独特の泥臭さがほんのわずかでも感じられたりしました
ところが、ここのニュージーランドサーモンは、そういうのが一切ない
身はふっくらとして、脂も程よくノッて、臭みがまったく無い
中は、しっとりとして口の中で溶けるような食感

a0287336_23511854.jpg


塩コショウがされてるので、そのままで十分すぎる美味しさですが、添えられてたソースをつけると、味変してこれまた美味しい
見た目に反してソースも味は濃すぎず、サーモンの旨味を増幅します

a0287336_23544082.jpg


粘り気の少ないバスマティライスとの相性も抜群
完全にサーモンが主役で、バスマティライスは黒子のような存在ですね
美味しいです

a0287336_23562647.jpg


すっかりおなじみの「デザートもいかがですか?」アピールが来たw
今日は運動したし、サーモン美味しかったしで気分良く追加!

a0287336_23581654.jpg


a0287336_23593499.jpg


Mary's Homemade Sticky Date Pudding 14ニュージーランドドル(約1,110円)

a0287336_001073.jpg


Sticky date puddingとは「蒸して作ったしっとりスポンジケーキ」って意味
商品説明の「made with love(愛をこめて作りました)」の文字が可愛いw

a0287336_035624.jpg


うんうん
美味しいです

a0287336_054956.jpg


ちょっと生姜の風味と甘いバタースコッチソース、アイスを添えた、しっとり蒸しパンといった感じ
素朴で家庭的なお菓子ですね
たしかに、手作り感があって、心がこもってそうな気分で食べれました

a0287336_061636.jpg


a0287336_011157.jpg


お相手をしてくれたウエイトレスさんに、
「旅の思い出に、写真を撮らせてもらえませんか?」とお願いして、撮らせてもらった写真がこちら

a0287336_0113242.jpg


右側の子が、そのウエイトレスさん
恥ずかしかったのか、近くに居た他のウエイトレスさんを呼んでから撮りました
とっても可愛かったですw

a0287336_0144663.jpg


a0287336_015137.jpg


a0287336_0163313.jpg



The Old Mountaineer's Cafeさんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


The Hermitage Hotelに宿泊したのですが、朝昼晩と全コースBuffetしか無く、価格もお高めだったので、フロントの方にMt Cook Lodge and Motelなら通常のメニューで食事が可能と教えられ向かった所、道を間違えてたまたまこちらのお店を見つけました
天井が高く広い店内で、北側壁面が全面ガラス張りになっていて、美しい山々を眺めながら寛げる空間は、開放感抜群で最高です
肉料理が続いてたので、Aolaki Salmon Fillet 25.5ニュージーランドドル(約2,020円)とSpeight's Tap Beer (handle)9ニュージーランドドル(約713円)を注文
トレッキングで、いい汗をかいたあとだったのでビールが本当に美味しく、あっという間に2杯も飲んでしまいました
Aolaki Salmon Filletは、バスマティライスとサラダが添えられて、サーモンは肉厚な巨大な切り身
そのサーモンのクオリティーの高さに驚愕
日本で今まで食べたチリ産やノルウェー産のキングサーモンとまったく比較にならない
脂のノリがとても自然で、臭みが一切無し
身は、口に含むと溶けるような食感で、強い衝撃を受けました
量も多く、満足感はとても高い
間違いなく2位以下を大きく引き離す、歴代No1のサーモンでした
若くて可愛い女性店員さんのおすすめでスイーツも追加
Mary's Homemade Sticky Date Pudding 14ニュージーランドドル(約1,110円)
商品説明の「made with love(愛をこめて作りました)」の言葉の通り、手作り感のある素朴な蒸して作ったしっとりスポンジケーキで、添えられたアイスクリームとの相性も抜群に良かった
アオラキ/マウントクックビレッジでは、比較的リーズナブルな価格設定ということもあって、お店は超満員の大賑わい
お店の雰囲気も良く、ガラス張りから眺める眺望も美しく、若く可愛い店員さんの接客も良く、料理も美味しいと文句のつける所無し
このお店に来たら、Aolaki Salmon Filletは必食だと思います
素晴らしい旅の思い出になりました


つづく
by maryrequiem | 2018-02-09 00:33 | ニュージーランド | Comments(0)

Kingston Corner Cafe Bar ニュージーランド、キングストン/カフェ~ニュージーランド旅行3日目 その1

a0287336_13101932.jpg


ニュージーランド旅行3日目の朝を迎えました
そこそこ早起きしちゃいましたが、次の宿泊先までの距離を考えると、あまりゆっくりもしてられないので、早々にチェックアウトします

a0287336_13103088.jpg


a0287336_13123960.jpg


a0287336_13124888.jpg


何とも言えない空模様

a0287336_13131139.jpg


来てみたかったとはいえ、宿泊先を本来の進行方向と真逆に来てしまったので、まずはその分を取り返さないといけません
クイーンズタウンに向けて、まずは170kmの距離を
目的地は、そこから先約250km
今から14時ぐらいの間に約420kmの距離を運転します
東京からだと、京都にちょっと届かない距離ぐらいか
今考えると、なかなかハードな距離だったと再認識w

a0287336_1313508.jpg


a0287336_13214127.jpg



晴れ間が

a0287336_1322889.jpg


一気に晴れた~

a0287336_13222071.jpg


自分で言うのも何ですが、私、旅行時の天候運は結構良い方だと思ってますw

a0287336_13225340.jpg


a0287336_13235065.jpg


この後、どこでも見られますが、羊がいっぱいだったので思わず車を停めちゃいましたw

a0287336_1324082.jpg


a0287336_1325110.jpg


ニュージーランドは、メインとなる道路の本数が日本に比べて少なく、裏道みたいなルートはほぼありません
ハイウェイの分岐が僅かにある程度で、途中の分岐はほぼ無く、たまにある細い道は、民家に向かう道や最終的に行き止まりになるパターンがほとんどなので、まず通ることはないでしょう
道路は、常にハイウェイを走る感じで間違いないです

a0287336_13254271.jpg


a0287336_1339091.jpg


気になる景色は、つい車を停めちゃいますね
ごく普通の景色だとわかっていても、やっぱ日本とは違う

a0287336_13392469.jpg


長距離のドライブですが、見る景色が全て新鮮で、退屈もしないし眠くもならなかった
最高です

a0287336_13452641.jpg


a0287336_13591738.jpg


そろそろお腹が空いたな~
クイーンズタウンすらまだですが、どこかで朝食を
そういや昨日テ・アナウに向かってる途中、小さな町とお店があったよなー
そこでいいかー

場所は、New Zealand, 1 Kent St, Kingston 9793 ニュージーランド

a0287336_1405085.jpg




ワカティプ湖にさしかかるちょうど手前にある小さな町、キングストン
ハイウェイ6号線沿いにあるお店ですね

a0287336_1442812.jpg


Kingston Corner Cafe Barさんです

a0287336_146527.jpg


店名の通り、キングストン市街へ向かうT字路の角にあるお店
店内は広く、席間もゆとりがあって寛げますね

a0287336_1484617.jpg


バルコニーに可愛らしいテラス席も
席数は30席以上

a0287336_14114592.jpg


a0287336_14141175.jpg


朝食メニューは10ニュージーランドドル以下から19.90ニュージーランドドルどるまで幅広く取り揃え
ニュージーランドでは当たり前なのか、パンはグルテンフリー、ベジタリアンメニューも多い

a0287336_14142256.jpg


コーヒー系安いなー
1番高いメニューでも5ニュージーランドドルか

a0287336_14253555.jpg


a0287336_14264722.jpg


ニュージーランドではメジャー
Flat White 4.60ニュージーランドドル(約370円)

a0287336_14265922.jpg



フラットホワイトって、もっと甘いのを想像してたけど、想像より全然甘くなかった
ミルクは多めだけど、甘さは控えめで飲みやすいね
ブラック派だけど、これはありあり
スプーンに添えられたチョコボールとカップ&ソーサーの赤がなんとも可愛い

a0287336_14281142.jpg


a0287336_14293039.jpg


All day Kingston Corner BIG Breakfast 19.90ニュージーランドドル(約1,600円)

a0287336_14301990.jpg


商品名の通り、全時間帯で注文可能な朝食メニューってことかな
商品名に店名を入れてるあたり、これが1番美味しそうだなーと思って注文しました

a0287336_14322145.jpg


まさに激旨( *‘∀‘)

a0287336_1434720.jpg


目玉焼き、ベーコン、ハッシュブラウン、ミント入りラムソーセージ、フレッシュトマト、トーストとボリュームは流石

a0287336_14345752.jpg


これ、油でフライにしたのかな?
皮部分が無くなって表面がパリっと
ソーセージの中の具合は良好で、肉肉しい食感
ミントが効いてるのかくさみもなく美味しいです

a0287336_1437179.jpg


ベーコンの焼き加減ももろ好みだー

a0287336_1439053.jpg


ボリュームはさすがですが、ぺろっと食べきっちゃいました

a0287336_14395336.jpg


a0287336_1440325.jpg



Kingston Corner Cafe Barさんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


店名の通り、キングストン市街へ向かうT字路の角にあるお店
ガソリンスタンドやコンビニと併設されたカフェで、ニュージーランドの田舎(?)では、たぶん一般的などこにでもある業態のお店といった感じ
それなりに歴史を感じる建物ですが、店内はとても広く清潔な方で、席数も豊富
商品名に店名を入れてるあたり、これが1番美味しそうだなーと思い、All day Kingston Corner BIG Breakfast 19.90ニュージーランドドル(約1,600円)とFlat White 4.60ニュージーランドドル(約370円)を注文
フラットホワイトは、想像より甘すぎず美味しく、チョコボールのおまけつき、そして安い
All day Kingston Corner BIG Breakfastは、目玉焼き、ベーコン、ハッシュブラウン、ミント入りラムソーセージ、フレッシュトマト、トーストと流石の量ですが、グルテンフリーのパンであったり、ラムソーセージも美味しく、ベーコンや目玉焼きの焼き加減も絶妙
ベジタリアン料理も多数取り揃えてるだけあって、ごく普通のメニュー内容なのに、それぞれの品質はなかなか高かった
ごく普通のお店の、ごく普通のメニューだと思いますが、味、量ともに大満足
気持ちの良い朝を迎えられそうです


つづく
by maryrequiem | 2018-02-04 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)

REDCLIFF CAFE ニュージーランド、テ・アナウ/カフェ&バー~ニュージーランド旅行2日目 その7

それでは夕食です
場所は、12 Mokonui St,Te Anau, Fiordland 9600 ニュージーランド



REDCLIFF CAFEさんです

a0287336_1218526.jpg


店内は、入り口すぐにカウンターがありますが、店舗奥にたくさんのテーブル席がありました
奥には案内されなかったので席数はなんとも言えず

a0287336_12192923.jpg


ここでまさかの大誤算
私は普通に食事がしたかったのですが、そういうメニューは昼のみで、夜は業態がバーにチェンジ
なので下記のメニューは夜は注文できませんでした

a0287336_1221362.jpg


夜のメニューはこんな感じ

a0287336_12225753.jpg


食べ物は、ほぼお酒のお供のようなメニューのみでした
とはいえ、他を探す元気もないのでここはもう妥協

a0287336_12233219.jpg


バータイムなのでお酒は豊富

a0287336_12271525.jpg


a0287336_1228320.jpg


Pinot Gris 11ニュージーランドドル(約885円)

a0287336_12292588.jpg


グラス半分まで注いでくれて、味もまずまずで安い
いいですね

a0287336_1230980.jpg


a0287336_1231595.jpg


店員さんが、これをおすすめってことで
Snack Board 25ニュージーランドドル(約2,011円)

a0287336_12313929.jpg


よーするに、お酒のお供に最適なおつまみの盛り合わせって感じですね

a0287336_12331461.jpg


wedges(ポテトフライ)、Spring rolls(春巻きの揚げ物)、Prawn twists(海老の包み揚げ)の揚げ物軍団に、パンとDipsのセット

a0287336_12334919.jpg


この細長い揚げ物のPrawn twistsは、なかなかいけました

a0287336_1238020.jpg


a0287336_12393623.jpg



REDCLIFF CAFEさんの評価  ★★★☆☆(・ω・)


きちんと調べてなかった私が悪いのですが、夜は食事のメニューが激減してたのは、正直きつかったです
空腹だったので、おすすめされたSnack Board 25ニュージーランドドル(約2,011円)を注文しましたが、一緒に注文した白ワインPinot Gris 11ニュージーランドドル(約885円)との相性は悪くなかったとは言え、完全にお酒のお供的なメニューの為、揚げ物系が多く、胃に重すぎました
あと、パンのお供のDip類が私の好みじゃなく、大量に盛られてましたがほぼ手付かず
揚げ物は、wedges(ポテトフライ)、Spring rolls(春巻きの揚げ物)、Prawn twists(海老の包み揚げ)で、海老は美味しかった
あと、お店の雰囲気
これも私がきちんと調べてないのが悪いのですが、英語の話せない外国人が1人で来るべき雰囲気ではありませんでした
2人以上で来るか、1人でも英語が話せて、知らない人にでも気軽に話しかけてお酒を楽しむ場所という感じでしたね
ただ、価格の割に量が多い料理に、たっぷり注いでくれるお酒と、使い方を間違えなければ本領を発揮するポテンシャルの高さは感じました
英語を学んで出直して来ますwwww


a0287336_12502160.jpg


a0287336_12503191.jpg


テ・アナウは、クイーンズタウンより更にコンパクトで静かな街でした
メイン・ストリートになるTown Centre沿いにお店が並びますが、店舗数も数えるほど
遅くまで営業してるお店となると本当に少ないです

a0287336_1250489.jpg


観光の中継地点としての役割の大きな街なので、繁華街的な需要は低いんでしょうね
観光客の数こそ多いですが、地域住民の人口はかなり少なそう
本当に小さな町でした

a0287336_12531911.jpg


a0287336_1255776.jpg


a0287336_12552528.jpg


見るべきところも特に無いので、まっすぐ宿へ

a0287336_1255364.jpg



これで2日目は終了
宿を求めて南下しちゃいましたが、3日目はまたクイーンズタウンの方へ戻って、北へ向かうことになります
3日目は、きちんと宿を予約済み
チェックインの14時ごろに到着できればいいので、途中で休憩しつつ向かう感じでしょうか
本当は、ミルフォード・サウンドとかも行ってみたかったんですけどね
夏の繁忙期ということもあって、ホテルをとれるときにとっておかないと今回みたいに宿探しで大変なことになりますので、スケジュール的に無理だと判断しました
次、ニュージーランドに来るときこそは、ミルフォード・サウンドやダウトフル・サウンドも行ってみたいと思います


つづく
by maryrequiem | 2018-02-03 13:00 | ニュージーランド | Comments(0)

Lone Star Cafe & Bar クイーンズタウン/カフェ&バー~ニュージーランド旅行2日目 その4

それでわ遅めの昼食です
場所は、14 Brecon St, Queenstown 9300 ニュージーランド

a0287336_19293871.jpg




Lone Star Cafe & Barさんです

a0287336_19302457.jpg


a0287336_19314686.jpg


ちょっと暗めの照明だったので、やってないのかな?と思ったらちゃんと営業中でした
入り口付近は、こじんまりとしてますが奥行きはしっかり確保

a0287336_1932439.jpg


ウエスタンな雰囲気を出してるのかな?
日本ではあまり見かけないオールドアメリカン(?)な雰囲気は流石

a0287336_19361670.jpg


店舗奥に、立ち飲みのバーカウンターがあるなど、立ち飲み文化にあまり親しみのない日本人としては逆に新鮮
外にはテラス席も完備
席数はトータル30席以上

a0287336_19355340.jpg


当たり前ですが、メニューは英語表記のみ
なんとなくはわかりますが、正直選ぶのは難しい所

a0287336_19381490.jpg


こういうときは、スマホの翻訳アプリでw
私は、VoiceTra(音声翻訳)を使用しました
これ、マイクボタンを押してしゃべるだけで翻訳できる優れもの
更に、翻訳された英文を日本語で再翻訳してくれるので、なんかニュアンスがおかしいなと思ったら、手打ちで日本語を修正して、より精度を上げれたりとても便利でした

逆に、英語から日本語に翻訳を店員さんとかにお願いするときは、Google翻訳アプリで
2つの翻訳アプリで十分対応出来ました

メニュー内容としましては、ピザなどの軽食から、チキン、ポーク、ビーフ、シーフードのメインにベジタリアンメニューなんかも取り揃え
ラム肉は扱ってなかったようなので、グリル料理のおすすめを聞いた所、牛肉料理で
Rockn RibeyeとMaverick Filletの2種類がそれに該当するらしい
Rockn Ribeyeはボリューム満点で、Maverick Filletはボリュームは大人しめということで

a0287336_19411238.jpg


a0287336_19462081.jpg


Stein Super Cold Tap 8.50ニュージーランドドル(約682円)

a0287336_2001291.jpg


く~~
雰囲気補正もあってか、ビールがほんと美味しい!

a0287336_2013335.jpg


うはwwww

a0287336_2025484.jpg


量少なめじゃなかったのかよwwww

Maverick Fillet 38ニュージーランドドル(約3,052円)

a0287336_2031249.jpg


肉のサイズも想像以上に大きいですが、問題は下に敷かれたこのスライスポテト

a0287336_2044130.jpg


何層にもミルフィーユ上に折り重なって、間にバター(?)を挟み込んだずっしり重量級な品
これがめっちゃ美味しい!
んですが、これ絶対太る奴wwwwww

a0287336_2053313.jpg


a0287336_2071244.jpg


焼き具合はお願いできましたが、このお店はミディアムから
レアやミディアムレアはありませんでした
高級熟成牛フィレ肉は、想像以上の柔らかさでナイフがすっと入ります

a0287336_2082188.jpg


これは激旨( *‘∀‘)

a0287336_20114595.jpg


肉の表面に刻みマッシュルームと甘辛ソース
見た目ほど味は濃すぎず、ジューシーな肉の旨味と見事にマッチ

a0287336_20124288.jpg


肉の火入れも見事で、脂のない赤身肉の旨味を完全に封じ込めてます
こんなに肉厚なのに、良い意味で噛みごたえがあり、口の中で解けるような食感
封じ込められた肉汁が広がります

a0287336_20145428.jpg


芋のボリュームがすごかったけど、結局完食w

a0287336_20173033.jpg


デザートを勧められたwww
けど、もうお腹いっぱいですwww

a0287336_20181194.jpg


a0287336_2019388.jpg


a0287336_20191348.jpg


今回、私の相手をしてくれた店員さん(実はオーナー?)のbasilさん

a0287336_20192362.jpg


店員は、若い女性がほとんどのようでしたが、この時間はちょうど忙しい時間の合間だからか、新人教育のようなことをしてました
basilさんが、お店の中を掃除したり忙しそうにしてましたが、とても陽気な方で、言葉が通じない状況下にも関わらず、つたない日本語(コンニーチワレベルですがw)を駆使してコミュニケーションしてくれたりとても楽しかったです

a0287336_20202517.jpg



Lone Star Cafe & Barさんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


ニュージーランド旅行での記念すべき初食事
兼ねてから検索してマーキングしておいたこのお店に来ました
メニューは英語のみなので、翻訳ソフトを駆使して「グリルでお薦めの料理はどれですか?」と訪ね、量が少なめということでMaverick Fillet(熟成牛肉のグリル)38ニュージーランドドル(3,052円)とStein Super Cold Tap(ビール)8.50ニュージーランドドル(682円)を選択
少ないと言ってたけどあくまでニュージーランドでの小さいで、日本だと普通から大きめでわろたwww
肉は期待通りでとても柔らかく、赤身肉らしい肉々しい旨味にあふれてとても美味しかったです
味付けは、日本の感覚ですとちょっと濃い目ですが、これは郷に入っては郷に従えかと
それでもそこまで濃くはなかったほうだと思います
日本語は通じませんが、basilさん(店主かな?)フレンドリーな接客で気持ち良く食事が楽しめました
ニュージーランド旅行の最高のスタートを切れて大満足!
超おすすめです!


つづく
by maryrequiem | 2018-01-31 20:31 | ニュージーランド | Comments(0)

ニュージーランド旅行1日目 その3~ニュージーランド航空 B787-9

a0287336_20311163.jpg


a0287336_2031226.jpg


食事は終わりましたが、帰国後に向けてお店の物色

a0287336_20315627.jpg


私、海外の食事で食べられないとか、そういうのはまず無いんですが、やはり日本食が恋しくなるんですよねぇ
海外にある「なんちゃって日本食」じゃー駄目なんですw
出汁文化の日本らしい、ちゃんとしたのが食べたくなる

a0287336_2032883.jpg


出汁からは遠ざかりますが、帰国後、ほぼ食べたくなるのはやはり寿司ですかねぇw

a0287336_20335924.jpg


a0287336_20345016.jpg


今はお腹いっぱいですし、まだ旅行前なのでそれほど実感が沸かず
帰国してからゆっくり考えますか

a0287336_2035179.jpg


a0287336_20354573.jpg


それでわ、そろそろ搭乗手続きのほうを進めます

a0287336_20362158.jpg


a0287336_20371622.jpg


半年も前から予約済みなので、端末にパスポートをかざすだけで航空券が出てきます
かんたーん

a0287336_20373575.jpg


チェックインカウンターへ

a0287336_20392959.jpg


私は、預ける荷物もないのであっという間に終了

a0287336_20394919.jpg


a0287336_20403878.jpg


a0287336_2041351.jpg


a0287336_2041175.jpg


空港といえば免税店
とは言え、荷物増やしてる場合じゃないので何も買いません

a0287336_20412753.jpg


こんなところでも白い恋人が売ってることに驚きw

a0287336_20422928.jpg


そうそう
タバコの話
こういう免税店で、タバコが販売されてますが
だいたい、日本国内の半額ぐらいで購入できます
ですが、国によって持ち込み時、免税対象になる煙草の本数が決まってますのでお気をつけください
一般的には、1人あたり日本製たばこ200本、外国製たばこ200本ぐらいで免税範囲を超えた場合、税関で税金を払う必要があります
因みに、ニュージーランドはかなり厳しい方で、50本
たばこ2箱半までです
それを超えた場合は、税関で税金を納める必要があるのでご注意ください
申告しないで見つかった場合は、問答無用で没収になります

a0287336_20432392.jpg


a0287336_20515466.jpg


a0287336_20522288.jpg


出国時は気楽なもんですね
国内線と大差ないや

a0287336_2055435.jpg


a0287336_20554974.jpg


a0287336_2056728.jpg


a0287336_20561960.jpg


まだ時間がだいぶあったのでビール飲みながらまったり

a0287336_2056291.jpg


外は雨
もうすぐ離れるからいいけど、ニュージーランドの天候が気にかかります

a0287336_2056561.jpg


オークランド行きのボーディング開始

a0287336_20575790.jpg


因みに今回は、プレミアムエコノミーで席を購入しました
料金が跳ね上がるのは当然ですが、成田からオークランドまでの飛行時間は、だいたい11時間
エコノミーは良くわかってるので、今回は比較の意味も込めて

a0287336_20583983.jpg


a0287336_2103391.jpg


プレミアムエコノミー以上は、ボーディング等も優遇されてほぼ列に並ばなくて良いのも快適

a0287336_2111294.jpg


a0287336_2121623.jpg


今回、初めてB787-9に乗ります
他機種との違いも楽しみですね

a0287336_2122914.jpg


a0287336_2132649.jpg


さっすがプレミアムエコノミー
シートピッチ等が広いだけでなく、色々とオプションがついてますね

a0287336_2135155.jpg


ペットボトルの水、専用クッション、専用ブランケット、使い捨てスリッパ

a0287336_2145981.jpg


ここで思わぬ誤算w
プレミアムエコノミーは、アイマスク、耳栓、使い捨て靴下、歯磨きセット、リップクリーム、ボールペンまでついてくるのねwww
機内で快適に過ごすようにアイマスクや耳栓をわざわざ購入したのにw

a0287336_2153888.jpg


専用のモニターも大画面
日本語字幕は無いですが、映画や音楽等、暇つぶしに最適なコンテンツも充実してます

a0287336_219934.jpg


a0287336_21101194.jpg


プッシュバック始まった
いよいよ飛び立ちます

a0287336_21102584.jpg


外は真っ暗なので、一旦飛び立つと景色も何も無し
こればかりはしゃーないかw
11時間の我慢です

a0287336_21112527.jpg


早くも機内食の案内
夕食は、メインを3種類から選択
なんとなく和食にしました

a0287336_21124190.jpg


この写真見て知りましたが、スナック菓子はセルフだけど食べ放題だったようですな
そーいや、トイレ行くときにCAのスペースにポテチとか色々ありましたわ

a0287336_2113784.jpg


a0287336_21163339.jpg


機内食に関しては、ちょっとなめてましたね
見た目の華やかさは少々欠けますが、内容はしっかりしてるし味も十分以上

a0287336_2131798.jpg


ニュージーランドワインを中心に、白赤泡それぞれ2種類以上用意
購入も可能

a0287336_21325100.jpg


a0287336_21363991.jpg


小さいテーブルの上で食べるために、コンパクトに纏められたデザイン
こまめにCAが行き来して、パンや飲み物のおかわりを促してくれたり

a0287336_21365412.jpg


a0287336_21374836.jpg


a0287336_21382935.jpg


ぶりの照焼も肉厚で脂のノリもよく柔らか
こぼしたりしないようにテリヤキソースは粘度高め
美味しいしよく考えられてます

a0287336_21384015.jpg


さすが
トリップアドバイザーが新設した「トラベラーズチョイス™世界の人気エアライン2017」の”ベストプレミアムエコノミークラス”を受賞しただけありますね

11時間の長旅
価格は高くなりますが、この内容を前にしては次回もプレミアムエコノミーを利用したくなりますね
4時間ぐらいのフライトならエコノミーでも我慢できるかなーってところですが、11時間となると席の快適さだけでもものすごく体の疲れ方に違いが出たと思います

シートの快適さ、機内食の充実、各種アメニティーが標準
最高のスタートが切れました

a0287336_2140114.jpg


機内で日をまたぐので、1日目はこれで終了
2日目以降に備えて、機内で少しでも寝て体力を温存します


つづく
by maryrequiem | 2018-01-29 21:45 | ニュージーランド | Comments(0)