余裕のリンクフリーです。こちらからもリンクさせて戴きたいので足跡をノコシテクレルト嬉しいです(*´・∀・)運動不足解消に歩くついでにと言いつつブログのネタ探しついでに歩くというよくわからないブログです。


by maryrequiem

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

 **ちょっといいお店**

Cafe Poche(カフェポッシェ)

千葉県柏市逆井4-9-26

住宅街のど真ん中にあるカフェ
元々、ここでカフェをずっと営業してましたが、ご家庭の事情で3年間の休止を経て4月に復活したばかり
ブランク等もあり、メニュー
数も絞ってるようですがポテンシャルの高さは十分感じ取れました
現在はコーヒー、ケーキ類のみの展開ですが、無添加にこだわった美味しい商品が揃ってます
アンティーク調の雰囲気や、温かみのある雰囲気が好みで、個人的に応援してますw

_____________
KARLY (カーリー)

千葉県野田市みずき2-4-6

素材に拘ったシフォンケーキ専門店
火曜日から金曜日の11時から14時限定ですが、80分オーダーバイキング 1、575円(税別)(ラストオーダー60分)がめちゃくちゃお得!
とても綺麗なお店で、丁寧な接客で、確実にお腹いっぱいになれます

_____________
cafe & gallery わをん(wawon)

千葉県いすみ市引田101-1

作家さんがひとつひとつ心を込めて作り上げた小物やアクセサリー、食器などを広く展示、販売するギャラリーを併設したカフェ
広々とした店内で、外を眺めるように配置した席で、気持ちよく寛げるお店です

_____________
紅茶と食と台所 糸

千葉県印西市草深2484-6

セイロンティーをフルラインナップ揃え、高い天井、窓から差し込む柔らかな日差し、美味しいお菓子やご飯を楽しめるお店です
黄身がレモンイエローしたゆで卵 福岡は、ゆむたファームさんの卵等、素材にこだわったおかずを取り揃えるランチで人気

_____________
errant's cafe(エランズカフェ)

埼玉県鶴ヶ島市三ツ木400

メニューが、便箋の中に入れられ、紐を外して中から出すという演出やシンプルだけど、きちんと考えられた家具の配置や内装、自家焙煎のブレンドコーヒーは、歴代No1のブレンドコーヒーでした
山羊のチーズケーキ等、他ではなかなか見られない商品があったり、個人的にポテンシャルの高さを感じたすごいお店です

_____________
珈琲屋まめは

茨城県つくば市吉瀬1679-1

つくば文化郷という複合施設の一角で、ひっそりと営む古民家リノベーション型コーヒー専門店
人柄が良く、丁寧な接客なご夫婦が営んでます
ブレンドからシングルオリジンまで取り揃え、美味しいコーヒーを飲みながら寛げる良店です

_____________
_____________

りんく

記事ランキング

フォロー中のブログ

コバチャンのBLOG
963-7837
黒パグ CHAPPYの成...
やっぱり・・旅へ
:trunk: chiyo
好きな物に囲まれて* お...
idyll イディル
Sauntering 
村中芳男 写真の世界
気ままな食いしん坊日記2
Smile-Day i...
風とこだま
旅プラスの日記
happily ever...
山登リィタ。

外部リンク

最新の記事

ニュージーランド旅行5日目 ..
at 2018-02-22 00:01
Utopia Ice クライ..
at 2018-02-21 00:01
Clink Restaura..
at 2018-02-20 00:01
ニュージーランド旅行5日目 ..
at 2018-02-19 00:01
ニュージーランド旅行5日目 ..
at 2018-02-18 12:00
The Quay Cafe ..
at 2018-02-18 00:01
Saggio Di Vino..
at 2018-02-17 00:01
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-16 00:25
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-15 00:34
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-14 00:01
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-13 00:01
ニュージーランド旅行4日目 ..
at 2018-02-12 00:01
ハーミテージホテル モーニン..
at 2018-02-11 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-10 00:01
The Old Mounta..
at 2018-02-09 00:33
数日間、更新できません・・と..
at 2018-02-08 14:44
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-08 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-07 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-06 00:01
ニュージーランド旅行3日目 ..
at 2018-02-05 11:33

画像一覧

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by maryrequiem at 21:22
初めまして! なんかこ..
by 一大輔ファンです at 14:49
ここトレッキングコース扱..
by maryrequiem at 14:38
かなりの傾斜の階段ですね..
by show1792 at 09:50
まさかの深読みwwww ..
by maryrequiem at 18:51
満喫してますね~、気絶と..
by show1792 at 09:45
ありがとうございます ..
by maryrequiem at 08:04
羨ましいですね、気を付け..
by show1792 at 18:59
今年もよろしくお願いしま..
by maryrequiem at 22:00
お久し振りです。 今年..
by stk at 19:29
カーテンって生活に潤いを..
by maryrequiem at 11:47
ランナーや、余った生地の..
by きぬえ at 09:26
コメントありがとうござい..
by maryrequiem at 00:00
小樽にいくたびに、とんぼ..
by トンボ at 20:22
探せばあるもんですね ..
by maryrequiem at 08:37
お久し振りです。 ..
by stk at 19:15
お、ここ行きましたか ..
by maryrequiem at 11:28
旅行は1月に行きますw ..
by maryrequiem at 15:51
旅行? って思っていまし..
by mikan-no-gohan at 23:40
何年も毎日更新し続けて疲..
by maryrequiem at 10:27

カテゴリ

全体
北海道
神奈川県
京都府
千葉県
静岡県
埼玉県
栃木県
茨城県
福島県
長野県
山梨県
岐阜県
中央区
渋谷区
新宿区
豊島区
中野区
世田谷区
練馬区
杉並区
品川区
葛飾区
江東区
千代田区
江戸川区
台東区
文京区
港区
墨田区
目黒区
大田区
川越市
鎌倉市
日光市
川崎市
調布市
その他
好きな音楽
立川市
国分寺市
藤沢市
柏市
松戸市
八王子市
イベント、公園、食事
市川市
野田市
習志野市
成田市
軽井沢市
箱根町
ニュージーランド
国立市
小金井市
武蔵野市
群馬県
新潟県
足立区
板橋区
台湾
海外
石川県
荒川区
未分類

ブログジャンル

旅行・お出かけ
食べ歩き

タグ

以前の記事

2018年 12月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

ニュージーランド旅行3日目 その2~ひたすら移動

a0287336_102466.jpg


朝食終わって、再び移動開始

a0287336_1025865.jpg


ニュージーランドの紫外線照射量は、はんぱなかったです
旅行ガイド系で「日焼け止めは必須」と良く書かれてました
ところが私、なんと日焼け止めを用意しませんでした
日本で日焼け止めを使わない生活をしてたし、赤道から遠いし、よゆーよゆーと訳の分からない自信を持って活動をしましたが、このあと、とんでもない目に・・

a0287336_1032641.jpg



ワカティプ湖まで戻ってきました

a0287336_1095389.jpg


昨日は曇天だったので印象になかったっですが、深い青色

a0287336_1010444.jpg


a0287336_10122236.jpg


途中、車が停めれるところは停車して写真を常に撮ってました
ワカティプ湖の長さは、約80kmでニュージーランドで最も長い湖であり、面積は約291平方キロメートルで3番目に大きな湖
氷河が削ったU字谷の間に水が溜まった地形になっており、湖は細く長く伸び、逆N形をしています

a0287336_10125954.jpg


こう見ると、岸辺に近いところはエメラルドグリーンで、徐々に青くなっていくのがわかりますね
RICOH GRIIが愛機ですが、こういう明るい場所での撮影は、以前使ってたSONY RX100と比較しても一つ上の写りをするなーと率直に感じました
こんな技量もない私のような素人でも違いを感じ取れるし、プロやセミプロの方だったらもっと素晴らしい写真を撮ってくれるんだろうなぁw

a0287336_10164978.jpg


明るい場所ではGRIIのほうが素晴らしいと断言できますが、逆に暗い所はRX100のほうが上ですね
レンズの明るさの差もあるんでしょうけど、GRIIだとすぐノイズが出ます
あと、きれいな写真を取るのに、露出等の設定を常に気を配らないとすぐ白飛びしたり、モニターで見る景色とぜんぜん違う明るさの写真になったり、暗いところだとAFがなかなか合わなくてイライラしたりと弱点もありますね
RX100は、そういうの全然なくて1度設定を決めてしまえば、シャッターを切るだけで思いどおりの写真が撮れてたんで、手軽さは圧倒的な差があります
まぁGRIIは、そういう設定をショートカットに割り振れるので、RX100に比べて一手間は必要ですが、もう慣れたのもありますけど、さほど気にならなくはなりましたか

a0287336_1023391.jpg


私は、Jpeg撮って出ししかしないので、GRIIの本来のポテンシャルを引き出せてないのかもしれませんが、現像までやるといよいよブログの更新に支障が出ますのでw
ご了承ください

a0287336_10343160.jpg


駐車できる場所は、私と同じで観光客がやはり車を停めて写真撮影
私がもっと写真上手かったらなぁw

a0287336_10364151.jpg


湖の畔から急激に伸びる山々
大変そうだけど登ってみたいなぁ

a0287336_1038248.jpg


a0287336_10395450.jpg


やっと昨日のスタート地点、クイーンズタウン空港まで戻りました

a0287336_10401095.jpg


昨日は、この先のランナバウトを左に曲がってクイーンズタウン市街に行きましたが、本日は右へ
北上しつつクライストチャーチ方面を目指します

a0287336_10404378.jpg


ランナバウト近辺にちょうどガソリンスタンドがあったので給油を
激混みだった

a0287336_10421853.jpg


ガソリンスタンドについて
混んでて後ろがつかえて写真とかゆっくり撮る時間もなかったので文章のみでw
最近では日本でも一般的になったセルフ方式
最初は戸惑ったけど、わかってしまえば操作も簡単で「fill(燃料入れるよ!)」ってボタンを押して給油ノズルを持つだけでOK
定量や定額も出来ますが、とりあえずfillボタンを押せば満タンには出来るから、それだけ覚えとけば間違いないです
給油が終了したら、スタンド内の建物に入って、タンクNoを申告してお支払
建物内がコンビニになってるのも特徴で、ドライブに欲しい飲み物やスナック菓子、軽食なんかを取り扱ってる場所もありました
購入するなら燃料代と一緒に提出するだけでOK
ここでもやはりクレジットカードで支払うのが一般的でした

a0287336_1043721.jpg


a0287336_1113421.jpg


さぁここから次の目的地まで約250kmのロングドライブのはじまり

a0287336_1121682.jpg


私の目的地はまだ表示されないな

a0287336_113489.jpg


a0287336_1134283.jpg


a0287336_114562.jpg


a0287336_1141977.jpg


a0287336_1145663.jpg


本当に黙々と運転してるから写真も車窓ばかりです

a0287336_1152484.jpg


そうそう
ニュージーランドはワイナリーもたくさんありました
ワイン大好きなんで、本当は途中何度も立ち寄りたかったんですが、運転する以上、試飲すら出来ないから残念ながら一軒も立ち寄れませんでした
レンタカーの弱点は、それぐらいかw

a0287336_116190.jpg


a0287336_1182283.jpg


Cromwell(クロムウェル)

a0287336_1185951.jpg


ダンスタン湖(Lake Dunstan)の沿岸に位置する近代的な町
1800年代のゴールドラッシュ期に金採掘で栄えた街
今は果樹生産中心で、果物の露天販売が盛んでした

a0287336_11104599.jpg


a0287336_11135523.jpg


だんだん峠道ぽくなってきた

a0287336_11142534.jpg


a0287336_1115192.jpg


ちょっと車を停めてみる

a0287336_11153880.jpg


日本と大きく違うのは、この山肌
黄金色してるのは山肌に草しか生えてないから
日本は林業も盛んだからか植樹して木が植えられてるし自然のままな場所もある
これは最初からこういう山肌なんだろうか

a0287336_11155885.jpg


a0287336_11182179.jpg


a0287336_11184983.jpg


a0287336_11185719.jpg


そういや、峠で車が並ぶけど、渋滞みたいな低速走行にはほぼならなかったな

a0287336_1119235.jpg


a0287336_11205076.jpg


黄色線なので追い越し禁止ですが、流れはそれほど悪くなかったし、遅い車は積極的に停車スペースに逃げて追い越しさせる場面がありましたね
日本だと、そういう人もたまに居ますけど、そんなのお構いなしにとろとろ走る人のほうが多い
国民性の違いなんでしょうかw

a0287336_11211895.jpg


a0287336_11233173.jpg


a0287336_11241240.jpg


a0287336_11245382.jpg



ついに今日の目的地を示す看板が出ました

a0287336_1125552.jpg


湖が見えた~

a0287336_11261264.jpg


プカキ湖

a0287336_11263762.jpg


a0287336_1128385.jpg


湖の色が今までのと違って独特
ですが、今日のところは通り過ぎます
明日、またここを通るので、そのときにでも

a0287336_11293419.jpg


a0287336_1130469.jpg


険しい山々が徐々に近づいてきました

a0287336_113116100.jpg


a0287336_1132183.jpg


今回の旅行で1番楽しみにしてた、1番来たかった場所へ


つづく
# by maryrequiem | 2018-02-05 11:33 | ニュージーランド | Comments(0)

Kingston Corner Cafe Bar ニュージーランド、キングストン/カフェ~ニュージーランド旅行3日目 その1

a0287336_13101932.jpg


ニュージーランド旅行3日目の朝を迎えました
そこそこ早起きしちゃいましたが、次の宿泊先までの距離を考えると、あまりゆっくりもしてられないので、早々にチェックアウトします

a0287336_13103088.jpg


a0287336_13123960.jpg


a0287336_13124888.jpg


何とも言えない空模様

a0287336_13131139.jpg


来てみたかったとはいえ、宿泊先を本来の進行方向と真逆に来てしまったので、まずはその分を取り返さないといけません
クイーンズタウンに向けて、まずは170kmの距離を
目的地は、そこから先約250km
今から14時ぐらいの間に約420kmの距離を運転します
東京からだと、京都にちょっと届かない距離ぐらいか
今考えると、なかなかハードな距離だったと再認識w

a0287336_1313508.jpg


a0287336_13214127.jpg



晴れ間が

a0287336_1322889.jpg


一気に晴れた~

a0287336_13222071.jpg


自分で言うのも何ですが、私、旅行時の天候運は結構良い方だと思ってますw

a0287336_13225340.jpg


a0287336_13235065.jpg


この後、どこでも見られますが、羊がいっぱいだったので思わず車を停めちゃいましたw

a0287336_1324082.jpg


a0287336_1325110.jpg


ニュージーランドは、メインとなる道路の本数が日本に比べて少なく、裏道みたいなルートはほぼありません
ハイウェイの分岐が僅かにある程度で、途中の分岐はほぼ無く、たまにある細い道は、民家に向かう道や最終的に行き止まりになるパターンがほとんどなので、まず通ることはないでしょう
道路は、常にハイウェイを走る感じで間違いないです

a0287336_13254271.jpg


a0287336_1339091.jpg


気になる景色は、つい車を停めちゃいますね
ごく普通の景色だとわかっていても、やっぱ日本とは違う

a0287336_13392469.jpg


長距離のドライブですが、見る景色が全て新鮮で、退屈もしないし眠くもならなかった
最高です

a0287336_13452641.jpg


a0287336_13591738.jpg


そろそろお腹が空いたな~
クイーンズタウンすらまだですが、どこかで朝食を
そういや昨日テ・アナウに向かってる途中、小さな町とお店があったよなー
そこでいいかー

場所は、New Zealand, 1 Kent St, Kingston 9793 ニュージーランド

a0287336_1405085.jpg




ワカティプ湖にさしかかるちょうど手前にある小さな町、キングストン
ハイウェイ6号線沿いにあるお店ですね

a0287336_1442812.jpg


Kingston Corner Cafe Barさんです

a0287336_146527.jpg


店名の通り、キングストン市街へ向かうT字路の角にあるお店
店内は広く、席間もゆとりがあって寛げますね

a0287336_1484617.jpg


バルコニーに可愛らしいテラス席も
席数は30席以上

a0287336_14114592.jpg


a0287336_14141175.jpg


朝食メニューは10ニュージーランドドル以下から19.90ニュージーランドドルどるまで幅広く取り揃え
ニュージーランドでは当たり前なのか、パンはグルテンフリー、ベジタリアンメニューも多い

a0287336_14142256.jpg


コーヒー系安いなー
1番高いメニューでも5ニュージーランドドルか

a0287336_14253555.jpg


a0287336_14264722.jpg


ニュージーランドではメジャー
Flat White 4.60ニュージーランドドル(約370円)

a0287336_14265922.jpg



フラットホワイトって、もっと甘いのを想像してたけど、想像より全然甘くなかった
ミルクは多めだけど、甘さは控えめで飲みやすいね
ブラック派だけど、これはありあり
スプーンに添えられたチョコボールとカップ&ソーサーの赤がなんとも可愛い

a0287336_14281142.jpg


a0287336_14293039.jpg


All day Kingston Corner BIG Breakfast 19.90ニュージーランドドル(約1,600円)

a0287336_14301990.jpg


商品名の通り、全時間帯で注文可能な朝食メニューってことかな
商品名に店名を入れてるあたり、これが1番美味しそうだなーと思って注文しました

a0287336_14322145.jpg


まさに激旨( *‘∀‘)

a0287336_1434720.jpg


目玉焼き、ベーコン、ハッシュブラウン、ミント入りラムソーセージ、フレッシュトマト、トーストとボリュームは流石

a0287336_14345752.jpg


これ、油でフライにしたのかな?
皮部分が無くなって表面がパリっと
ソーセージの中の具合は良好で、肉肉しい食感
ミントが効いてるのかくさみもなく美味しいです

a0287336_1437179.jpg


ベーコンの焼き加減ももろ好みだー

a0287336_1439053.jpg


ボリュームはさすがですが、ぺろっと食べきっちゃいました

a0287336_14395336.jpg


a0287336_1440325.jpg



Kingston Corner Cafe Barさんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


店名の通り、キングストン市街へ向かうT字路の角にあるお店
ガソリンスタンドやコンビニと併設されたカフェで、ニュージーランドの田舎(?)では、たぶん一般的などこにでもある業態のお店といった感じ
それなりに歴史を感じる建物ですが、店内はとても広く清潔な方で、席数も豊富
商品名に店名を入れてるあたり、これが1番美味しそうだなーと思い、All day Kingston Corner BIG Breakfast 19.90ニュージーランドドル(約1,600円)とFlat White 4.60ニュージーランドドル(約370円)を注文
フラットホワイトは、想像より甘すぎず美味しく、チョコボールのおまけつき、そして安い
All day Kingston Corner BIG Breakfastは、目玉焼き、ベーコン、ハッシュブラウン、ミント入りラムソーセージ、フレッシュトマト、トーストと流石の量ですが、グルテンフリーのパンであったり、ラムソーセージも美味しく、ベーコンや目玉焼きの焼き加減も絶妙
ベジタリアン料理も多数取り揃えてるだけあって、ごく普通のメニュー内容なのに、それぞれの品質はなかなか高かった
ごく普通のお店の、ごく普通のメニューだと思いますが、味、量ともに大満足
気持ちの良い朝を迎えられそうです


つづく
# by maryrequiem | 2018-02-04 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)

REDCLIFF CAFE ニュージーランド、テ・アナウ/カフェ&バー~ニュージーランド旅行2日目 その7

それでは夕食です
場所は、12 Mokonui St,Te Anau, Fiordland 9600 ニュージーランド



REDCLIFF CAFEさんです

a0287336_1218526.jpg


店内は、入り口すぐにカウンターがありますが、店舗奥にたくさんのテーブル席がありました
奥には案内されなかったので席数はなんとも言えず

a0287336_12192923.jpg


ここでまさかの大誤算
私は普通に食事がしたかったのですが、そういうメニューは昼のみで、夜は業態がバーにチェンジ
なので下記のメニューは夜は注文できませんでした

a0287336_1221362.jpg


夜のメニューはこんな感じ

a0287336_12225753.jpg


食べ物は、ほぼお酒のお供のようなメニューのみでした
とはいえ、他を探す元気もないのでここはもう妥協

a0287336_12233219.jpg


バータイムなのでお酒は豊富

a0287336_12271525.jpg


a0287336_1228320.jpg


Pinot Gris 11ニュージーランドドル(約885円)

a0287336_12292588.jpg


グラス半分まで注いでくれて、味もまずまずで安い
いいですね

a0287336_1230980.jpg


a0287336_1231595.jpg


店員さんが、これをおすすめってことで
Snack Board 25ニュージーランドドル(約2,011円)

a0287336_12313929.jpg


よーするに、お酒のお供に最適なおつまみの盛り合わせって感じですね

a0287336_12331461.jpg


wedges(ポテトフライ)、Spring rolls(春巻きの揚げ物)、Prawn twists(海老の包み揚げ)の揚げ物軍団に、パンとDipsのセット

a0287336_12334919.jpg


この細長い揚げ物のPrawn twistsは、なかなかいけました

a0287336_1238020.jpg


a0287336_12393623.jpg



REDCLIFF CAFEさんの評価  ★★★☆☆(・ω・)


きちんと調べてなかった私が悪いのですが、夜は食事のメニューが激減してたのは、正直きつかったです
空腹だったので、おすすめされたSnack Board 25ニュージーランドドル(約2,011円)を注文しましたが、一緒に注文した白ワインPinot Gris 11ニュージーランドドル(約885円)との相性は悪くなかったとは言え、完全にお酒のお供的なメニューの為、揚げ物系が多く、胃に重すぎました
あと、パンのお供のDip類が私の好みじゃなく、大量に盛られてましたがほぼ手付かず
揚げ物は、wedges(ポテトフライ)、Spring rolls(春巻きの揚げ物)、Prawn twists(海老の包み揚げ)で、海老は美味しかった
あと、お店の雰囲気
これも私がきちんと調べてないのが悪いのですが、英語の話せない外国人が1人で来るべき雰囲気ではありませんでした
2人以上で来るか、1人でも英語が話せて、知らない人にでも気軽に話しかけてお酒を楽しむ場所という感じでしたね
ただ、価格の割に量が多い料理に、たっぷり注いでくれるお酒と、使い方を間違えなければ本領を発揮するポテンシャルの高さは感じました
英語を学んで出直して来ますwwww


a0287336_12502160.jpg


a0287336_12503191.jpg


テ・アナウは、クイーンズタウンより更にコンパクトで静かな街でした
メイン・ストリートになるTown Centre沿いにお店が並びますが、店舗数も数えるほど
遅くまで営業してるお店となると本当に少ないです

a0287336_1250489.jpg


観光の中継地点としての役割の大きな街なので、繁華街的な需要は低いんでしょうね
観光客の数こそ多いですが、地域住民の人口はかなり少なそう
本当に小さな町でした

a0287336_12531911.jpg


a0287336_1255776.jpg


a0287336_12552528.jpg


見るべきところも特に無いので、まっすぐ宿へ

a0287336_1255364.jpg



これで2日目は終了
宿を求めて南下しちゃいましたが、3日目はまたクイーンズタウンの方へ戻って、北へ向かうことになります
3日目は、きちんと宿を予約済み
チェックインの14時ごろに到着できればいいので、途中で休憩しつつ向かう感じでしょうか
本当は、ミルフォード・サウンドとかも行ってみたかったんですけどね
夏の繁忙期ということもあって、ホテルをとれるときにとっておかないと今回みたいに宿探しで大変なことになりますので、スケジュール的に無理だと判断しました
次、ニュージーランドに来るときこそは、ミルフォード・サウンドやダウトフル・サウンドも行ってみたいと思います


つづく
# by maryrequiem | 2018-02-03 13:00 | ニュージーランド | Comments(0)

ニュージーランド旅行2日目 その6~Te Anau(テ・アナウ)

a0287336_19475778.jpg


車まで戻りました
前述の通り、ここクイーンズタウンでの宿泊が出来ないので(どこも満室の為)別の町へ移動して宿を探さないといけません

a0287336_19481086.jpg


ニュージーランドは、気候も風土も北海道に似てると思います
1月は、南半球のニュージーランドでは夏
ですが、日中の気温は30度を超えることは無く、20度から25度
その代わりに夜は冷えることも
少なくとも南島は、北海道の初夏ぐらいの気候だと思います
湿度も無くかなり過ごしやすかった

a0287336_19493127.jpg


そこそこ大きい都市と都市の間の距離が遠いところも北海道に似てるな~と感じたところです
ただ、道路事情は日本と大きく違いますね
右ハンドルで左側通行なのは日本と同じなのですが、かなり大きな都市に行かないと信号機が存在しません
クイーンズタウン近辺では、空港近辺で歩行者用横断歩道で信号機がありましたが、ほんとそれぐらい
街の中にすら信号機は見かけませんでした
ランナバウトという交差点の中心に円状の道路があって、優先される車両に注意しながら円に侵入して好きな方向で円から脱出する方式が兎に角肝になります
直進でも1度円に入らないといけませんが、Uターンとかも容易なので便利な方式だと思います

a0287336_19554661.jpg


道路工事の片側交互通行も独特
日本だと信号機を設置したりする現場もありますが、こっちでは人力の現場しか見ませんでした
通し方も独特で、日本だと車のたまり具合にもよりますが、一定台数通したら停めるを交互に繰り返しますが、ニュージーランドでは片側の車両が切れるまで(?)というぐらい何十台も通します
なので、1回の待ち時間がすごーい長い
あと、日本では旗や警棒でちゃっちゃとやる感じですが、こちらはカラーコーンで封鎖する方式でした
封鎖中は警備員棒立ちw
効率的?

a0287336_204428.jpg


さて
宿泊地を求めて移動しますが、クイーンズタウンは南島の南側の都市
南島の最終目的地、クライストチャーチは、南島の北東
このまま順当に進行方向に宿探し?と考えましたが

a0287336_209302.jpg


ここから更に南西方向へ行くと、南島の観光拠点として有名なTe Anau(テ・アナウ)という街がありまして
距離にして170km以上
うーむ

a0287336_2011223.jpg


と、考えながらも自然とそちらへ進んでましたw
旅は始まったばかり
飛行機内で睡眠もばっちりで体力も十分
運転大好きと

a0287336_2014114.jpg


a0287336_20153437.jpg


ワカティプ湖の湖畔を道路が走ってます
走りやすくて気持ちがいい

a0287336_20155927.jpg


いま走行してる道路は、ニュージーランド・ステートハイウェイの6号線
よーするに高速道路の扱いで、制限速度は一部の地域を除いて100km/h
ですが、日本の高速道路と大きく違い無料です
と言うか、日本の道路でこの道路を表現すると「制限速度が100km/hの国道」と言ったほうが正解だと思います
街の中心やその近辺を道路が走り、街に入る直前に制限速度が50km/hから80km/hになって脱出後にまた100km/hになったり、道路沿いに普通に民家や商業施設が立ち並びます
なので、制限速度が緩い日本の国道みたいなものかなーと

a0287336_20165649.jpg


まぁ制限速度は100km/hでも、実際は110から120で飛ばす人がほとんど
逆に、100km/h以下で走る人はほぼ居ません
トラックだろうとキャンピングカーだろうと、どんな車両でも100km/h以上でぶっ飛ばしてます

a0287336_20244159.jpg


ひょえええええwwwww
バケツひっくり返したような、やばい雨がwwww

a0287336_20284027.jpg


ワイパー高速にしても全然追いつかんw
これ、日本からガラスコーティング剤とか持ってきて勝手に塗ったら怒られるのかな?
この後の日程でも雨による視界不良には悩まされまして
許されるのなら、次回からはウェットティッシュ型のこんな製品を持参してもいいのかなぁと
通常のガラス撥水剤は液体なので、機内の持ち込みで引っかかる可能性があるので、こういうウェットティッシュ型があると便利だろうなぁ
AVISで聞けばよかった
英語わからんけどw

a0287336_20292291.jpg


a0287336_20353811.jpg


車の抜き方にもマナーがあって、見通しの良い長い直線でのみ追い越しが可能(白線なのは当然として)
先が見通せる場合でもカーブでの追い越しは厳禁(って当たり前か)
ただ、本当に注意すべきなのは
「制限速度が100km/hなので対向車も100km/h以上で向かってくること」
結構遠く感じても、気をつけないと追い越しかけてみたら目の前!
なんてことがほんとありえます
レンタカーの追い越し加速力なんて知れてるので、気をつけましょう

a0287336_20355398.jpg



Te Anau(テ・アナウ)へようこそ!の看板が見えた~

a0287336_20425856.jpg


Te Anau(テ・アナウ)に到着しました
2時間弱かな?
途中、信号機もないし走りやすくて運転が楽しかったから結構あっという間でした

a0287336_20444373.jpg


テ・アナウの町はニュージーランドで第2の大きさを誇る湖のほとりにあり、フィヨルドランド国立公園への主な玄関口となっています
ミルフォード・サウンドやダウトフル・サウンドへアクセスする上で、必ず通る最後の街
サウンドとは、英語で入り江の意味
ニュージーランド観光で1番おすすめされるであろう「鉄板の観光名所」
それがミルフォード・サウンドやダウトフル・サウンド(特にミルフォード・サウンド)です

a0287336_20462754.jpg


ミルフォード・サウンドのある場所は、ここから更に北へ120kmほど
現地までは車で行けます(観光バスでツアーで行く人が多い)が、現地では遊覧船等で船上からの鑑賞になります
景観保護の観点からか、道路も遊歩道もありません

a0287336_2053295.jpg


テ・アナウ湖は南島最大、ニュージーランド全体で2番めに大きな湖
美しい景色に息を呑みます

a0287336_20583883.jpg


a0287336_2131740.jpg


さて
宿探しですが

a0287336_2135055.jpg


あっさり見つけましたw
The Village Innさんです

a0287336_2141756.jpg


正確には、車で走りながら探して、ここしか空いてませんでした
車で走るだけで見つけられた理由はこれ

a0287336_2164245.jpg


道路沿いに看板がありまして、その下側に電光掲示板で「VACANCY(空室あるよ!)」と表示されてるのですぐわかるのです
空きがなければ「NO VACANCY(空室無いよ!)」となるわけ

a0287336_217524.jpg


ここは分類上は、モーテル(モーターイン、モーターロッジ)になります
当然ですが日本語は通じずw
例によって翻訳ソフトを駆使して宿泊の手続き
こちらの宿泊料は、食事なし素泊まりで、165ニュージーランドドル(約13,320円)でした
繁忙期ということもあって結構しますね~
まぁ車中泊で捕まるよりマシです

a0287336_21102572.jpg


チェックインを済ませて部屋へ

a0287336_21155082.jpg


ん~~
まーこんなもんでしょうかw

a0287336_21162144.jpg


a0287336_21164926.jpg


きちんと清掃されてますが施設はかなり古そうです
日本の感覚ですと、しょーじき素泊まりならこの半分の価格が妥当だなぁと思います
まぁ背に腹は変えられません
宿が確保できただけで満足しておきます

a0287336_2117268.jpg


ニュージーランドのほとんどのモーテルはクォールマーク(宿泊施設のサービスや施設の評価システム)の基準審査を受けていますので、等級を示す星の数があるので選択基準になりますね
ここは☆☆☆plusでした
これが高いのか低いのかわからんけどなwwww

a0287336_21185846.jpg


荷物を置いて、夕食のお店探しをしないと

a0287336_21221316.jpg


a0287336_2123542.jpg


テ・アナウ湖綺麗です
天候が良ければもっと綺麗なんだろうなぁ

a0287336_21233967.jpg


a0287336_21242848.jpg


a0287336_21244454.jpg


お?
こんな時間に船が出るのか

a0287336_2125584.jpg


Real Journeysのビジターセンターがありますね
テ・アナウ湖の遊覧船なんでしょうね
乗ってみたい気もしないこともないけど、明日を考えると時間がなぁw

a0287336_21255670.jpg


びっくりなのが、この明るさで既に21時半過ぎ
ニュージーランドの夏の日照時間の長さに驚かされます

a0287336_21294782.jpg


そんな時間なのに、小さな子供がキャッキャと普通に遊んでます
親も居ましたが、日本じゃちょっと考えられない光景

a0287336_21312756.jpg


a0287336_2134815.jpg


そーいや
ガイドブックなんかでチェック入れてたお店があったわ
そこに行ってみますか


つづく
# by maryrequiem | 2018-02-02 21:34 | ニュージーランド | Comments(0)

ニュージーランド旅行2日目 その5~クイーンズタウン散策のつづき

a0287336_20473129.jpg


Lone Star Cafe & Barさんの目の前の階段を登ると目の前がブレコン・ストリートなのね

a0287336_20475430.jpg


このブレコン・ストリートの坂を登っていくと、クイーンズタウンのロープウェイ駅に着きます
本当は、そのあたりに車を駐車するつもりでしたが(3時間無料だったので)ここ人気らしく満車でしかも順番待ち状態でした

a0287336_20491647.jpg


ロープウェイに興味が無いわけじゃないんですが、天候が微妙だし、暗くなるまで待ってられないしでやめにしました
普通にクイーンズタウン市街の観光に戻ります

a0287336_20505882.jpg


a0287336_2052843.jpg


a0287336_20522842.jpg


そうそう
ファッションについて
クイーンズタウン含め、ほとんどの場所で、明らかなお洒落な格好をしてるような人は、ほぼ居ませんでした
スポーツウェアが中心で、洋服でも短パンにTシャツ、タンクトップで、しかも無地の人はほぼ居なく、プリント等されたものが普通でした
逆に、変にお洒落な格好をするともれなく目立ちます
つーか私、多分変に目立ってたと思いますw

a0287336_20523860.jpg


a0287336_20565643.jpg


たぶん、クイーンズタウンの観光案内やガイドブックに必ず載ってるであろう有名店
Fergburger

a0287336_20571331.jpg


明らかに激混み
つーか、それだけ有名店だと逆に行く気がしなくなる天邪鬼な私

a0287336_20583655.jpg


a0287336_20592299.jpg


a0287336_20594811.jpg


意外に目につく日本語表記のお店
日本料理店なんかね?

a0287336_2102095.jpg


ニュージーランドに来てわざわざ日本料理店ってのも勿体無いので行きませんけどねw

a0287336_2112436.jpg


観光地によくあるお土産物屋さん
The Gift Centre

a0287336_2115962.jpg


a0287336_2192516.jpg


せっかくなので入ってみます

a0287336_21103733.jpg


グリーンストーン(ヒスイ)の販売をしてるお店
他にもマオリ族のお土産物かな?
このあたりはヒスイの産地としても有名で、世界遺産にも登録されているテ・ワヒポウナムとは、マオリ語でヒスイの産地という意味です

a0287336_2111930.jpg


a0287336_2112072.jpg


ニュージーランド名産じゃないと思うけどオパール製品も多数

a0287336_21151368.jpg


オパール製品、今なら半額!みたいなことやってました
鑑定書もつきませんでしたが、ネックレスを購入w

a0287336_21214429.jpg


まー色が気に入りましたので、別に騙されてたとしてもいっかー的なノリでw
半額で187.50ニュージーランドドル(約15,100円)

a0287336_21202856.jpg


ちょっとチャラい店員さんでしたw

a0287336_21252751.jpg


なんかすげー色した貝
パウア貝といって、ニュージーランド近郊にのみ生息するアワビの一種らしい
研磨によってこんな風になってアクセサリーなんかもあります
にしても研磨してるとは言え貝殻のまんまで100ニュージーランドドルとかするのはさすがにどうなんだw

a0287336_21272453.jpg


a0287336_21315134.jpg


まー保証書や鑑定書がつかなかったので、買う方は自己責任でお願いしますw

a0287336_2133497.jpg


a0287336_21344297.jpg


カジノが普通にあった
こういう場所は、電子機器とか持ち込み不可だから写真も無理だと思うので行く気がしませんな

a0287336_21395935.jpg


a0287336_21411120.jpg


クイーンズタウンは人気観光地なんだろうなぁ
お店が本当に多い

a0287336_21413129.jpg


a0287336_21421728.jpg


a0287336_21423387.jpg


また怪しい日本語がw

a0287336_21424937.jpg


a0287336_21431334.jpg


a0287336_21443263.jpg


こういうところで、だらーっとしてる人が多いなーと感じた
私とか時間が勿体なくて、こういう場所でじっとしてられないんだけどw
皆さん余裕がありますな

a0287336_21444244.jpg


a0287336_21455896.jpg


a0287336_21461555.jpg


a0287336_21463794.jpg


こっちのスタバは、日本と雰囲気違うねぇ
おしゃれ感は無く、普通のコーヒースタンドって感じ

a0287336_21465714.jpg


a0287336_21475075.jpg


a0287336_2148571.jpg


別のお土産屋さんにも入ってみた

a0287336_21482293.jpg


a0287336_2149471.jpg


ニュージーランド中によくあるお土産屋さんって、まさにこんなかんじ

a0287336_21491684.jpg


羊毛製品やマヌカハニー、化粧品とかが多いですね

a0287336_2152351.jpg


a0287336_21524946.jpg


a0287336_21533571.jpg


うはwwww
3,000ニュージーランドドル(24万円以上)とかwwww

a0287336_21535714.jpg


たしかに肌触りは良かったけど、Vネックセーター1枚にこの金はとても無理www

a0287336_2155034.jpg


印象的だったのは、店員さんが全員、明らかに中国人か韓国人しか居ないこと
ニュージーランドなのになんでw

a0287336_2156887.jpg


a0287336_21562022.jpg


a0287336_21581338.jpg


a0287336_21582563.jpg


a0287336_21574949.jpg


おっさんの弾き語りに合わせて、わんちゃんも歌う(吠える)芸
ギャラリー結構出来てました
和みました

a0287336_21583972.jpg


ワカティプ湖は、アクティビティも豊富そう
遊覧船やジェットボートなんかが見えます

a0287336_21595117.jpg


a0287336_2215884.jpg


リア充め

a0287336_2221412.jpg


a0287336_2223422.jpg


a0287336_2225361.jpg


a0287336_22384.jpg


あーそうだ
本日の宿をまだ決めてなかった
と言いますのも、ここクイーンズタウンで一泊の予定でかなり前からホテルを探したんですが、人気観光地であるのと繁忙期の夏季であったこともあってどこも満室
ニュージーランドでは夜中の車中泊は原則禁止
見つかると罰金です(たしか200ニュージーランドドル)
キャンプ場とかならOKなんでしょうが、利用料は別途必要なはず
とりあえず宿も探さないと

a0287336_2241679.jpg


クイーンズタウン市街は、とても賑やかで人で溢れてますが、お店がある繁華街は結構コンパクト
じっくり見て回っても1日あれば十分足りそうです

a0287336_2243888.jpg


a0287336_2261325.jpg


クイーンズタウンでの宿泊は最初から断念してましたが、宿を探さなくてはいけません
私は英語を喋れませんので、電話での確認が出来ないのも痛かった
どこか別の町に移動をして、一か八かの宿探しに行かなくてはいけない状況です
とりあえず車に戻ります


つづく
# by maryrequiem | 2018-02-01 23:07 | ニュージーランド | Comments(0)