ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19123872.jpg

松戸での夕食
行きつけのコーヒーショップのイグレックイグレックのマスターにおすすめされたお店へ
場所は〒270-2231 千葉県松戸市稔台1丁目13−1

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19154337.jpg

お店はそれほど広くありません
入ってすぐの場所にふた家族分のテーブル席
奥側がキッチンそしてカウンター席
席数は15席前後

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19182885.jpg

街の洋食屋さんですね
カレーライスが1000円から
ですがボリュームゾーンは1500円前後


ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19205778.jpg

入店早々、マスターが「一人でやってるんで時間かかるけど大丈夫ですか?」と
もちろんその程度は想定内
時間はいくらかかってもいいからお願いしました

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19234073.jpg

とはいえお腹がめちゃめちゃすいてたので二品ほど注文

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19262084.jpg


ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19272787.jpg

名前に惹かれて
幻の林ライス 1500円

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19275770.jpg

一口食べただけでわかる
このハヤシライス激旨

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19285378.jpg


何が幻なのかは聞いてませんしわかりません
ですが、この深みはそこらのハヤシライスとじゃ全く比較になりません
甘味と酸味が口いっぱいに広がりますが、角のないまろやかな口当たり
体に染み込むかのような滑らかさ、そして余韻すら感じる
ハヤシライスという形状ですが、次元が違います


ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19295617.jpg

こればかりは食べればわかるとしか言いようが無いですね
とても手間暇がかけられてると思います

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19352682.jpg

どうしても肉が食べたかったので

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19365710.jpg

ポークカツ 1500円

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19380874.jpg

めちゃめちゃ美味しい

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19385180.jpg

カツレツなので低温の油で焼き上げ
油分は多めです
おかげで肉は、とってもジューシー
それ以上に衝撃なのがこのソース

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19393080.jpg

デミグラスソースの完成度があまりにも高い
見た感じは味が濃そうじゃないです?
ところが見た目に反して塩味が優しく、それ以上の旨味の塊です
いったいどれだけ手間暇かければこれほど深みのあるデミグラスソースが出来るのだろうか

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19415233.jpg


添えられてる洋食屋さんのナポリタンも納得の出来

ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19452877.jpg


ステーキ・洋食 HAYASHI 千葉県松戸市稔台/街の洋食屋さん_a0287336_19463486.jpg


ステーキ・洋食 HAYASHIさんの評価    ★★★★☆(´∀`)


新京成線みのり台駅が最寄駅
小さな商店会の細い路地沿いにポツンとある街の洋食屋さん
イグレックイグレックのマスターが「絶対に美味しいから行ってみて」と教えてもらいました
洋食屋さんなので、カレーライスやハヤシライス、カツレツ等珍しくない商品が並びますが、そこはガチの洋食屋さん
名前は同じでもそこらのカフェやチェーン店のカレーライスやハヤシライスとじゃ全く比較にならない高次元さ
デミグラスソースをひと舐めするだけで、角のない甘味、塩味に洪水のように口に広がる旨味
見た目は味が濃そうなのにどこまでも深い、深すぎて複雑でどう表現すべきか答えが見つからない
幻のハヤシライス1500円とポークカツ1500円を注文しましたが、一口食べただけで感動
いったいどれだけ手間暇かければこれほどの深みになるのだろうか
これ1500円って安すぎですよ
マスター一人で全てを執り行うので混み具合によっては少々待ちますが、そんな程度全く気にならない最高の洋食屋さんです



おしまい





by maryrequiem | 2019-05-15 19:09 | 千葉県 | Comments(0)

コスパで料理を語る退屈な大人なりたくないです|ω・`)


by めーさん
カレンダー