駆け足で巡る新潟県南魚沼郡 その4~利き酒 越乃室

a0287336_23340849.jpg

さて
ここにはこんなお店があります

a0287336_20150577.jpg


a0287336_20152069.jpg
よーするに、自慢の新潟の地酒をお試しできる場所
面白いのが

a0287336_20153544.jpg
このように、専用のコイン5枚と専用のお猪口を500円で購入します

a0287336_23325863.jpg
あとは自販機と同じ仕組みです
コイン1枚で飲める銘柄から3枚必要な銘柄まで
新潟越後の酒造93種類を自由に飲み比べができるシステムになります

a0287336_23331291.jpg

a0287336_23331611.jpg
単純に量を稼ぐなら、コイン1枚で飲める銘柄を5杯飲むのもよし
味わうなら、コイン3枚の銘柄もありあり
その日の気分で色んな飲み方ができるのは素晴らしいですね

a0287336_23332566.jpg
これ、さっき売り場にあったワインみたいなエチケットの銘柄じゃん


a0287336_23332987.jpg
コイン2枚だけど、どうせなら気になる銘柄を
なるほど
たしかに日本酒だけど、いい意味で個性的な味ですね
ちょっとだけ酸味があってワイン風に仕上がってます
これはチーズとかが合いそう
美味しいです

a0287336_23333329.jpg
地元越後湯沢の白瀧酒造のお酒も気になります
その中でもこれ

a0287336_23333846.jpg
コイン3枚とお高い一杯

a0287336_23334209.jpg
うわ!
これやばすぎ!
今まで私が飲んできた日本酒とはレベルが違うのに気がつくレベル
未だかつて、これほど透明感の有る日本酒を飲んだことがない
臭み、雑味、クセとかそういうものがまったく無い
ただひたすら、すっきりとした旨味が広がります
鼻を抜ける香りが気品すら漂う
爽やかで高い香水のよう
日本酒ってこんなにも美味しいものだったのか・・・衝撃的です

a0287336_23334766.jpg

a0287336_23335204.jpg
ここやばいですね
その場で飲み比べれるから、違いをはっきり感じ取れるしなんぼでも飲めそう
ですが、この後夕食なので、本気で飲むのはその時w
ここは我慢します

a0287336_23332189.jpg

a0287336_23342450.jpg
いやはや
日本酒の底力を見せつけられた感じです
やはり、日本酒でも余計なものを入れず米を磨き上げた純米大吟醸は明らかに違うのがよくわかりました
その中でも、白瀧酒造 純米大吟醸酒 真吾の一本 には本当に驚きました
ただお値段もさすがの720mlで5,000円w
ちょっと手が出ませんわw
そんなお酒を300円分でお猪口で飲めるこの施設は優秀ですね

a0287336_23342936.jpg

a0287336_23342011.jpg

a0287336_23341409.jpg

a0287336_23343323.jpg

a0287336_23343721.jpg

a0287336_23344232.jpg

a0287336_23344634.jpg

a0287336_23345044.jpg
なんとなく駅の反対側に出てみる

a0287336_23345517.jpg

a0287336_23345836.jpg

a0287336_23350397.jpg
ん~
こっちは比較的、地元の人率が高そうな雰囲気?
屋根付きの通路に飲食店が並びます

a0287336_23350731.jpg

a0287336_23351072.jpg
ただシャッターがほぼ降りてて人の気配もまばらですなぁ
これ以上進んでも仕方がなさそうだ

a0287336_23351522.jpg

再び、ホテル側に出て夕食のお店へ
さっき駆け込んだ、んまやさんの女の子にオススメのお店を聞いたんですよね
それを信じていってみます

a0287336_23352076.jpg


つづく




by maryrequiem | 2018-06-29 00:05 | 新潟県 | Comments(0)

余裕のリンクフリーです。こちらからもリンクさせて戴きたいので足跡をノコシテクレルト嬉しいです(*´・∀・)運動不足解消に歩くついでにと言いつつブログのネタ探しついでに歩くというよくわからないブログです。


by maryrequiem