Wine Chambers オークランド/ニュージーランド料理~ニュージーランド旅行9日目 その10

a0287336_23524117.jpg


外観と同様、内装の雰囲気やばすぎ
これは良店の予感
場所は33 Shortland St, Auckland, 1010 ニュージーランド

a0287336_23575673.jpg




Wine Chambersさんです

a0287336_23582833.jpg


ディナータイムが始まったばかりで他のお客さんほぼいませんでしたが、天井が高く、重厚な雰囲気
こんな素敵なお店を探してたんですよ!

a0287336_004411.jpg


席数はとても豊富
個室、半個室、窓際のテーブル席、バーカウンターなど色んな使い方を想定された配置です

a0287336_022891.jpg


席数60席前後

a0287336_09872.jpg


a0287336_0102664.jpg


日当たりの良い気持ちのいい席へ案内されました

a0287336_094491.jpg


店名にある通り、ワインが得意なお店
この時間はハッピーアワーのようで、銘柄指定はできませんが泡、ビール、ワインが格安で飲めるようですね

a0287336_011516.jpg


a0287336_0112097.jpg


ワインに合う料理の数々
おつまみ程度のものから、サラダ、リゾットから多種のメインまで
和牛はニュージーランドではWagyuなんだねw

a0287336_0131730.jpg


a0287336_0164276.jpg


銘柄不明の泡 9.50ニュージーランドドル(約742円)
安いのにたっぷり注がれて満足度はかなり高い
けど、ワインが得意なお店にしては味は凡かなー

a0287336_0224390.jpg


せっかくのハッピーアワーですが、これがニュージーランドでの最後の食事
妥協したくなかった
ワインが得意なお店なんだし、ここは相談の上、納得の品を出してもらうべきと方針転換

a0287336_0251772.jpg


これはなかなか
ボトルはともかく、グラス提供でこれだけ取り揃えてるお店はなかなか無い
これだけ取り揃えてれば、好みのワインにきっと出会えるはず

a0287336_0264235.jpg


ここは、お店の方に好みを伝えてセレクトをお願いするのが間違いないと判断
なにせワインが得意なお店ですからね
おすすめはフランスやイタリア等欧州のワインのようですが、それは日本でも余裕で飲めますからw
ここは敢えてのニュージーランドワインでのセレクトでお願いしました

a0287336_0282597.jpg


a0287336_0343477.jpg


待望の食事
CURED SALMON 14.50ニュージーランドドル(約1,132円)

a0287336_0364887.jpg


食事に合わせて用意してもらえたワインはこちら

Te Kairanga Sauvignon Blanc, 10ニュージーランドドル(約780円)

a0287336_038457.jpg


a0287336_0403141.jpg


先程よりは控えめですが、それでもグラスの半分まで注いでくれるサービスっぷり

a0287336_0404736.jpg


これ面白い
花の香りが爽やかで、口当たりはぶどうと言うより桃?
しっかりした味わいですが後味はすっきり
安いけどなかなかいけますねこれ

a0287336_041094.jpg


a0287336_045384.jpg


CURED SALMONとは、塩漬けやスモークされたサーモンのこと
スモークされてますが、香りは程よい軽め

a0287336_0451564.jpg


んー
美味しいですが、今まで食べてきたニュージーランドサーモンのクオリティーが高すぎたのか、そこまで感動はしなかった模様w
それでも、日本で食べるサーモンと比較したら上位に入るレベルです
やはり、ニュージーランドサーモンは素晴らしいと再認識

a0287336_047418.jpg


a0287336_049362.jpg


次は肉料理
それに合わせてセレクトしてもらったのはこちら

a0287336_0491666.jpg


Redmetal Vineyards Hawke’s Bay Syrah 2015 15ニュージーランドドル(約1,170円)
重めのボディーでタンニンもしっかり
濃厚で美味しいです

a0287336_0495278.jpg


a0287336_0531317.jpg


Beef Eye Filet 34ニュージーランドドル(約2,655円)

a0287336_055793.jpg


肉厚な牛フィレ肉の下にマッシュポテトとサヤインゲンを敷き詰め、たっぷりのラグーソースで包み込んだ一品

a0287336_0574480.jpg


このラグーソースが旨みたっぷり
ワインも入ってるんでしょうが、深みが違います

a0287336_185752.jpg


a0287336_11065.jpg


牛フィレ肉はミディアム
ナイフも自然と入る柔らかさ
肉質も間違いないですね

a0287336_1105778.jpg


まさに期待通り
柔らかい肉質で赤身の旨味を口いっぱいに堪能
美味しいです

a0287336_1115329.jpg


そんな牛フィレ肉とは別に、ラグーソースに深みを与える牛バラ肉の塊が
甘辛く煮詰められて、ほろほろと崩れるような食感
脂の甘さが印象的

a0287336_1131084.jpg


絶品ラグーソースにマッシュポテトを溶かし気味で食べると、これがまた得も言われぬ幸福
ワインとの相性も完璧です

a0287336_1172282.jpg


ホールを担当してたこちらの女性
なんとこのお店のオーナー
ワインの提案力も流石の一言
お年を召した方でしょうが、なにこのかっこよさ
これは憧れますわ

a0287336_119138.jpg


a0287336_1211886.jpg


a0287336_1212892.jpg



Wine Chambersさんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


ニュージーランド旅行の最終日
最後の晩餐にとDeBretts Kitchenさんに行こうと思ったのですが、夜の部まで一時間待ち
時間が勿体無いので、付近でお店を探した所、GENERAL BUILDINGと言う素敵な建築物の中にレストランを発見
自分の直感を信じて入ってみました
建物の重厚な雰囲気そのままのエレガントな店内にとても興奮しました
CURED SALMON 14.50ニュージーランドドル(約1,132円)、Te Kairanga Sauvignon Blanc, 10ニュージーランドドル(約780円)、Beef Eye Filet 34ニュージーランドドル(約2,655円)、Redmetal Vineyards Hawke’s Bay Syrah 2015 15ニュージーランドドル(約1,170円)を注文
サーモンは特筆する程では無かったですが、牛フィレ肉がとても良かった
肉はとても柔らかく、火入れも完璧でとてもジューシー
ラグーソースと一緒に煮込まれた牛フィレ肉がゴロっとブロック状に入ってて、下に敷かれたマッシュポテトとの相性も抜群
店名にワインと付くだけにワインの品揃え、品質も間違いなく、ハッピーアワーのスパークリングワインの他に、ニュージーランドワインのお店のおすすめを料理に合わせて白と赤をセレクトしてもらいました
共に完璧で、正にマリアージュ
最後の晩餐に相応しい素晴らしいお店でした
重厚な店内ですが、トラットリアのような気軽さで利用できる、自分が求めてる最高のお店でした
オークランドに来たときは、また利用したいと思います
ありがとうございました



つづく
by maryrequiem | 2018-04-07 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)

余裕のリンクフリーです。こちらからもリンクさせて戴きたいので足跡をノコシテクレルト嬉しいです(*´・∀・)運動不足解消に歩くついでにと言いつつブログのネタ探しついでに歩くというよくわからないブログです。


by maryrequiem
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28