余裕のリンクフリーです。こちらからもリンクさせて戴きたいので足跡をノコシテクレルト嬉しいです(*´・∀・)運動不足解消に歩くついでにと言いつつブログのネタ探しついでに歩くというよくわからないブログです。


by maryrequiem

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

メモ帳

 **ちょっといいお店**

Cafe Poche(カフェポッシェ)

千葉県柏市逆井4-9-26

住宅街のど真ん中にあるカフェ
元々、ここでカフェをずっと営業してましたが、ご家庭の事情で3年間の休止を経て4月に復活したばかり
ブランク等もあり、メニュー
数も絞ってるようですがポテンシャルの高さは十分感じ取れました
現在はコーヒー、ケーキ類のみの展開ですが、無添加にこだわった美味しい商品が揃ってます
アンティーク調の雰囲気や、温かみのある雰囲気が好みで、個人的に応援してますw

_____________
KARLY (カーリー)

千葉県野田市みずき2-4-6

素材に拘ったシフォンケーキ専門店
火曜日から金曜日の11時から14時限定ですが、80分オーダーバイキング 1、575円(税別)(ラストオーダー60分)がめちゃくちゃお得!
とても綺麗なお店で、丁寧な接客で、確実にお腹いっぱいになれます

_____________
cafe & gallery わをん(wawon)

千葉県いすみ市引田101-1

作家さんがひとつひとつ心を込めて作り上げた小物やアクセサリー、食器などを広く展示、販売するギャラリーを併設したカフェ
広々とした店内で、外を眺めるように配置した席で、気持ちよく寛げるお店です

_____________
紅茶と食と台所 糸

千葉県印西市草深2484-6

セイロンティーをフルラインナップ揃え、高い天井、窓から差し込む柔らかな日差し、美味しいお菓子やご飯を楽しめるお店です
黄身がレモンイエローしたゆで卵 福岡は、ゆむたファームさんの卵等、素材にこだわったおかずを取り揃えるランチで人気

_____________
errant's cafe(エランズカフェ)

埼玉県鶴ヶ島市三ツ木400

メニューが、便箋の中に入れられ、紐を外して中から出すという演出やシンプルだけど、きちんと考えられた家具の配置や内装、自家焙煎のブレンドコーヒーは、歴代No1のブレンドコーヒーでした
山羊のチーズケーキ等、他ではなかなか見られない商品があったり、個人的にポテンシャルの高さを感じたすごいお店です

_____________
珈琲屋まめは

茨城県つくば市吉瀬1679-1

つくば文化郷という複合施設の一角で、ひっそりと営む古民家リノベーション型コーヒー専門店
人柄が良く、丁寧な接客なご夫婦が営んでます
ブレンドからシングルオリジンまで取り揃え、美味しいコーヒーを飲みながら寛げる良店です

_____________
_____________

りんく

記事ランキング

フォロー中のブログ

コバチャンのBLOG
963-7837
黒パグ CHAPPYの成...
やっぱり・・旅へ
:trunk: chiyo
好きな物に囲まれて* お...
idyll イディル
Sauntering 
村中芳男 写真の世界
気ままな食いしん坊日記2
Smile-Day i...
風とこだま
旅プラスの日記
happily ever...
山登リィタ。

外部リンク

最新の記事

トニーズピザ 東京都武蔵野市..
at 2018-09-25 13:42
ミュンヘン 東京都武蔵野市吉..
at 2018-09-23 22:45
HATTIFNATT 吉祥寺..
at 2018-09-23 00:43
TAPIOCA CAFE C..
at 2018-09-21 19:11
麦音 北海道帯広市/パン ベ..
at 2018-09-21 05:39
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-19 19:21
あま池 北海道帯広市/寿司 ..
at 2018-09-18 22:53
十勝ベーグル 北海道帯広市/..
at 2018-09-17 21:49
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-16 20:46
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-15 19:27
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-14 22:38
漁礁 北海道帯広市/和食 定..
at 2018-09-13 23:05
ドリームドルチェ 北海道河東..
at 2018-09-12 23:03
神秘羆塾ハンモックカフェ 北..
at 2018-09-11 21:40
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-10 20:13
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-09 20:54
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-09 15:30
上士幌 十勝しんむら牧場クリ..
at 2018-09-08 00:18
実家へ帰らせていただきます ..
at 2018-09-06 21:49
ニコンファンミーティング20..
at 2018-09-05 19:48

画像一覧

最新のコメント

いえいえ! お役に立て..
by maryrequiem at 23:38
お言葉に甘えて、たくさん..
by きぬえ at 16:27
ありがとうございます! ..
by きぬえ at 11:56
おー行ってきましたか ..
by maryrequiem at 22:25
本日、行って参りました!..
by きぬえ at 20:29
乃が美って都内にも店あっ..
by maryrequiem at 10:26
ハイ!、チョー、おいしぃ..
by きぬえ at 08:52
乃が美のパンってそんなに..
by maryrequiem at 12:12
乃が美のパン、、、! ..
by きぬえ at 10:13
おー台湾行くんですかー ..
by maryrequiem at 21:27
10月に台湾に行くのに、..
by きぬえ at 09:53
そうそう一通でした し..
by maryrequiem at 20:47
キャラクターグッズコーナ..
by maryrequiem at 20:45
お久しぶりです。 前の..
by stk at 21:22
プリキュアプリティストア..
by 快特京急久里浜 at 17:11
上のコメント打った後、T..
by maryrequiem at 06:50
私も今居るんですが黒いT..
by maryrequiem at 06:28
モンタゴさん、メールし..
by maryrequiem at 03:23
私は趣味で食べ歩きをして..
by maryrequiem at 10:10
先日は本当にありがとうご..
by lunetta at 23:52

カテゴリ

全体
北海道
神奈川県
京都府
千葉県
静岡県
埼玉県
栃木県
茨城県
福島県
長野県
山梨県
岐阜県
中央区
渋谷区
新宿区
豊島区
中野区
世田谷区
練馬区
杉並区
品川区
葛飾区
江東区
千代田区
江戸川区
台東区
文京区
港区
墨田区
目黒区
大田区
川越市
鎌倉市
日光市
川崎市
調布市
その他
好きな音楽
立川市
国分寺市
藤沢市
柏市
松戸市
八王子市
イベント、公園、食事
市川市
野田市
習志野市
成田市
軽井沢市
箱根町
ニュージーランド
国立市
小金井市
武蔵野市
群馬県
新潟県
足立区
板橋区
台湾
海外
石川県
荒川区
未分類

ブログジャンル

旅行・お出かけ
食べ歩き

タグ

以前の記事

2019年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

ニュージーランド旅行4日目 その2~フッカーバレー・トラック

a0287336_2041421.jpg


それでは、フッカーバレー・トラックに行きます

a0287336_20421640.jpg


a0287336_20435273.jpg


ルートは綺麗に整備されてます
基本的に一本道のため、道に迷う心配もなし

a0287336_20443218.jpg


こんなところにトヨタの文字があるとは

a0287336_20453343.jpg


Toyota Kiwi Guardiansと言って、どうやらニュージーランドトヨタとニュージーランド環境省の協賛で、インドアになりがちな子どもたちに自然の大切さを学ばせるプログラムを推進中なんですね
こんな活動してたなんて知りませんでしたが、日本企業がニュージーランドでいかに浸透してるのかがわかります

a0287336_2046915.jpg


ここで初の分岐

a0287336_2052224.jpg


分岐からすぐみたいだし、とりあえず寄ってみます

a0287336_20524874.jpg



立派な碑が

a0287336_20595510.jpg


1914年は、私が宿泊したハーミテージホテルが再建された日で、アオラキ/マウントクックビレッジが誕生した日
その後1953年に国立公園に
そして1990年、近隣の国立公園らと共にテ・ワヒポウナムの名称でユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録

a0287336_2105026.jpg


ここからすすめるルートは無いですが、ちょっと高くなってるので見晴らしはなかなか

a0287336_2181080.jpg


うーん気持ちがいい
ハーミテージホテルが見えますね

a0287336_219785.jpg


元のルートに戻って先へ進みます

a0287336_2195116.jpg


a0287336_21103978.jpg


このあたりは標高的に森林限界では無いはずなんだけど、高い木々が無いので常に視界良好
やっぱ展望が開けてると気持ちいいですねー

a0287336_2111930.jpg


a0287336_21123950.jpg


ここでまた分岐
右が正規ルートで左はミューラー湖の展望台かな?

a0287336_21125918.jpg


a0287336_2114577.jpg


昨日、セアリーターン・トラックから見えたミューラー湖
展望台からはちょっと離れてるかな?

a0287336_21143376.jpg


先を目指します

a0287336_21252987.jpg


a0287336_2126288.jpg


一本目の吊橋が見えてきました

a0287336_21261624.jpg


定員20名

a0287336_21264277.jpg


まだ朝早かったのもあって、まわりに人は居なかったので20人同時なんて場面はありませんでした
昼過ぎぐらいなら混むのかもしれません

a0287336_21272950.jpg


見事に白濁してる
これなんなんですかね?
これだけ自然に溢れたマウントクック国立公園だから、汚れてるとかそういうのじゃないのは間違いないはず
氷河湖から溶け出して来た水であることが関係してるんでしょうか

a0287336_21284698.jpg


ちょっとわかりにくいかもですが、山肌に張り付いてるのは、雪ではなく氷河
複数年に渡って堆積された雪が万年雪になり、圧縮されて氷になるものです
そこから細く白い帯状に、滝のように水が流れてました
それがミューラー湖に流れ落ち、ミューラー川へ流れてます

a0287336_21323212.jpg


吊橋は比較的新しい感じ
頑丈にできてると思われますが、一人で歩いていても結構揺れましたw
因みに私、高所恐怖症気味w

a0287336_21364615.jpg


a0287336_21375068.jpg


途中、階段や通路がしっかりと整備されて本当に歩きやすいです
一応、傾斜はありますが、5度あるかないかかな?
あまり登りを意識しないで平地に近い感覚で歩いて行けます

a0287336_2138599.jpg


紫外線照射量がやばいので、日陰は何気にありがたいw
この日はちょっと風がありましたね
日陰に入ると結構涼しかった

a0287336_21393077.jpg


氷河の侵食の影響なのか、場所によって砂利が雪崩のように堆積してます
人が入る場所じゃないので安全ですが、自然の力を感じます

a0287336_21403416.jpg


a0287336_21432178.jpg


左に登る階段があったので登ってみたら、ミューラー湖の展望台がここにも
こっちのほうが、氷河から溶け落ちた滝が見やすいかな?
遠くですが、滝の音がここまでしっかり聞こえます
重低音で迫力ありました

a0287336_21434517.jpg


このあたりから傾斜角が少し上がりましたが、まだまだ余裕

a0287336_21454482.jpg


a0287336_2146287.jpg


これだけ直射日光を浴びてるのに、溶け切ることのない氷河
あの高度の気温は、こことかなり違うんでしょうね

a0287336_21465297.jpg


2本めの吊橋が見えてきました

a0287336_2148862.jpg


a0287336_21484183.jpg


どの方角を見ても絶景
これほど気持ちのいいルートは初めての体験です

a0287336_21485872.jpg


ミューラー湖に流れ込むフッカー川
昨日、セアリーターン・トラックから見えた、もうひとつの湖、フッカー湖から流れ込んでる川です
そのフッカー湖が今回のゴール地点

a0287336_21495144.jpg


クック山が徐々に近づいて来ました

a0287336_2151531.jpg


a0287336_21523480.jpg


フッカー川とクック山

a0287336_21524812.jpg


a0287336_2153142.jpg


a0287336_21533063.jpg


a0287336_21533517.jpg


a0287336_2154848.jpg


途中、小さな小川が

a0287336_21541726.jpg


川岸まですぐなんで降りてみます

a0287336_2157949.jpg


a0287336_21573454.jpg


超冷たかったw
大丈夫だとは思うけど、念のため川の水は飲みませんでした

a0287336_21575893.jpg


a0287336_21593065.jpg


a0287336_21594960.jpg


a0287336_220456.jpg


こんなに夢中で写真を撮った場所も初めてでした
こんなことならRX100修理して動画も撮りたかったぐらい

a0287336_2202729.jpg


a0287336_2205146.jpg


a0287336_2205951.jpg


a0287336_2221450.jpg


3本めの吊橋が見えました

a0287336_2224592.jpg


a0287336_2231466.jpg


この橋を超えればゴールはもうすぐ

a0287336_223343.jpg


a0287336_22353100.jpg


あんなところに小さな湖が
帰りに寄ってみるか

a0287336_2241842.jpg


a0287336_2243721.jpg


ここで分岐が
右はBall Pass routeと言って、完全な登山道
しかも1泊から3泊で巡るようなガチなルートで、氷河を歩く場所があるのでオールシーズンでアイゼン必須、ピッケル等冬装備推奨になります
途中までなら行けそうに思えますが、そもそもこのルートを載せた地図が見当たりません(もっとよく探せばあるのかもしれませんが)ので、私のような登山初心者レベルが単独行で挑むような場所ではありません
中級者以上の方は大丈夫かもですが、それ以外の方は、ガイド必須だと思います

a0287336_2251939.jpg


a0287336_22131950.jpg


ちょっとだけ傾斜が強くなりますが、この坂を登ると

a0287336_22134335.jpg


見えた~

a0287336_2214241.jpg


a0287336_22144640.jpg


フッカー湖の展望台とうちゃく~
ベンチが目印です

a0287336_2215366.jpg


クック山の勇姿

a0287336_22153510.jpg


クックさんの麓
よーく見ると氷河が見える
Hooker Glacier(フッカー氷河)

a0287336_22162870.jpg


a0287336_2217766.jpg


a0287336_22172510.jpg


a0287336_22173511.jpg


フッカー氷河から崩れ落ちた氷の塊



クック山、登ってみたいねぇ
ちなみにクック山は、標高3,724メートルと富士山よりも低いです
ですが、あの山容を見ても分かる通り、難易度はかなり高いようで、ベストシーズンと言われてるのは12月
1月に入ると雪が溶けてクレバスが開いてルートを失うらしく、1月下旬にはルート閉鎖されることが多いそうです
完全冬装備が必要で、専属ガイドにルートクライミングの技術も必須と上級者向けのルートのようです
冬の富士を登れる人なら行けるんですかね?

a0287336_22292213.jpg



昨日のセアリーターン・トラックに続き、このフッカーバレー・トラックも素晴らしい景色をたくさん見せてくれました
どこを向いても目を開ければ、絶景だけが常に見渡せる
アオラキ/マウントクック国立公園の雄大な自然にただただ感動
今こうやって写真を見てるだけで、あの空気感が蘇ります

また来よう

必ず

この場所へ




つづく
by maryrequiem | 2018-02-12 00:01 | ニュージーランド | Comments(0)