カテゴリ:箱根町( 16 )

GRANDE RIVIERE(グランリヴィエール)箱根 箱根町仙石原/カフェ ラスク~駆け足で巡る箱根 その16

さて、
お土産の購入に立ち寄ったのは、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1246-737



「高原」と青看板で書かれた変則十字路を南に進んですぐ

a0287336_17551218.jpg


グランリヴィエール 箱根さんです

a0287336_175822.jpg


ぶっちゃけ、たまたま通りがかりに見つけたお店
石造り風の外観で目を惹きました

a0287336_17585298.jpg


なので
何のお店かもよくわからないままの入店ですw

a0287336_1813155.jpg


なるほど
ラスクの専門店さんみたいですね

a0287336_182149.jpg


a0287336_1823535.jpg


a0287336_182578.jpg


a0287336_1831159.jpg


店員さんが、積極的に試食を薦めてくれました
嬉しいですね

a0287336_1832355.jpg


これだけじゃわからないでしょうが、味はメープル味ですた
メープル大好物w
かなり美味しかった

a0287336_183554.jpg


価格も比較的お手ごろじゃないですか
ということで

a0287336_1843877.jpg


購入w

a0287336_185824.jpg


a0287336_1853438.jpg


会計を済ませようと思ったら

a0287336_18559100.jpg


どうやらカフェもやってるようですね

a0287336_1862428.jpg


a0287336_187015.jpg



大好きなソフトクリームあるじゃん
これでいいね

a0287336_1873767.jpg


a0287336_1881187.jpg


イートインスペースは2階になります

a0287336_1882823.jpg


まるで新築
めっちゃめちゃ綺麗
とても清潔で管理が行き届いてますね

a0287336_189415.jpg


テラス席あり

席数20席ほど
完全禁煙
駐車場も当然完備

a0287336_18105036.jpg


箱根ロイヤルソフトクリーム 350円

a0287336_18115477.jpg


なにげにラスクが1枚添えられてますね

a0287336_18122845.jpg


うんうん、美味しいですね

a0287336_1813185.jpg


ソフトクリームもまずまずですね

a0287336_18134042.jpg


ラスク1枚ついて350円
観光地価格ということを考えても十分な内容ですね

a0287336_18145244.jpg


a0287336_1815525.jpg


a0287336_1816052.jpg


a0287336_18161926.jpg


a0287336_18163345.jpg


a0287336_18165476.jpg


お土産用ラスク
味の種類は豊富
輪切りパン形状の箱根ラスクに、一口サイズの仙石ラスク
価格も500円強と買いやすいのが嬉しいですね

イートインのソフトクリームも十分お手ごろ価格じゃないでしょうか

お店は清潔で綺麗だし、店員さんの接客も心のこもった丁寧なもので気持ちよく過ごせました

おすすめです


ということで
箱根散策はここまで

やっぱ有名観光地だけあって、見る場所多すぎて1日ではとても回りきれませんねw
限られた時間内で頑張ったつもりですが、もうちょっと開拓の余地がありそうです

次、いつ来れるか不明ですが、箱根ガラスの森美術館は、今度は時間をかけてゆっくり訪れたいなぁ
価格設定が全体的にお高いのが少々ネックな地域ですが、それだけ魅力的なんだなというのは、なんとなく感じました

また来ます!


おしまい

by maryrequiem | 2014-08-10 00:01 | 箱根町 | Comments(0)

駆け足で巡る箱根 その15~箱根★サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム その3

a0287336_14132283.jpg


星の王子さまミュージアムを散策中です

a0287336_14135353.jpg


a0287336_1414769.jpg


a0287336_14143062.jpg


a0287336_14144280.jpg


ん~
安くも無くってところか

a0287336_1415032.jpg


a0287336_14155014.jpg


a0287336_14161025.jpg


a0287336_14162488.jpg


a0287336_14163614.jpg


a0287336_1417385.jpg


a0287336_14171635.jpg


サン=テグジュペリの幼少時代に過ごした城にある教会を模したというチャペル

a0287336_14172912.jpg


a0287336_14181232.jpg


a0287336_14182557.jpg


またスタンプあったんで押しといたw

a0287336_14183417.jpg


a0287336_1418578.jpg


a0287336_14191345.jpg


デザインはいいんだけどな~

a0287336_14192386.jpg


a0287336_14193590.jpg


a0287336_14202619.jpg


a0287336_14212684.jpg


ランチセットでも1,960円からかw

a0287336_1421399.jpg


お世辞にも安くないねw

a0287336_14224369.jpg


a0287336_14235951.jpg


a0287336_14233125.jpg


a0287336_14234451.jpg


a0287336_14241254.jpg


a0287336_14242717.jpg


a0287336_14244393.jpg


a0287336_142504.jpg


a0287336_14251438.jpg


ミュージアムショップを通らないと出口にでられませんw
ま~考えてますねw

a0287336_14252647.jpg


a0287336_14261154.jpg


a0287336_1426252.jpg


a0287336_14263534.jpg


a0287336_14265016.jpg


率直に感想を書こうと思います


がっかりです


展示物の内容、
演出面、
どれをとっても平凡

これで箱根ガラスの森美術館より高い入場料をとるんですか?
(箱根ガラスの森美術館1,500円で星の王子さまミュージアムは1,600円)

両方体験した身としては、
比較にもなりませんね。

町並みはフェイク、展示物はスチール写真ばかり、規模も知れてる、見るものが無さ過ぎる、
星の王子さまファンでも、これは怒って帰るレベルじゃないですかね?
やる気も意気込みもまったく感じません
この内容だと、1コインですら入場する気がしませんね
サン=テグジュペリ記念館ではありますが、星の王子さま博物館では到底ないです

運営さんは、箱根ガラスの森美術館を見学してよく勉強したほうがいいと思います

久しぶりに後悔しました

とてもじゃないですがおすすめしません

お好きな方はどうぞ


さて
〆に何か買って帰ろうかな~


つづく

by maryrequiem | 2014-08-09 02:25 | 箱根町 | Comments(0)

駆け足で巡る箱根 その14~箱根★サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム その2

星の王子さまミュージアムを散策中です

a0287336_1350416.jpg


a0287336_1351990.jpg


a0287336_13512826.jpg


なかなか絵になる風景ですね
ですが、これフェイクです
扉は機能してません
壁面デザインってところでしょうか

a0287336_13514469.jpg


a0287336_13532345.jpg


a0287336_13534283.jpg


a0287336_13535729.jpg


a0287336_1354975.jpg


a0287336_13543217.jpg


a0287336_13563996.jpg


a0287336_13565225.jpg


ここから中へ入れるみたいですね

a0287336_1357370.jpg


a0287336_13572714.jpg


a0287336_13574216.jpg


写真だとうまく表現できないなw

a0287336_1358148.jpg


3Dマッピング技術で投影された地球儀ですね

a0287336_13591780.jpg


a0287336_13593514.jpg


a0287336_13594846.jpg


a0287336_140164.jpg


a0287336_1413814.jpg


さて
この先が展示ホールなんですが

a0287336_1411171.jpg


a0287336_1415455.jpg


なんと撮影禁止wwww
まじかよwwww

a0287336_1424630.jpg


展示物の内容は、作者サン=テグジュペリの生涯と作品に関する歴史を写真や解説で見て回るというものでした
ん~
正直、ファンでもないと微妙かも?

星の王子さまのヴィンテージ本とかは価値ありそうだし仕方ないのかもですが、ジオラマやスチールぐらい好きに写真とらせてくれてもいいと思いましたねぇ
っても、それほど写したい内容でも無かったですけど

a0287336_1465753.jpg


入場時にもらった紙にスタンプ押せるようなので

a0287336_1471375.jpg


押しておきました
どうでもいいんですけどw


とりあえず外へ



つづく

by maryrequiem | 2014-08-08 16:20 | 箱根町 | Comments(0)

駆け足で巡る箱根 その13~箱根★サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム

残り時間も少なくなってきました

次に向かったのは

a0287336_13235740.jpg


星の王子さまミュージアムです

a0287336_13263410.jpg


箱根ガラスの森美術館は、入館料のほかに駐車場代もとられましたが、ここは入館料だけで駐車場は無料なんですね

a0287336_13273614.jpg


a0287336_13275117.jpg


箱根★サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム(はこね サン=テグジュペリ ほしのおうじさまミュージアム)は、神奈川県箱根町仙石原にある「星の王子さま」および作者のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリをテーマとした博物館。運営は、株式会社TBSテレビ事務局と株式会社TBSトライメディア。
1999年に開園、2004年1月5日に一時閉園するが、同年3月3日より運営会社のサハル株式会社から東京放送ホールディングス(TBSHD)関連会社のTBSトライメディアに経営が引き継がれ、現在に至っている。

今知りました
TBSが運営してるんですねぇ

a0287336_13283744.jpg


a0287336_13293615.jpg


ここも入館料が高い
ですが、
実は、箱根ガラスの森美術館でセット券を購入してました
お安くなるんですよね~

a0287336_13295478.jpg


a0287336_1336323.jpg


a0287336_13364582.jpg


JAXAとのコラボ企画中らしく、ステッカーもらいました

a0287336_13371358.jpg


a0287336_13395624.jpg


a0287336_13393576.jpg


a0287336_13401151.jpg


a0287336_13403188.jpg


んでわ
中へ

a0287336_13411385.jpg


a0287336_1341359.jpg


へ~
なかなか雰囲気はいいんじゃないでしょうか

a0287336_13421728.jpg


a0287336_13425960.jpg


作者サン=テグジュペリの生涯と作品に関する展示ホールを中心に、「星の王子さま」の世界観や作者の暮らした1900年代フランスを再現した建物や庭園などが広がる。「ミュージアム」という名称であるが、展示ホール以外はリゾート型のテーマパークという趣になっている。

なるほど

a0287336_13432924.jpg


吉谷桂子さんって方がガーデニングされてるらしいです

a0287336_13435020.jpg


a0287336_1344407.jpg


a0287336_13445756.jpg


a0287336_13451223.jpg


a0287336_13452618.jpg


a0287336_13453644.jpg


a0287336_1346285.jpg


a0287336_13461629.jpg


a0287336_13462774.jpg


a0287336_13463856.jpg




つづく

by maryrequiem | 2014-08-08 00:10 | 箱根町 | Comments(0)

Cafe Terrasse ポコアポコ 箱根町仙石原/オーガニックカフェ~駆け足で巡る箱根 その12

昼食です

場所は、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原180



箱根ラリック美術館のすぐ近く
美術館から箱根裏街道方面に進んだ道路沿いにあるので簡単かと

Cafe Terrasse ポコアポコさんです

a0287336_16362275.jpg


オーガニックコーヒーと自家栽培・無農薬の野菜を使った家庭料理を得意とするお店だそうです

a0287336_1639048.jpg


a0287336_16392687.jpg


店内はかなりゆったりスペースで席間も十分
席数20席ほど

a0287336_16421378.jpg


観光客は私だけでした
地元の方たちが引っ切り無しに出入りしてました
こういうお店が来たかった
狙い通りですね

a0287336_16423049.jpg


この分厚い辞書のようなものが

a0287336_16431239.jpg


メニュー表でしたw

a0287336_16434549.jpg


メニューは洋食系
カレーやパスタ、グラタンなど

a0287336_16442063.jpg


店内は禁煙
テラス席のみ喫煙可能

a0287336_16453478.jpg


道路挟んだ向かい側にバス停とポコアポコさん専用駐車場があります
5台分ありました

a0287336_1646655.jpg


さて
このお店、コーヒーが得意みたいなので

アイスコーヒーを注文
普段、ホットしか飲まないんですが暑かったのでw
そしてこれが驚いた

a0287336_16482816.jpg


こんなに美味しいアイスコーヒー初めてです( *‘∀‘ )

a0287336_1649865.jpg


もうなんていうか、
香りが全然違う!
口に含んだとき、鼻を抜ける香り方が別格すぎた
そして味
コクがすごい!
口の中で花開くかのように味と香りが広がっていく感じ

a0287336_16504118.jpg


なんでこんなに美味しいの?
と、マスターに尋ねると

a0287336_16531911.jpg


豆を厳選、そして時間をかけただけとのこと

たしかに、それだけなのかもしれませんが、この香りと味には完全にやられてしまいました
あまりアイスコーヒーを飲まない私が言うのもなんなんですが歴代No1です

a0287336_16554996.jpg


茄子とトマトのミートグラタン 1,450円
とセットでトーストとフレッシュサラダ

a0287336_16572493.jpg


野菜が美味しいですね

a0287336_16575228.jpg


a0287336_165823100.jpg


トーストは普通かな

a0287336_16583549.jpg


お皿が気になったので見てみたら

a0287336_1659322.jpg


しっかりノリタケですね

a0287336_16593154.jpg


夏場にグラタンってどうかな?と思いますが、大好きなのでw

a0287336_1703251.jpg


こ~りゃ美味しいわ( *‘∀‘ )

a0287336_171113.jpg


茄子とトマトがぎっしり入ってるんですがみずみずしくて最高ですね
ミートソースによくからみます
ひき肉の量もすごい
ミートソースに入ってるレベルじゃなくひき肉にソースを足したかんじ?
うまく表現できないやw

a0287336_1715341.jpg


茄子とか、こんなにごろっと入ってますが、どんどん食べられちゃう
ひき肉の脂、トマトの酸味と絶妙に絡み合って軽く焦がした表面も香ばしい

a0287336_1743094.jpg


見てください、このひき肉のボリューム

a0287336_1763973.jpg


トーストは普通でも、

a0287336_1771529.jpg


こうしたらピザ風でさらに美味しくw

a0287336_1775789.jpg


夏の訪れにふさわしい、最高のグラタンでした

a0287336_1782656.jpg


オリジナルキャラらしいですw

a0287336_1784236.jpg


a0287336_1792698.jpg


箱根は、有名観光地なので
どこもかしこも兎に角高い
このお店も、安いわけではありませんが少なくとも「妥当」です

メニュー自体は、それほど珍しくないものばかりですが、クオリティーが全然違う

素材の良さが一役買ってるのは間違いないでしょう

地元の方々に愛されてるお店にはずれなし
それが再確認できたと思います

歴代No1のグラタンとアイスコーヒーでした

おすすめです


つづく

by maryrequiem | 2014-08-07 00:14 | 箱根町 | Comments(0)

駆け足で巡る箱根 その11~箱根ガラスの森美術館その6

a0287336_1552676.jpg


箱根ガラスの森美術館を散策中です

a0287336_1552316.jpg


ここは食品系のお土産コーナーですね

a0287336_15525768.jpg


a0287336_15532890.jpg


ほ~

a0287336_15534037.jpg


なるほど
入り口横にあったこの水車が動力なのか

a0287336_1554090.jpg


a0287336_15543295.jpg


惜しげもなくお土産の試食が楽しめるのは嬉しいですね

a0287336_15544925.jpg


a0287336_1618100.jpg


メープル味大好きです

a0287336_1612154.jpg


ジャムの試食はご覧の通り

a0287336_1615475.jpg


氷でしっかり冷やしてくれてますね

a0287336_1623384.jpg


メープルシロップまで試飲できるのか~
素晴らしいな

a0287336_1625192.jpg


a0287336_1632630.jpg


こっちはサンドブラストの体験コーナーね

a0287336_1634984.jpg


a0287336_1641753.jpg


レストラン内でカンツォーネの生歌が披露されてました

a0287336_1642838.jpg


興味ありましたが、
昼食は別の場所に行こうと決めてたので残念ながらまた今度でw

a0287336_1674950.jpg


a0287336_1684294.jpg


a0287336_1685587.jpg


a0287336_169797.jpg


a0287336_16144862.jpg


a0287336_1615780.jpg


a0287336_16152055.jpg


a0287336_16153323.jpg


a0287336_16154895.jpg


今回の箱根
実はそれほど期待してませんでした
名前こそよく耳にするものの、あまりにも観光地化しすぎてありがたみも薄く、過度の期待はしないほうがいいなと決め付けてましたが、
少なくとも、ここ箱根ガラスの森美術館は、

めっちゃ楽しかった!(*゚∀゚)

2014年特別企画展─華麗なるヴェネチアン・グラス─ 祝宴の器展が本当によかった
ガラスケースで遮られてるのが残念でしたが写真等OKなのは大きかった
重厚な内装に照明に照らされたヴェネチアン・グラスは綺麗でした

クリスタル・トリオ・アンサンブル特別コンサートも最高でした
BD以外もうメディアは購入しないと決めてたのに、DVDを買ってしまいましたw
ですが、記事にも書いたとおりこれは生で聴かないと魅力は半減以下です
是非、現地での生演奏を聞いていただきたい
美しい音色に癒されます

それほど広い施設じゃないんですが、内容は充実
レストランやカフェもあるし、
お土産もガラス製品から食品まで充実してます
自然に囲まれてて遊歩道を進めば川もありました
人にもよるでしょうが、私はここで丸一日過ごせますわw

箱根に来たら必ずここは、また来たいと思います

お気に入りのスポットになりました

さて

先ほど、ちらっと言いましたがそろそろ昼食へ~


つづく

by maryrequiem | 2014-08-06 13:48 | 箱根町 | Comments(2)

駆け足で巡る箱根 その10~リヴィオ セグーゾ展

a0287336_1516212.jpg


箱根ガラスの森美術館散策中です

a0287336_15164024.jpg


a0287336_15165345.jpg



ここでも何かイベントやってますね

リヴィオ セグーゾ展 ─光の詩・ヴェネチア現代彫刻の巨匠─

a0287336_15171168.jpg


a0287336_1518991.jpg


a0287336_151824100.jpg


ヴェネチアでは卓越したガラス技術が約1000年もの間、職人たちを通して受け継がれてきました。
ガラスの伝統技術を幼少より学んできたリヴィオ セグーゾ(1930~)は、現代彫刻作家として光と空間の関係を研究し、改めてガラスという素材に向き合っていきます。
そのなかで、伝統的なヴェネチアン・グラスの装飾技法から離脱し、無色透明で洗練されたガラス彫刻の世界に魅せられていきました。
以来、透明なガラスと異素材である大理石や木材、金属などを組み合わせ、調和と叙情性を秘めた作品群を生み出しました。

a0287336_1519224.jpg


a0287336_1519124.jpg


彫刻家リヴィオ・セグーゾ氏
ヴェネチア・ムラーノ島在住

a0287336_15203359.jpg


ヴェネチア在住、1930年ムラーノ島に生まれ、現在でもムラーノ島で活躍している。ガラスの尽きる事の無い魅力に強く心を奪われ、1940年代半ばに当時もっとも重要だった親方職人達の指導の下で、ガラスに関わる仕事を始めた。
伝統的技術を徹底的に経験した後に、芸術家としての研ぎ澄まされた感性を刺激されて、面白く個性的な造形の研究を始めたが、それにより彼は現代彫刻の巨匠達の世界を大きな興味を持って探求するようになった。
リヴィオ セグーゾの芸術家としての円熟が見られるのは、1970年代の末である。その時から、彼は作品を抽象的な形であらわすことができるようになった。それは何かの形を模倣したのではなく、それまで知られていなかった見える事象の本質を捉えた形を表しており、総合体と純粋な形に魅せられた彫刻家の個性をあらわしている。
その後は、使用する素材の枠を越えて金属、石、大理石と御影石、更には木材に至るまで、他の素材を使って研究をするようになった。更に、彼の作品は、以前は円形や楕円形で制作されていたのに比べ、幾何学的秩序に従って形の量感を感じ取れるまでに変化した。

a0287336_15194266.jpg


a0287336_15211998.jpg


a0287336_15213366.jpg


このように
ガラスケース等の無い開放的な展示がされてます

a0287336_15214926.jpg


触ろうと思えば触れますが、そういうマナー違反はさすがにしません
というか

日本の美術館はどこも厳重すぎるし写真も撮影不可のところが多すぎる
ストロボ撮影とかは当然NGですが、写真ぐらい気軽に撮らせて欲しい

さらに、ガラス等で作品を遮るのも止めて欲しい
ガラスに人や照明が映り込んで作品の良さが台無しです

日本ぐらいじゃないですか?
こんなに窮屈に芸術を鑑賞する国

ルパン三世でも出没するんですかね?www

美術館好きですが、そういう部分が本当に嫌です
もっと気軽に楽しみたいのに楽しめない空気が日本の美術館にはあると思います
もちろん、私たち客側のモラルがあってこそですけどね

もっとこういう風なオープンな展示が増えればと願うばかりです

a0287336_15302113.jpg


さて
同じ建物内を歩いてると

a0287336_15335699.jpg


お土産コーナーも充実してますね

a0287336_15343392.jpg


a0287336_15351174.jpg


a0287336_15352552.jpg


a0287336_15354293.jpg


製作体験もできますね
初心者でも楽しめるレベルになってるからいいですよね~
小樽でやりましたが本当に楽しかった

a0287336_15404283.jpg


a0287336_15405413.jpg


a0287336_15411274.jpg


a0287336_15412712.jpg


建物も素晴らしいですが、草花や森に囲まれてるから素晴らしさが数倍いいんですよねぇ

a0287336_15414115.jpg


a0287336_15415428.jpg


さっき行った、大涌谷が見えるけど、ちょっともやってますな
夏場は仕方が無いですね

a0287336_15471379.jpg


a0287336_15473263.jpg


a0287336_15474992.jpg


a0287336_15493054.jpg



つづく

by maryrequiem | 2014-08-06 00:01 | 箱根町 | Comments(0)

駆け足で巡る箱根 その9~クリスタル・トリオ・アンサンブル

a0287336_08951.jpg


箱根ガラスの森美術館に来ています

a0287336_084791.jpg


さてさて
途中にあった吹き抜け天井の広い空間で

a0287336_092393.jpg


なにやら見えますね
椅子が用意され、ギャラリーが集まりだしました

どうやら、途中でポスターで見かけた、クリスタル・トリオ・アンサンブルによる夏休み特別コンサートが開かれるようです
ん~
私、音楽は演歌とアイドル以外はなんでも聴くほうですがそれほど興味も沸かず
でもまぁ、ブログネタになるからいいかw

a0287336_0101453.jpg


こちらはグラスハープ

グラス・ハープ(英: glass harp)とは、グラス(ガラス製足付酒杯)の縁を指でこすって音を発することで楽器として使用するものである。
口径・腰径の異なる複数のグラスを大きさ順に並べるが、様々な作品を演奏できるように十二平均律の半音階を網羅して並べ、基本的には、水で濡らした指先をガラスの縁に触れさせる摩擦によって、共鳴するガラスからの音で音楽を奏する。

a0287336_0144379.jpg


こちらはヴェロフォン
演奏方法はグラスハープに近い感じですが、ガラス管が長く音色が違いますね

a0287336_0161769.jpg


こちらはグラス・パン・フルート
通常、パンフルートは木製ですが、こちらは他の楽器に合わせてガラス製(アクリル製かも?)のようです
特注品みたいですね

a0287336_0195277.jpg


さて
このミニコンサートですが、

演奏中撮影禁止、録音禁止です(`・ω・´)

まぁ、
検索したら、ルール破って撮影してアップしてる人がいますが、放置します
ですが、
それじゃー何がなんだかわからないので、別の写真、動画でご紹介します

まず
奏者のご紹介


イゴール・スラヤロブ  Igor Sklyarov
(グラス・ハープ)

a0287336_0222866.jpg


グリンカ音楽院で学ぶ。卒業後ロシア民族オーケストラのbayan(バヤン)奏者として活動する。その後独立しソロのバヤン奏者としてヨーロッパ各地で広く活動する。1998年よりグラス演奏の技術を学びクリスタル・トリオ・アンサンブルのリーダーとして活躍中。グラス・ハープを使って主にソロのパートを演奏する。


ウラジミール・ポプラス  Vladimir Popras
(ヴェロフォン)

a0287336_023182.jpg


グリンカ音楽院にてアコーディオンを学ぶ。卒業後、教鞭を執るとともにフォークバンドの一員として海外で広く活動をしている。トリオの中では最も中音部となるヴェロフォンを演奏する。


セルゲイ・プロドゥスキー  Sergey Brodsky
(グラス・パン・フルート)

a0287336_0235919.jpg


ノヴォシビルスク音楽大学にて学ぶ。在学中よりオペラ劇場のオーケストラで活動を行なう。1993年からノヴォシビルスク劇場に在籍。フルートのソリストとしてもヨーロッパの数々のコンサートホールで様々な楽団と共演している。トリオにおいて彼の低音部は奥行きを作る重要なパートである。

a0287336_025173.jpg


ミニコンサートなので、演奏した楽曲はEncore含めて4曲ほど

一曲目はこちらでした

アントニオ・ヴィヴァルディ 協奏曲第4番 ヘ短調、RV.297「冬」アレグロ・ノン・モルト



有名な曲ですね
この曲が始まったとたん、会場中が息を呑みました

グラスハープの繊細な指使い、音色
会場の造りのせいか、澄んだ音色が響き渡ります
あまり詳しくなかったのですが、グラスハープって新春かくし芸みたいな芸的なものかとなめていました
完全に認識不足でした
軽い気持ちで聴いていたはずなのに、一気に惹きこまれました

そして演奏終了後
割れんばかりの拍手が


他に「少年時代」「赤とんぼ」など
馴染み深い邦楽や童謡などまで演奏するサービスっぷり

色々調べてみると、オーケストラとコラボした動画がありましたのでそちらもついでに紹介します
Moscow International House Of Musicでのオーケストラとのコラボレーション

Trio Crystal - J.Massenet,Meditation,from Thais P.I.Tchaikovsky,Dance of the Shepherds,Nutcracker



完全にやられました
感動しました

こんな素晴らしい音楽の世界があったんですね

演奏後
CD、DVDの販売があったので、DVDを購入。サインもいただきました

a0287336_0412257.jpg


購入者は奏者の方々と記念撮影可能だったようなので何の迷いも無く即決w

あ、ちなみに動画はちょっと前のらしく、グラス・パン・フルートの奏者が動画と写真で別人です
たいした問題じゃないですけどねw
にしても、
本当にいい経験になりました

動画でなんとなくは伝わると思いますが、
当たり前とはいえ、所詮は動画
生で見るとでは大違いです
興味のある方は是非体験していただきたいですね

クリスタル・トリオ・アンサンブル夏休み特別コンサートは

開催期間:2014年7月19日から8月31日  (予定)
毎週水曜日休演

時間:10:30~10:45・11:30~11:45
13:30~13:45・14:30~14:45・15:30~15:45(予定)

となっています

箱根ガラスの森美術館では、ヴェネチアで活躍中のガラス楽器の演奏家を招きミュージアムコンサートを開催いたします。
グラス・ハープ、ヴェロフォン、グラス・パン・フルートを使用する珍しいアンサンブルで、クラシック音楽などを演奏いたします。箱根の山々に響き渡る、透き通るような音色をお楽しみください。


a0287336_0482580.jpg


CD,DVD購入者と記念撮影希望者が私の後ぞくぞくと
私、即決だったからサクラみたいだなw
本当に感動したし別にいいんですがねw

a0287336_0491032.jpg


a0287336_0492226.jpg


a0287336_0505284.jpg


いや~
これだけで来た甲斐がありました

美しい音色の余韻に浸りながら、散策を続けます



つづく

by maryrequiem | 2014-08-05 00:01 | 箱根町 | Comments(0)

駆け足で巡る箱根 その8~箱根ガラスの森美術館その5

a0287336_04622.jpg


箱根ガラスの森美術館を散策中です

a0287336_047828.jpg


a0287336_0472850.jpg


色といい形といい、美しい
こんな製品、1つでも所持してみたいものです

a0287336_0483558.jpg


a0287336_049774.jpg


a0287336_0492411.jpg


a0287336_0494035.jpg


a0287336_05093.jpg


a0287336_0502114.jpg


a0287336_0503747.jpg


a0287336_051484.jpg


a0287336_052557.jpg


a0287336_052252.jpg


a0287336_053383.jpg


こんなところでロスチャイルドの名前がでてくるとは
1,500年製か~

a0287336_0551071.jpg


a0287336_0575951.jpg


a0287336_0581185.jpg


a0287336_103122.jpg


お、これは日本の方のデザインなのか

a0287336_105892.jpg


a0287336_113990.jpg


a0287336_115798.jpg


a0287336_121587.jpg


暗さと照明の当て方で、より作品の美しさが際立ちますね

a0287336_124534.jpg


手振れwwwww

a0287336_133773.jpg


a0287336_135076.jpg


a0287336_14663.jpg


アイスクラックって急冷したってことなのかな?

a0287336_142245.jpg




さてさて

まだまだ作品はありましたが、正直きりがないのでここまで


え?


しつこいぐらいだった?



すみませんねぇwwww

さて
なにやらここでイベントが始まる様子
見てみますか~



つづく

by maryrequiem | 2014-08-04 00:01 | 箱根町 | Comments(0)

駆け足で巡る箱根 その7~箱根ガラスの森美術館その4

a0287336_23314798.jpg


箱根ガラスの森美術館を散策中です

a0287336_23321346.jpg


a0287336_23323036.jpg


作品の写真がまだ大量にあるので継続しますw

a0287336_2333297.jpg


a0287336_23331559.jpg


a0287336_23333248.jpg


a0287336_23334825.jpg


a0287336_2334698.jpg


a0287336_23425474.jpg


a0287336_2344328.jpg


a0287336_23442232.jpg


天井はフェイクだけど、雰囲気に溶け込んでて気にならないですね

a0287336_2346327.jpg


a0287336_23483991.jpg


かわえぇなぁw

a0287336_2348542.jpg


a0287336_23493414.jpg


まさに動物の角ぽい形状
素晴らしいですね

a0287336_23494913.jpg


a0287336_2350414.jpg


a0287336_23502463.jpg


a0287336_23514911.jpg


ちょっと広い空間に出ました
真ん中に

a0287336_23521292.jpg


薄く水を張った泉に綺麗なガラス製品が
これも作品なんですね

a0287336_23525660.jpg


a0287336_23541061.jpg


a0287336_23542078.jpg


a0287336_23543441.jpg


a0287336_23545380.jpg


a0287336_23553481.jpg


a0287336_23554545.jpg


a0287336_2356267.jpg


a0287336_031673.jpg


a0287336_034843.jpg


a0287336_0194784.jpg


これで終わりと思うでしょ?

まーだまだありますのでwwww

さーせんwww


つづく

by maryrequiem | 2014-08-03 00:20 | 箱根町 | Comments(0)