Base Camp Tokyo ベースキャンプ東京 小竹向原店 板橋区向原/ボルダリングジム

唐突ですが

ボルダリングにはまってます(´・ω・`)

仕事の関係上、あまり体を動かさないので運動不足
それまで、フィットネスジム等でウェイト・トレーニングを中心に運動をしてました
なんですが、私は別にマッチョになりたいわけじゃないですし、運動後の強烈な筋肉痛が仕事に支障をきたす・・などなどで、どーも長続きしませんでした
いえね、
ウェイト・トレーニングの効果の高さは良く分かるんですよ
短時間で高負荷をかけれるので効率よく筋肉を刺激でき、基礎代謝アップで痩せたりとメリットだらけ
でも、続かないものは続かないw
そこで出てくるのがボルダリングでした

そうそう
2020年の東京オリンピックでスポーツクライミングが正式種目になるんですよね

オリンピック競技:スポーツクライミング

流行りにのっかるようでなんかアレですが、なんか楽しそうw
ちゅーことで、私が今通ってるのが

a0287336_0585851.jpg


Base Camp Tokyo ベースキャンプ東京 小竹向原店です

a0287336_1923.jpg


通い始めたのは12月の末
なので、まだ1ヶ月半ぐらいでしょうか
正直、まだまだ初心者ですw

a0287336_110471.jpg


こちらのお店の営業時間は、
平日12:30から22:30
土曜10:00から21:00
日祝10:00から20:00

今、全国いたるところにボルダリングジムはありますが、営業時間等は大差ないんじゃないかな?

a0287336_1115729.jpg


利用料金は、

初回登録料 1,080円 ※初回登録時、レンタル用品無料。(シューズ、チョーク)
利用時間によって価格に変動があるのであれですが、開店から夕方までと夕方から閉店まで利用で1,620円
終日利用で2,160円

詳しくはこちら

Base Camp Tokyo ベースキャンプ東京 小竹向原店料金案内>>http://b-camp.jp/tokyo/charge/


料金体型も、どこのお店も似たようなものだと思います

a0287336_1143035.jpg


a0287336_1211836.jpg


必要な道具も販売してますね

a0287336_1213256.jpg


必要な道具ってもこれだけです

a0287336_126838.jpg


クライミングシューズとチョーク
たったこれだけ
シューズは1万円中盤から2万円前半ぐらいまで様々

おどろいたのは、靴のサイズ
ボルダリングは、壁に取り付けられてるホールドという突起を持ったり、靴で踏んだり引っ掛けたりするのですが、その突起の形状も様々で、ほんのちょっとしか引っ掛けれないような場所もあります
そこに乗り込むときに、足裏の感覚が大事だそうで、普段履いてる靴のサイズより1つ2つ小さいサイズを選ぶのが普通になってます
靴の中で足の指を折り曲げるようにしてぎゅうぎゅうにして履く
なので、サイズ感がとても重要
通販なんかで気軽に買うのは自殺行為かもしれません(既にメーカー、サイズ感がわかってる人ならその限りではないでしょうが)
私はJR目白駅すぐのCalafate(カラファテ)さんで購入

すべり止めのチョークも必須です
これはボール状の袋に入ったやつ
チョークの価格は500円前後から1,000円ちょっとですかね?
むき出しでは利用できないのでチョークバッグも必要
これは2,000円ぐらいから高くても8,000円ぐらいかな?

a0287336_1263625.jpg


どこのジムでもそうですが、レンタルシューズとレンタルチョークがあります
続けられるかわからない人はこっちで十分でしょう
こちらではシューズ324円 チョーク108円でレンタル可能です
これもどこのお店でも大差ないでしょう

a0287336_1351186.jpg


壁にも種類がありまして

スラブ~傾斜角90度以下(初心者はまずここからスタートしますが、課題によっては上級者向けも余裕であります)
フェイス~垂直前後
オーバーハング~前傾した壁
ルーフ~傾斜角180度 まさに屋根

a0287336_139172.jpg


ホールドの形状も様々ですが、ここではあえて細かくは書きません
まぁ、
ガシっとつかみやすいものもあれば、指数本で引っ掛けるのがやっとのもあれば、手のひらで包み込むようにつかむのまで様々です

a0287336_142022.jpg


このお店では、壁の枚数、角度等で計10
といっても、私のような初心者には登れる課題がそれほど多くないので、縁のない壁もありますw

a0287336_1442547.jpg


螺旋階段上に

a0287336_1471145.jpg


飲食可能な休憩スペース、更衣室、契約者専用ロッカーがあります

a0287336_1473368.jpg


そーいや私、家で着替えて来るので更衣室とか利用しないから2階に上がったの今日が初だったwww

a0287336_14987.jpg


a0287336_150194.jpg


ボルダリングのルール自体はとてもかんたん
各ホールドに色の付いたテープが貼られてますよね

a0287336_1504239.jpg


こちらのお店では、8級(ピンク)から3段(黒)までありますね
下の写真、真ん中ぐらいの青いホールドにピンクテープで「S」と書かれてるのがあると思います
それがスタート地点です
そこを両手で持って、足もピンクテープのついてるホールドに乗せた時点で初めてスタートとなります

a0287336_1515490.jpg


今私がやってるのは、5級から6級近辺ですかねぇ
っても、全部の5級、6級をクリアしてるわけではないので7級レベルかもwww
やればわかりますが、

なんか楽しい(´・ω・`)


この表現があってるかはわかりませんが、私からすると

子供の頃やった木登りの楽しさ

これに近い感覚なんですよねぇ
決められたホールドしか使えないからこそ、色々考えるから更に楽しい
昨日まで登れなかったコースをクリアできたら楽しい
そんなかんじです

a0287336_155657.jpg


この男性は3級の課題を登ってますね
このNinjaという壁、たぶんこのお店で1番人気
私は課題的に登ったことありましぇーんwww

a0287336_20458.jpg


こちらの女性も3級ですね
この壁は、私もなんとか登れる6級の課題があるので利用することはありますが、3級とかあと何年かかるやら・・

a0287336_221319.jpg


こちらの女性は、白テープの6級に挑戦中ですね
私もこの課題ができるかどうかですw
左下の男性は、このお店のスタッフの方
お店が暇な時とかは、聞けば色々とコツやコースなんかを親切に指導してくれます

a0287336_25144.jpg


そうそう
このお店の代表の方がすごい方で平山ユージさんという方

a0287336_271783.jpg


平山ユージ(ひらやまユージ、1969年2月23日 - )は、日本のプロ・フリークライマー。
日本有数のプロクライマーで、芸術的なクライミングスタイルで活躍するトップクライマーの一人である。
東京都出身。身長173cm、体重65kg。既婚者で二児(長男、長女)の父親。本名は平山裕示(ひらやまゆうじ)。

東京都立航空工業高等専門学校入学後の15歳からクライミングを始めると短期間で頭角を現し、日本国内の難関ルートを次々に踏破。
高専在学時、既に日本のトップクライマーの仲間入りを果たす。
17歳でアメリカ合衆国へ渡り、半年間フリークライミングのトレーニングを積んだ。
その後、19歳の時に単身フリークライミングの本場ヨーロッパへ渡り、フランス・マルセイユを拠点に数々の国際クライミングコンペに出場し、1989年のフランケンユーラカップ優勝をはじめ上位入賞の好成績を残す。
1997年9月、アメリカ合衆国ヨセミテ渓谷の岩壁(1,100m、サラテルート)を2日間で完登。
1998年、日本人初のワールドカップ総合優勝。
2000年、総合優勝(2度目)。
2003年、再びヨセミテ渓谷エルニーニョのオンサイトトライ。日本最難ルート・フラットマウンテン(5.14d/15a)初登。
2004年にはスペイン・ホワイトゾンビ(8c)のオンサイトなどを登攀。
ホワイトゾンビのオンサイトクライミングについては、インターネットで動画を見た一部から「オンサイトでは、あんなクライミングができるはずない」との憶測が流れ、この件に関して平山自身のホームページでコメントした。
2007年時点では日本をベースにしており、日本各地や世界各国の大会を転戦し、日産自動車が支援するアウトドア系トップアスリート集団Team X-TRAILに参加していた。
2008年、神戸岩のボルダーGinga(V14)初登。アメリカ、ヨセミテのエルキャピタン・the Nose(5.14a・31ピッチ)のスピードアッセント世界最速記録を更新(2時間37分5秒、パートナーはハンス・フローリン)。
2009年、世界最難クラックのひとつ、カナダ・スコーミッシュのCobra crack(5.14b/c)の第6登に5日間で成功。このカナダツアーで、平山は14aのスポートルートのオンサイトにも成功した。
2016年5月、瑞牆のボルダー・ミネルバ(五段 / V14)を完登。それまでに登ったボルダーの最高グレードを更新した。

この方は世界的に有名な方なのでTVなんかでも紹介されてます
動画があるのでそちらをどうぞ





超人すぎて参考になりませんねえぇw
まぁ実際にお会いしたことないんですけどねwww
イベントのときにまれーに来るようですね

a0287336_2152467.jpg


私は半年パスを購入しました
不規則な生活なんで、仕事が終わるのが遅くても1時間でも30分でも行けるなら行きたいので
休みの日はじっくり行きます
っても、2時間ぐらいでしょうか
まだまだ未熟なので、握力が無くなっちゃうんですよねw
掴めないとどうしようもないのでw

a0287336_2161855.jpg


ウェイト・トレーニングの代わりになればと初めたボルダリングですが、

正直なりません

鍛える筋肉が違いますね
あと、高負荷を掛けるウェイトと自重のみのボルダリングを比較するのがそもそも間違ってました
ですが、運動不足解消という面では悪くない
平日の開店直後とかは、ガラガラなので気持ちよく挑めますが、夜は上級者ばかりで激混みなので正直やりづらいのが大変ネックですwww
けど、今のところ飽きることもなく楽しく続けられてます
やはり、課題をクリアできたときの達成感がいいんでしょうね
オリンピック正式種目になったおかげで、これからますます人口が増えて、混みまくってやりにくくなるのでしょうが、いつか上級者の方々の仲間入りできたらなーと夢みつつ頑張りたいですw

もっと痩せないとな・・・


おしまい

by maryrequiem | 2017-02-19 00:01 | 板橋区 | Comments(0)

Morris(モリス) 板橋区大山東町/ラーメン

a0287336_23305252.jpg


この日は、用事で板橋区へ
つーか、
板橋区初投稿でしたwww
カテゴリーなくてびびったwww

a0287336_2332493.jpg


遊座大山商店街の中で昼食です
場所は、東京都板橋区大山東町28-8 コンフォールT 1F

a0287336_2332279.jpg




関連ランキング:つけ麺 | 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅



Morris(モリス)さんです

a0287336_23342451.jpg


店内は狭く、キッチンスペースをカウンターで囲んだスタンダードな配置
店舗奥に製麺スペース

席数12席(カウンターのみ)

a0287336_23351667.jpg


メニューは、中華そばとつけそばの2種類
それに、各種トッピングがあるかんじですね

a0287336_23362424.jpg


面白いのは、プリンの存在
ラーメン屋でプリン?
よくわからないけど、これは自信があるからなんだろうな

a0287336_23374873.jpg


a0287336_23393423.jpg


中華そば 得のせ(チャーシュー、メンマ増量、バラチャーシュー、味玉付き) 950円

a0287336_23464352.jpg


具のビジュアルが綺麗

a0287336_23494137.jpg


これは美味しい( *‘∀‘ )

a0287336_23524868.jpg


スープは、豚骨、豚足、豚皮、モミジなどの動物系とカツオ節、サンマ節、煮干し、昆布などの魚介系のダブルスープだそうです
程よく透き通って魚介の出汁が強めのすっきりしたスープで美味しいです

a0287336_2353559.jpg


北海道産小麦を使用
中太ストレート
柔らかめの食感

a0287336_23594183.jpg


味玉は、黄身の状態が1番気になりますが、もろ私の好み
このぐらいの半熟加減がいいですねー

a0287336_023215.jpg


チャーシュー2種も文句なし
柔らかく味も良し

a0287336_04880.jpg


a0287336_051458.jpg


やっぱ気になったので注文したw

とろっプリン 220円

a0287336_055922.jpg


これがなかなかどうして

まさにとろっとろ( *‘∀‘ )

a0287336_062913.jpg


半生に近い滑らかさ
食感はクリーミーに近いかな
美味しいです

a0287336_073949.jpg


a0287336_0103618.jpg


a0287336_0105295.jpg



Morris(モリス)さんの評価   ★★★★☆(´∀`)


ダブルスープですが、低温調理でじっくり作ってるのか、透き通って出汁がしっかりでてて美味しいです
具もどれもレベルが高く、盛り付けの見た目も華やか
とてもまとまりのあるラーメンですね
本当は☆3かなーと思ってましたが、☆4の決め手になったのは、とろっプリン
ラーメン屋でありながら、プリンを提供するなんて変わってますけど、美味しけりゃそんなの関係ない
滑らかでとろける食感は、もろ好みでした
専門店でも通用するんじゃないの?と思わせるレベルで、これで220円はなかなかいいですねー
ラーメン本来の採点ではないかもしれませんが、お店全体でと考えれば、プリンの加点で☆4は十分妥当と判断

おすすめです


おしまい

by maryrequiem | 2016-02-25 00:17 | 板橋区 | Comments(0)