カテゴリ:福島県( 62 )

二番軒 福島県二本松市/大衆食堂~福島県に癒やされよう 3日目 その7

a0287336_18275046.jpg


二本松駅前です

a0287336_18371964.jpg


二本松市市民交流センターの中に、

a0287336_18394375.jpg


杉乃家さんというなみえ焼そばのお店が
って

a0287336_1839546.jpg


閉店10分前だったけど、終了してやんのwww
東京から来まして、楽しみにしてきたんですがと食い下がってみたけど駄目でしたwww
まぁしゃーないですw

a0287336_18405181.jpg


残り時間はわずか
急いで検索かけて、いい感じのお店発見
すぐ向かいます

a0287336_18503577.jpg


線路の反対側すぐ

場所は、福島県二本松市金色402-18

a0287336_1851317.jpg




関連ランキング:定食・食堂 | 二本松駅



二番軒さんです

a0287336_18525991.jpg


a0287336_18541426.jpg


うんうん
どの街にもある大衆食堂って感じですね
お昼時を過ぎてたので落ち着いてました

a0287336_18543218.jpg


a0287336_1941282.jpg


大衆食堂らしいメニューラインナップ
嬉しいのは、そのどれもが安く、ボリュームゾーンは700円前後
1番高くても唐揚げの930円
さすがです

a0287336_19294663.jpg


メニュー見てて、面白いのを発見

a0287336_19352088.jpg


餃子ラーメン 670円

a0287336_19355936.jpg


うんうん
美味しいです

a0287336_19363793.jpg


ってか、
670円でこのボリューム

a0287336_1937728.jpg


スープの味は、喜多方ラーメンなんかと似てる、昔ながらのすっきり淡麗系
油がちょっと多めですが許容範囲内

a0287336_19374496.jpg


ワンタンじゃなく、餃子が入ってるw

a0287336_1938597.jpg


うんうん
肉ニラが効いてて、あっさりスープにあいますね
美味しいです

a0287336_19392863.jpg


a0287336_19403513.jpg


焼豚も美味しいし、卵も半熟気味
あまりドロドロした半熟より、このぐらいの固さのほうが私は好きです

a0287336_19431821.jpg


a0287336_19442856.jpg


a0287336_19444455.jpg



二番軒さんの評価   ★★★☆☆(・ω・)


どこの町にも必ずある優秀な大衆食堂ですね
価格が安く、美味しく、ボリューム満点
餃子ラーメンとか、ネタかと思いきや、これがなかなか整ってるんだよなぁw
さっぱり淡麗系スープが、うまくまとめてるんだと思います
都内なんかによくある、ごちゃごちゃした味のスープじゃこうはいかないんじゃないかなぁ
700円前後で幸せになれる最高のお店ですね

a0287336_20114218.jpg


a0287336_20174185.jpg


それでは
これで今回の旅はおしまい
あとは高速で帰宅するのみです

a0287336_20182419.jpg


a0287336_2021561.jpg


それでは、
戻ってる間に、今回の福島県旅行についての総括にしたいと思います

a0287336_20233187.jpg


1番に感じたのは、震災に合う前の福島県を知りませんので、あくまで印象でしか語れませんが、
2年前の福島旅行のときに比べ、かなり普通の生活に戻れてるんじゃないかな?と感じたこと
あぶくま洞で話をうかがったとき、震災前には程遠いけどお客さんは戻ってきてるという言葉は間違いないんだろうなぁと

a0287336_2024142.jpg


ですが、
それはあくまで、2年前と比較しての話であり、未だに仮設住宅で不便な生活をしてる方は沢山います
風評被害が無くなったわけでもありませんし、それ以上に福島県での震災が「風化」してきてるという危惧まであります

a0287336_20274166.jpg


ここで色々とリンクを貼ります

いまだ消えぬ風評被害 福島野菜の店 閉店決断 世田谷・オルガン堂

福島のウソと増々酷くなる風評被害

風評被害は終わったか…続く被災地農家の挑戦

a0287336_20292189.jpg


風評被害と闘う自治体 – 福島県いわき市が“見せる”地道な取り組み

今、私たちにできること 風評に惑わされない生活をしよう!

a0287336_20311475.jpg


福島県に危険な区域があるのは間違いありません
ですが、それは本当にごく一部分で、勿論立ち入りが規制されています

こちらに詳しく書かれてますし、定期的に更新されてます

避難指示区域の状況 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ

a0287336_203245100.jpg


私が今回の旅行で、原発から1番近かったのは、あぶくま洞
そのあぶくま洞での数値ですら、0.085μSv/hという数値で全国平均内
規制区域でなければ、もうなんの問題もないのです
寧ろ、ここより放射線量の高い地域が日本内で他にいくらでもあったりするのです

新・全国の放射能情報一覧

a0287336_20372338.jpg


少なくとも、福島県内の8割以上の地域は、まったく問題のない地域
原発は福島県の東の端っこ
福島県は東西に長い県で西の端っこになる会津地方とじゃ100km以上の距離に山々が高くそびえたってます
農作物も厳正に検査され、安全なものしか流通してません
当たり前のことですが、そういう当たり前のことが未だに伝わってない事実

a0287336_203846100.jpg


復興支援で福島で野球とソフトボールの一部試合を行うそうですが
それ自体に問題はないとは言え

もっとやることがあるんじゃないの?ということ

地域の生活に根ざした大事なことを全国に発信して、美味しんぼのようなインチキ情報に惑わされる人を根絶することのほうが遥かに大事なんでないんですかね?

a0287336_20432513.jpg


反原発の方々もさ
原発反対はもうわかったから、福島県の風評被害についても訴えてよ
連呼するばかりで中身が無さすぎで、心に響かないんですよ
本当に国民の心を動かしたいのなら、もっと論理的に、そして被災地について正確な情報を発信してくださいよ
福島県は安全ですと

a0287336_20462440.jpg


特別視する必要など無いのです
私達と同じ、ごく普通の生活をしてる同じ日本の国民なんです
このブログを通して、それが少しでも伝わってくれたなら
こんな嬉しいことはありません

a0287336_2053124.jpg


a0287336_20533348.jpg


ということで
池袋まで戻って車返却

a0287336_20543329.jpg


今回の車の走行距離数 14,904km

a0287336_2055030.jpg


これはスタート時 13,799km

a0287336_20552911.jpg


ほぼ1,100km走った計算ですなぁw
そりゃそうだw
福島県の主要都市をかなり巡り巡ってきましたからねw
燧ヶ岳登山中は一切車に乗ってない中での数値だから、どれだけ乗りまくったかわかるというものw
ですが、ロードスターでの運転は本当に楽しくて、全然疲れてないんですよね

a0287336_20584586.jpg


限りなく、欲しい1台になりました
やっぱパワーなんかなくても気持ちのいい車っていくらでもあるんだなーと
初代のファニーな感じが好きですが、これだけ完成されたロードスターも悪くないなと
実用性は相変わらず皆無ですが、そういう人はミニバンでも乗ってればいいと思いますし、そういう人はターゲットじゃないからなんの問題もないでしょうね

ということで
今回の福島県旅行はこれで終わります

実は、11月8,9,10,11日と4連休でした
そのうち8,9日は旅行へ
残りの2日で今回の1日2つアップをがんばった感じですw

貯まった記事をすっとばし、8,9日の旅行を先に紹介することになると思います


おしまい

by maryrequiem | 2016-11-13 00:01 | 福島県 | Comments(0)

Milk little garden room 福島県福島市/カフェ~福島県に癒やされよう 3日目 その6

a0287336_16341532.jpg


福島市に入りました
先程パフェ食べたばかりですが、また休憩しますw

場所は、福島県福島市御山字仲ノ町103-8

a0287336_16362616.jpg


店舗前が駐車場になってますが、なかなかの混み具合



関連ランキング:カフェ | 岩代清水駅美術館図書館前駅泉駅(福島交通)



a0287336_1636508.jpg


Milk little garden roomさんです

a0287336_1637367.jpg


うっは~
なんじゃこの混み具合www

a0287336_1639425.jpg


外観から想像してたより中は広々
その広さのわりに、席数は28席とそれほど多くなく、かなり寛げる

a0287336_16395222.jpg


入って気がつくのは、女性客が多いのは普通として、子供客が多いこと
ちゃんとチャイルドシートも完備
それどころか

a0287336_16412544.jpg


カフェ内にキッズルームまで完備
これは新しい

a0287336_16425420.jpg


a0287336_16433312.jpg


a0287336_16434866.jpg


飲み物、スイーツに食事メニューまで

a0287336_16444234.jpg


そしてやはりキッズメニューもあり
どうやら家族連れに特化したおしゃれカフェのようです

a0287336_16451953.jpg


すぐとなりが子供連れの席でしたが、やはり賑やかw
ですが、このお店はそういうお客さんに特化してるので、店員さんもいたって普通の顔
静かに寛ぎたい人は、そういうお店へどーぞってことなんでしょうね

a0287336_16462237.jpg


a0287336_16491265.jpg


a0287336_16492447.jpg


ガトーショコラセット 600円
にしました

a0287336_16493756.jpg


セットのドリンクは、あわだちコーヒーなるものを

a0287336_16504732.jpg


名前が面白いので注文しましたが、これよーするにマシンで淹れて泡立つのを逆手に取ったネーミングなんじゃw
味は十分

a0287336_16512463.jpg


ガトーショコラ、見た目通りで甘い甘いw
クリームだけならまだしも、追いチョコソースはやりすぎでしょうw

a0287336_16522521.jpg


味はまずまず
これもユーザーニーズなんでしょうなぁ

a0287336_16534858.jpg


a0287336_16542197.jpg


皆さん、おしゃべりに夢中
私より先に入店してる人たちですが、誰一人、私より先に帰りませんでしたw
たしかに、この居心地の良さは特筆かも

a0287336_16543896.jpg


a0287336_1656274.jpg


a0287336_16565045.jpg


a0287336_16571230.jpg


a0287336_16573047.jpg


a0287336_1657426.jpg


a0287336_16575450.jpg



Milk little garden roomさんの評価   ★★★★☆(´∀`)


正直、飲食のメニューに関しては、☆3だなぁと思いましたが、このお店は店舗自体がとても考えられてる
家族連れ、主婦層をターゲットにしてるのが良く分かる注意書きに、キッズルームまで完備
都内にも、子供連れOKなカフェはありますが、普通のおしゃれカフェのまま、子供連れ特化のお店ってあまり無いかもです
子供は騒ぐから、おしゃれなお店は行きたくてもいけない。ファミレスで妥協しちゃう方の貴重な受け皿になってるんじゃないでしょうか
実際、店内の活気はものすごく、待ち客もやはり子供連れでした
子供連れでも何の迷いもなく楽しめるおしゃれカフェ
実際、これだけの反響があるのですから、オーナーには先見の明があったということなんでしょう
良いお店です


a0287336_176423.jpg


a0287336_17233595.jpg


せっかくなので福島駅でも見るか

a0287336_17235256.jpg


a0287336_17244622.jpg


a0287336_17251023.jpg


a0287336_1725303.jpg


平日の昼間だから歩いてる人はまばらか

a0287336_17255967.jpg


a0287336_17263886.jpg


レンタカーの返却時間があるから、夕方までにはここを出発しないといけない
っても、時間が中途半端に余ってるんだよなぁ

a0287336_17265256.jpg


そっか
高速代を浮かせる意味も込めて、東北道沿いに南下して、タイミング次第で寄り道するってのもアリだな
ということで、福島市から南下します

a0287336_1728565.jpg


a0287336_17292357.jpg


a0287336_1729415.jpg


a0287336_17295640.jpg


a0287336_17362131.jpg


a0287336_17363660.jpg


やはり車の流れが良い
これならもう一箇所ぐらい道草できそうです

a0287336_17392093.jpg


a0287336_17395420.jpg


a0287336_17464350.jpg


二本松市に入りました
時間的に、最後の休憩になるかな


つづく

by maryrequiem | 2016-11-12 14:27 | 福島県 | Comments(0)

農家カフェ 森のガーデン 福島県福島市/フルーツパーラー~福島県に癒やされよう 3日目 その5

それでは休憩です
場所は、福島県福島市飯坂町平野字森前27-3 まるせい果樹園直売所

a0287336_2044181.jpg




関連ランキング:フルーツパーラー | 医王寺前駅花水坂駅平野駅



農家カフェ 森のガーデンさんです

a0287336_20451054.jpg


農家カフェなんて言うから、プレハブとかの簡素な建物を想像してたんですがとんでもなかった
鉄筋コンクリート造のとても立派な建物でした
L字型になってるイートインスペースで、フロアは広大
席数も尋常じゃない数
50席以上

a0287336_20461460.jpg


もちろん私は迷うこと無くフルーツパフェを選択

a0287336_21165884.jpg


この時期はぶどうのパフェでした
容器はプラ製の使い捨てであることと、フォーク、スプーンもプラ製であると説明されました
単純にコストの問題でしょうね
食器を回収して洗う人件費より、使い捨てのほうがコスト的に有利であると
それで安くなるなら、もちろん歓迎ですよね

a0287336_21183571.jpg


セルフ式にするのも人件費削減ですね
この日は平日だったのと、このお店の本気は、桃の時期だったようです
桃生産量日本2位の福島県だけに、連日満員御礼だったそうです

a0287336_21204869.jpg


お店の至る所に、こんな絵のキャラクターで溢れてる
なにげにかわいいw

a0287336_21222889.jpg


梨とぶどうのMIXパフェ 750円

a0287336_21231997.jpg


ぶどうを口に含んだ瞬間、びびった

歴代No1のぶどうキタコレ( *‘∀‘ )

a0287336_21241346.jpg


ぶどうは3種類

ピオーネ
巨峰
シャインマスカット

色鮮やかなぶどうを溢れそうなほどたっぷり盛り付けられてます

a0287336_21255241.jpg


農家直営で鮮度が抜群だからなのか
ぶどうのクオリティーが高いからなのか

そのどちらも正しいと思う
値段の安さに、期待値をあまり高くしてなかったんですよね
それだけに、このぶどうの美味しさは衝撃的でした
もちろん皮ごといただきます
皮の酸味と果肉の甘味が融合されたときの複雑な甘さが超好きです

a0287336_21273520.jpg


a0287336_21302576.jpg


梨は二十世紀
美味しいんですが、3種類のぶどうの美味しさがあまりにも衝撃的で印象がぼやけるという皮肉
みずみずしく糖度も十分

a0287336_21304451.jpg


ぶどうの凄さ
これだけクリームたっぷりつけて一緒に口に含んでも、完全にピオーネの甘さが勝つという

a0287336_21331244.jpg


それは、巨峰も同様です
この2種類は特に、濃厚で深みのある甘さと酸味でした
シャインマスカットは、さっぱりとして歯ごたえもよく爽やかな甘さ
いやぁすごいわぁ・・

a0287336_21341792.jpg


アイスクリームがでてきて

a0287336_21363991.jpg


奥からシロップ漬けされたぶどうが
こちらは酸味の強いもので、あえて早摘みしたのを甘いシロップで漬け込んだもの
生ぶどうとはまた違う酸味でアイスと食べると最高です

a0287336_21371284.jpg


そういや、入店時に「バイク好きの方ですか?」とお店の方から聞かれて「?」ってなったんですが

a0287336_21404187.jpg


ライダーズピット  まるせい果樹園というグループがあり、全国からバイク乗りの方々が、ここにやってきてくれるんだそうです
私と同じような考え方の人が居て、しかもコミュニティまで形成されてるということを知り、胸が熱くなる思いです
私は一人ですし、バイクは乗りませんけど福島県を応援したいという想いは同じです
こういう輪であり和は大事にしたいですね

a0287336_2139116.jpg


飲食後、カフェのお姉さんから

(´∀`)産直の果物コーナーも是非見てください

とのこと
果樹園の間を抜けると

a0287336_21455815.jpg


ありました
まるせい果樹園

a0287336_21473770.jpg


a0287336_21483523.jpg


ちょうどりんごの時期のようで、たくさんの品種を販売してました

a0287336_2149344.jpg


地方発送も受けてますが、基本的に箱売りがメイン
個数が多い

一人住まいの私には、ちょっと買いにくい・・食べきるまでに時間がかかりそうで
ということで

a0287336_21493891.jpg


a0287336_21512013.jpg


価格も手頃で美味しそうなりんごジュースを

a0287336_21513948.jpg


さくっと購入

すると店員さんが奥の方から

a0287336_21521520.jpg


(´∀`)こちらの3種類のりんご差し上げます

ええええええ
さすがに無料ってわけには・・


(´∀`)微妙に傷がついてたりするものですが、味には全く影響ありません。是非食べてみてください

a0287336_2153416.jpg


ありがたくいただきまして
帰宅してからの様子

a0287336_21545577.jpg


なるほど
たしかに痛みはありますが、こんなの気にするレベルじゃないよね

a0287336_21552986.jpg


こちらは昴林

a0287336_21565035.jpg


なんじゃこりゃ!
ひとカジリしただけで蜜がこんなにも
甘さも十分です

a0287336_21572124.jpg


衝撃的だったのがこのジョナゴールド

a0287336_21582278.jpg


歴代No1のりんごキタコレ( *‘∀‘ )

蜜の量は普通ですが、酸味強めの甘さがもう私好み
固くて酸味強めの甘いりんごが大好物の私には、これがNo1です
余韻のあるりんごですねぇ

a0287336_21593439.jpg


秋映

a0287336_2221390.jpg


これも美味しいけど、まるせい果樹園さんのジョナゴールドの後だと平凡に感じる不思議w
食べる順番を間違えたかものぅw
美味しいんですけどねw

a0287336_2224642.jpg


せっかくなのでリンク貼っておきます

まるせい果樹園公式>>http://www.geocities.jp/fukushimamarusei/index.html

まるせい果樹園facebook>>https://www.facebook.com/fukushima.marusei

ってか、看板犬のぴいこちゃんなんて居たのかよ・・
会いたかったお(´・ω・`)

a0287336_2241720.jpg


さて
公式みても地方発送のフォームがないので、ジョナゴールドを送ってほしいから電話してみようかなぁw

a0287336_2285830.jpg


このお店のジョナゴールドなら毎日食べても飽きないわw

a0287336_2210164.jpg



農家カフェ 森のガーデンさんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


桃が1番自信あるようなことを言ってましたが冗談じゃない
ぶどうのクオリティはんぱないですってまじで
ピオーネ、巨峰、シャインマスカットと3種類ありましたが、1つぐらいぼやけた味になってもおかしくないのに、3種類すべてが素晴らしいなんて驚きです
容器、フォーク、スプーンが使い捨てだったり、果物の下はアイスとクリームぐらいとはいえ、これほどのクオリティのぶどうを惜しげもなく盛り付け、750円なんてどうかしてるぜ!
都内でこの価格でこの味を実現することは不可能です。1,000円を切れないと思います
そもそも、このぶどうと同等のクオリティに出会えないと思います
産直採れたて鮮度というのは、これほどの差を生むのかと、ただただ驚くしか無いです
店内は広く清潔で建物が洗練されてて別の意味で驚いたりもしたし、席数豊富で寛げるし
地方の食べ歩きの醍醐味を堪能できた素晴らしいお店です


つづく

by maryrequiem | 2016-11-12 00:01 | 福島県 | Comments(0)

食堂なまえ 福島県喜多方市/喜多方ラーメン~福島県に癒やされよう 3日目 その4

それでは昼食です

場所は、福島県喜多方市字永久7693-3

a0287336_16251998.jpg




関連ランキング:定食・食堂 | 喜多方駅



食堂なまえさんです

a0287336_16272878.jpg


うは~
めっちゃ昭和の雰囲気
それもそのはず
こちらのお店、昭和47年11月15日創業という、ガチの昭和のお店
狭いですが、駐車場も完備してる
席数が少ないと思ったら2階にも席があるそうで
26席 (1階:テーブル11席、2階:座敷15席)

a0287336_16282891.jpg


喜多方ラーメンって、都内でも結構あっちこっちありますよね
ですが、地味に食べたことがなかった
初喜多方ラーメンを喜多方市で食べられる幸せw

a0287336_16315891.jpg


地味にメニューが豊富で、何注文したら良いか悩むwww
すると、ご主人から

(・ω・)極太手打ちチャーシューメンは、ウチでしか食べれないよ

へ~

a0287336_16373483.jpg


そう言われちゃ~たのむしかないw

a0287336_16401583.jpg


極太手打ちチャーシューメン 670円

a0287336_16404432.jpg


お~
たしかに太麺ですな

a0287336_16411077.jpg


喜多方ラーメン美味しいじゃないですか( *‘∀‘ )

a0287336_16421275.jpg


麺の噛みごたえがはんぱない
太いからと言うだけでなく、麺打ちをしっかりすることで弾力を出してる感じ
その弾力のある噛みごたえを考慮してなのか、麺は短め
縮れ具合でスープが絶妙に絡み、つるっつるの喉越し
変な言い方ですが、噛まずに飲んで食べるのに適してるwww

a0287336_1643753.jpg


スープは、とんこつと鶏ガラらしいですが、鶏ガラの風味のが強く、すっきり淡麗
塩加減は見た目通り薄味で出汁の香りが際立つ仕様
こう言っちゃあれかもですが、佐野ラーメンに似てます?

a0287336_1648491.jpg


具もとってもシンプル
まさに昔ながらのラーメン

a0287336_16512068.jpg


メインストリートから外れてるけど、どうやら有名店のようですね
私もそうですが、観光客ぽいライダーとか、次々とお客さんが来ますね

a0287336_16525669.jpg


a0287336_1658071.jpg



食堂なまえさんの評価   ★★★★☆(´∀`)


(ちなみに、ラーメンは最高評価を☆4に設定してます)

これが喜多方ラーメンか!って感じです
都内にも多数ある喜多方ラーメンですが、何ていうか・・「地名の入ってるラーメンは、その地元で食べるべき」という、私の勝手な先入観があって、今まで見向きもしてませんでしたが、これほどレベルが高いとは
佐野ラーメンもですが、私の好みはまさにこういうすっきり淡麗系
ラーメン記事のときは毎回言ってる気もしますが、都内によくある「いろんなもの煮込んだ複雑な出汁」とか、あほみたいに手間をかけて価格が高いラーメンにあまり興味がないんですよね~
竹岡式ラーメンとかのように「出汁を作らない」ラーメンでも美味しいものは美味しい
今主流の「なんでもぶち込んでドヤ顔のラーメン屋」とまさに真逆のラーメンですね

美味しけりゃ細けえこたぁいいんだよ!(゚∀゚)

昭和47年から、変わること無く守ってる味
そう、これは懐古主義とかではなく「完成形」だと思うのです
ラーメンとは、常に味の流行が話題になる食べ物ですが、「完成形」であるこの味は、そういうメディアのゴリ押しをあざ笑うかのように今日もお客さんを喜ばせてるのです
地名を冠したラーメン、その自信は間違いのないものでした
これからも伝統の味を守ってください
最高の一杯でした


a0287336_17142878.jpg


a0287336_18394061.jpg


さて
喜多方市に来たばかりですが、また移動しますw
今度は、東へ

a0287336_1840632.jpg


a0287336_18412175.jpg


a0287336_18414277.jpg


道の駅
裏磐梯ってことは、磐梯山がすぐそこってことですね
磐梯山も登山の候補でした

a0287336_1842252.jpg



松原湖ってことは

a0287336_1858198.jpg


五色沼ですね
ここは前回の旅行で来ましたが、歩きごたえもあっていい場所でした

a0287336_1858577.jpg


a0287336_1901979.jpg


a0287336_1903633.jpg


a0287336_1905937.jpg


ふむふむ

a0287336_192792.jpg


ちょっとわかりにくいですが、手前の山が白布山
重なるように奥にある山が磐梯山ですかね

a0287336_1922672.jpg


遠くに見えるは安達太良山
ここも登山候補のひとつでした

a0287336_1932290.jpg


a0287336_194747.jpg


国道115号線をひたすら西へ
黄葉が綺麗です

a0287336_1944230.jpg


a0287336_1953918.jpg


a0287336_1955616.jpg


a0287336_1961672.jpg


a0287336_1985718.jpg


3日目は、とにかく移動しまくりです
ロードスターが気持ちいいんで、長距離走行も苦じゃないんですよねぇ

a0287336_1993027.jpg


a0287336_19102837.jpg


ということで
次の目的地、福島市に入りました

a0287336_19104819.jpg


都心部にはまっすぐ行かず、寄り道します
フルーツラインという道路走ってるけど、文字通り道路沿いは果物畑

a0287336_19113440.jpg


a0287336_19124651.jpg


a0287336_19131449.jpg


a0287336_1922846.jpg


a0287336_19222567.jpg


フルーツラインを走って、まわりは果樹園だらけ
そうです
果物を食べに来ました

a0287336_19224752.jpg


福島県は、果物生産量で上位の県

順位 果物名 生産量 生産シェア 全国の生産量

2 位 モモ2万7,100トン 23.75 % 11万4,100トン
2 位 ネクタリン359トン 16.79 % 2,138トン
3 位 ジョナゴールド 824トン 1.75 % 4万7,100トン
3 位 アンズ 51.2トン 2.83 % 1,812トン
3 位 ブラックベリー 300キロ 4.84 % 6.2トン
4 位 日本ナシ 1万8,300トン 7.43 % 24万6,400トン
5 位 リンゴ 合計2万3,500トン 3.56 % 66万700トン
5 位 ふじ 1万7,600トン 4.94 % 35万6,500トン
5 位 西洋ナシ 616トン 2.58 % 2万3,900トン
5 位 パッションフルーツ 5.9トン 1.43 % 414トン
6 位 つがる 1,890トン 2.5 % 7万5,500トン
6 位 王林805トン 1.49 % 5万4,000トン
6 位 スモモ 741トン 3.92 % 1万8,900トン
7 位 プルーン 7.2トン 0.26 % 2,733トン
11 位 柿 3,790トン 2.14 % 17万7,400トン
11 位 カリン 200キロ 0.11 % 184トン
12 位 ブドウ 2,960トン 1.71 % 17万3,600トン
16 位 イチジク 162トン 1.17 % 1万3,842トン
17 位 温室メロン 13トン 0.06 % 2万1,100トン
20 位 イチゴ 2,120トン 1.4 % 15万1,800トン


なかなかでしょ

a0287336_19232678.jpg


ほとんどのお店は、果物の直売、収穫体験までなのですが、調べると一軒だけ、フルーツパーラがあることに気がついたのです

a0287336_19314067.jpg


ということで
おやつターイムw


つづく

by maryrequiem | 2016-11-11 14:09 | 福島県 | Comments(0)

福島県に癒やされよう 3日目 その3~茶室 麟閣 そして喜多方市へ

a0287336_235308.jpg


a0287336_2322540.jpg


景色を十分堪能したので、そろそろおりますか

a0287336_23222086.jpg


a0287336_23374595.jpg


a0287336_23381113.jpg


広いお土産コーナーが
やっぱお城の入場料だけでは運営は難しい
こういう物販を頑張って初めて運営に軌道に乗りますよね

a0287336_23383095.jpg


あかべぇ

かわいいねぇw

a0287336_23394921.jpg


薄桜鬼って、そういや新撰組がモデルだっけ
会津としっかりコラボしてんだね

a0287336_2341457.jpg


元祖赤べこもいいけど

a0287336_23434093.jpg


この、にぎにぎボイス赤べこが絶妙なデザインだわw
かなり好きですw

a0287336_23431625.jpg


a0287336_23475415.jpg


a0287336_23482863.jpg


NHK大河ドラマ 八重の桜で綾瀬はるかさんとかが実際に使用した衣装が展示してますね

a0287336_23492351.jpg


まぁTV見ないんでみてましぇーんwww

a0287336_2351217.jpg


a0287336_23512794.jpg


んじゃ
茶室 麟閣のほうに

a0287336_1222742.jpg


別メニューだけどお茶とお菓子が中で食べれるのね

a0287336_1223124.jpg


a0287336_12241474.jpg


a0287336_12252330.jpg


今年は秋が感じられなかった影響か、紅葉が全然進んでないですね
今頃見頃になってるのかなぁ?

a0287336_12255590.jpg


会津藩主蒲生氏郷の茶道の恩師千利休が自害したのち、氏郷がその子千少庵を会津に招き、茶道振興のため滞在させていたときに建てた茶室。
明治7年に若松城解体の際、石州流怡渓派森川善兵衛が政府に願い出て自宅に移築し、保存されていましたが、平成2年に、元の場所である鶴ヶ城内に移築復元されました。

a0287336_12264864.jpg


a0287336_1227510.jpg


ここが茶室のようですね
趣のある茅葺屋根の小さな一戸建て
つーか、
ここでお茶飲めるんじゃないんかいwwww
余裕の立入禁止でしたw

a0287336_12442521.jpg


立入禁止にしても老朽化の修繕でお金もかかるでしょうけど
立ち入りさせてお茶飲ませたらもっと痛むのを危惧してるんでしょうかねぇ
わからなくはないんですが、茶室の規模はかなり微妙
小さな庭園がある程度
正直、これで200円はどうかと思うかな

a0287336_12454078.jpg


入館料高くする代わりに、庭園をもうちょっと整備して、茶室でお茶させてくれたほうが結果的に収益が上がりそうな気がするんだよなぁ

a0287336_12455322.jpg


a0287336_12495866.jpg


a0287336_12503064.jpg


敷地の大半は、このように芝を敷いてるだけ
ゴルフパットの練習したくなりそうな雰囲気が、せっかくの観光資源をがっかり感のある場所にしてしまってると思うのです

a0287336_12504812.jpg


a0287336_12521736.jpg


お茶スペースはこれだからなぁ
木造ってかほとんどプレハブ小屋じゃない?
景観に全くあってない
ここから茶室を眺めながらお茶しましょうってことなんでしょうけど、雰囲気をもっと寄せるか、思い切ってぜんぜん違う建物にして洗練させたほうがいい
若しくは、茶室自体を開放
どうでしょうか?

a0287336_12523843.jpg


a0287336_12545817.jpg


鶴ヶ城の敷地面積ははんぱないのに、隅っこのほうでひっそりとあるだけなのが勿体無い
利用法を再検討してほしいです

a0287336_1255303.jpg


a0287336_1257397.jpg


a0287336_12574614.jpg


鶴ヶ城のベストショットはこれかなぁ

a0287336_12581024.jpg


紅葉が全然深まってなかったんで、この場所からの写真だけなんとか真っ赤な紅葉とのコラボができた

a0287336_12584028.jpg


a0287336_12593396.jpg


鶴ヶ城
なかなか良かったですね
ただ、改善点はあると思います
予算もあるでしょうし、簡単ではないでしょうが、是非ご検討ください

a0287336_13351328.jpg


会津若松市は、前回の福島旅行で有名な観光名所はほぼ網羅して、残りは鶴ヶ城ぐらいでした
なのでもう思い残すこと無く、次の目的地へ移動します

a0287336_13374697.jpg


更に北へ
喜多方市へ向かいます

a0287336_13391196.jpg


会津縦貫道なる道を走ってますが、これ一車線だけど高速道路かと思いきや、現在無料で利用できるんですね~
便利だわー

a0287336_13401456.jpg


一車線なので、追い越しは出来ないし、降り口以外でルート変更できませんが、なんてったって信号機が一切存在しないのは大きい
車の移動時間って、速度低下でのロスより、信号で停車する時間のほうが圧倒的に時間がかかります
多少流れが悪くても、下道でちまちま信号で停車するより、こういう道をマイペースに走ったほうが早く到着するなんて珍しい話じゃないですね
当然、アクセル開度も一定なので、燃費含め車を傷めませんので一石二鳥

a0287336_13413480.jpg


a0287336_13492840.jpg


まわり畑ばかりで見晴らしいいねー
オープンで走ると開放感がはんぱないです

a0287336_13561048.jpg


a0287336_1424282.jpg


a0287336_144547.jpg


喜多方市に入りました
喜多方市に来るといえば、私が何しにここに来たかなんて、もうわかりますよね?w
はい
昼食でーすw


つづく

by maryrequiem | 2016-11-11 00:01 | 福島県 | Comments(0)

福島県に癒やされよう 3日目 その2~会津 鶴ヶ城

新ネタが貯まってきたので、アップを巻きでしていきます
新シリーズ開始まで、1日2つアップ出来るよう頑張りますw


a0287336_2153790.jpg


a0287336_21541814.jpg


大内ダムを見てたら、ちょうど大内宿が遠くに見えた

a0287336_21535512.jpg


後ろ髪を引かれつつ、北へ向かいます

a0287336_21552196.jpg


向かうは、会津若松市

a0287336_21555598.jpg


本当は、最終日である3日目に、昨日の夕方うかがったCAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ)にだけ立ち寄って、そのまま東京へ帰るつもりだったんです
ですが、昨日ちょっとだけ出来た時間に無理矢理スケジュールして行ってきちゃいました
というのも

a0287336_21575466.jpg


ここまで来たら、まだ行ったことがない福島県の主要都市を出来るだけ回ろう(`・ω・´)

急にそんな考えが浮かんだんです
会津若松市は、前回の福島旅行で主要な観光名所は、ほぼほぼ回ったんですけど
1箇所、時間の関係で外観しか見れなかったところがあったので、そこにまず行ってみます

a0287336_2204365.jpg


駐車場までもうすぐ

a0287336_2263129.jpg


とうちゃく

a0287336_227845.jpg


前回、来るだけ来て外観をさらっとしか見れなかった場所

a0287336_227379.jpg


a0287336_2282220.jpg


会津 鶴ヶ城です

a0287336_2285253.jpg


地元では鶴ヶ城(つるがじょう)と言うが、同名の城が他にあるため、地元以外では会津若松城と呼ばれることが多い。
文献では旧称である黒川城(くろかわじょう)、または単に会津城とされることもある。
国の史跡としては、若松城跡(わかまつじょうあと)の名称で指定されている。

a0287336_2210297.jpg


見てください、この堂々とした城構え
立派なものです

a0287336_2211204.jpg


a0287336_22125683.jpg


なんじゃこりゃwww

お城ボくん

a0287336_22133122.jpg


デザインは、タイムボカンシリーズで総監督を務めたタツノコプロの顧問になった笹川ひろしさん
つーかキャラデザまでやるのか

a0287336_22245929.jpg


さーて
今日は中も見ちゃうぞー

a0287336_2229749.jpg


天守閣のみ410円ですが、茶室麟閣なるところとセットで510円
100円お得らしい
しかも、すぐ近くにあるそうなので、この価格差なら両方行っちゃおう

a0287336_22331532.jpg


a0287336_22334023.jpg


チケット売り場で事前に確認して納得の上ですが、
歴史的資料のある1階と2階は全面写真撮影禁止になります

a0287336_22335498.jpg


第二次世界大戦後、戦後の財政非常事態解決策の一環として、本丸内で競輪場が設置されていたこともあるが1957年(昭和32年)には城外に移転された。
本丸は1960年(昭和35年)までには現在の形状に復旧された。
現在の天守は1965年(昭和40年)に鉄筋コンクリート造により外観復興再建されたもので、内部は「若松城天守閣郷土博物館」として公開されている。

a0287336_22352560.jpg


1990年(平成2年)に茶室「麟閣」(福島県指定重要文化財)が本丸の元の場所に移築復元され、1993年(平成5年)に外濠跡等の外郭遺構の一部が国の史跡に追加指定された。
1997年(平成9年)に史跡内の駐車場や運動施設等を史跡外へ移転する内容等を含む長期的、総合的な「史跡若松城跡総合整備計画」が策定された。

a0287336_22373267.jpg


2001年(平成13年)に本丸内の干飯櫓(ほしいやぐら)と南走長屋が復元された。
2010年(平成22年)から、黒瓦だった天守の屋根瓦を明治時代に解体される以前の赤瓦葺に復元する工事が行われ2011年(平成23年)3月に竣工した(3月の初めには覆いが外され、11日の東日本大震災後の27日にリニューアルオープン)。また、本丸の御三階櫓も併せて復元される予定である。

a0287336_2238697.jpg


写真撮影禁止の1階2階は通過のみで2分で終了www
3階からの写真になります
ここからは、ストロボ撮影、三脚使用は禁止ですが、写真撮影自体はOKです

a0287336_22382718.jpg


a0287336_22392222.jpg


a0287336_22401244.jpg


とは言うものの
こういうものにあまり興味のない私w
写真は少なめかなぁw

a0287336_22403071.jpg


なにげにお客さんが多い
そして皆さん真剣に見入ってますね
私との温度差はんぱないw

a0287336_22455455.jpg


a0287336_22462491.jpg


a0287336_224817.jpg


a0287336_22482185.jpg


まぁ私は、

a0287336_22483850.jpg


天守閣最上階の展望室に来たかっただけとも言いますw

a0287336_22485323.jpg


あ、ちなみに私、高所恐怖症でーすwww

a0287336_22494613.jpg


しっかりした土台から俯瞰視点で見るぶんには、まったく問題ないですけどね
360度、会津若松市を一望

a0287336_22502633.jpg


a0287336_22513781.jpg


a0287336_2252627.jpg


今日も快晴
日頃の行いに感謝


つづく

by maryrequiem | 2016-11-10 16:18 | 福島県 | Comments(0)

福島県に癒やされよう 3日目 その1~本家 扇屋 朝食と朝の大内宿

a0287336_21124123.jpg


3日目 最終日の朝を迎えました
普段は、慣れない場所だとなかなか寝付けない私ですが、登山の疲れにお腹いっぱい食べて爆睡出来たようですw
っても5時間ぐらいかなw

a0287336_21144992.jpg


既に日が昇ってました
朝食前に大内宿を散歩

a0287336_21142565.jpg


まだ観光客が来てないので全然人が居ない
景観を存分に楽しみます

a0287336_21155422.jpg


山間にあるからか、霧がかってて、これはこれで趣がありますね

a0287336_21165762.jpg


山の上から見たら雲海みたいに見えるのかな

a0287336_21174346.jpg


a0287336_21183083.jpg


っと
朝食の時間だ
散歩の続きはあとでしよう

a0287336_21191231.jpg


a0287336_2118534.jpg


a0287336_21195288.jpg


a0287336_21201432.jpg


朝食の内容は、夕食のときと同じでまったく同じメニューなので、前回の福島旅行のときのを貼るのでそちらを見てくださいw

本家扇家 朝食~本当の福島をこの目で確かめに 2日目 その3

a0287336_21212890.jpg


朝食も必要十分な量
つーか、ごはんはおかわりしほうだいなのでてんこ盛り3杯食べましたwww
新米最高!

a0287336_21224563.jpg


a0287336_212413.jpg


あー朝から満腹満腹w

a0287336_2125592.jpg


a0287336_21263475.jpg


あまりゆっくりもしてられないけど、残り僅かな時間、大内宿をもうちょっとだけ散歩

a0287336_2127848.jpg


a0287336_212843.jpg


ちょうど開店準備を始めるお店がちらほら
少しずつ観光客がちらほら

a0287336_21281814.jpg


a0287336_21293178.jpg


a0287336_21295645.jpg


a0287336_2130232.jpg


私は北海道出身で、歴史の浅い地域なので、こういう趣のある建物が密集する田舎風景というのは見たことがないです
なので、懐かしいという気持ちにはなりませんが、なんかこう見入りますよね

a0287336_21303974.jpg


本州が地元の方なら、きっと昔をなつかしめるんだろうなぁ
私には、映画やアニメでしか見たことのない風景です

a0287336_21334721.jpg


a0287336_213481.jpg


a0287336_21342590.jpg


a0287336_21344175.jpg


a0287336_21355776.jpg


a0287336_21362183.jpg


a0287336_21363532.jpg


a0287336_21364899.jpg


a0287336_2137567.jpg


a0287336_21372085.jpg


a0287336_21374858.jpg


a0287336_2138797.jpg


a0287336_21382146.jpg


a0287336_21383856.jpg


さて
そろそろ出発するかぁ

a0287336_21385248.jpg


扇屋さんは、朝食の片付けを手早く済ませ、隣の売店の準備に大忙し

a0287336_21392683.jpg


a0287336_21402451.jpg


まだ2回宿泊しただけなのに、なんだろう
子供の頃、田舎のおばあちゃんちに泊まって、次の日に帰るのが嫌だった、あの感覚に陥る

a0287336_21411656.jpg


なんのことないごく当たり前の宿泊のはずなのに
この場所がそうさせるのか
温かいお母さんの人柄なのか
それら全てなのか
濃密な時間を過ごせてるからなんだろうと思います
普段、仕事のことを考えたり、あくせく生きてる自分
そういうもの全てを忘れさせてくれ、心からリラックスできる場所
ここはそういう場所なんだろうなぁ

a0287336_2142393.jpg


昨晩は楽しく談笑した名も知らない宿泊客の方々そして女将さんに挨拶をして、1番にここを出発します
見送るより見送られる方が気が楽なので

a0287336_21461230.jpg


女将さんに「また来ます」とだけ

えぇ
約束です


つづく

by maryrequiem | 2016-11-10 00:01 | 福島県 | Comments(0)

本家 扇屋 大内宿(福島県南会津郡下郷町)/会津郷土料理 再訪~福島県に癒やされよう 2日目 9

a0287336_1993030.jpg


それでは本日の宿へ向かいます

a0287336_19102710.jpg


向かう場所は、そう大内宿です
前回の福島県旅行の時も宿泊しました、大内宿の本家 扇屋さんへ

a0287336_1911840.jpg


a0287336_19123961.jpg


扇屋の名物女将さんにまた会いたくなりまして
まったくの他人なんですが、ほんと温かいんですよ。人柄が
実家に帰るかの如く、大内宿へ

a0287336_1913681.jpg


チェックインの時間は、最低でも夕食の時間までに来て欲しいとの約束
なんとか1時間前に来れました
燧ヶ岳登山のスケジュールに余裕がなかったのは、まさにこのチェックインの時間の制限があったため
がくがくだった膝のまま、尾瀬ヶ原方面を回るのは時間的に無理だと判断せざるを得なかった
扇屋さんの宿泊を考えなければ、最悪の場合、ヘッドランプ使用で尾瀬ヶ原方面を巡ることも考えたのですが・・
でもやっぱ

きいこばあやに会いたい(`・ω・´)

ということで、計画を大幅に変更したのです

a0287336_1915092.jpg


この日は、以前宿泊した蔵の部屋ではなく、新しい方のはなれの部屋へ案内されました

a0287336_19212156.jpg


なんでも、この日は平日にも関わらず、私を含めて宿泊客が12人と大盛況
賑わってる話を聞くと、やっぱ嬉しいですよね
それでなくても風評被害で苦しんでるので

a0287336_19221715.jpg


ちなみにこちらは民宿です
なので、壁は薄いですし歴史のある建物のため建物はかなり古いです
ですが、手入れは物凄く丁寧にされてて、とても清潔で、田舎のおばあちゃんちに来た感覚
居心地は文句なしです

a0287336_19243375.jpg


登山の疲れもあり、部屋でまったり
程なくして夕食の時間に

a0287336_19264338.jpg


うはー
さすがに12人も宿泊客が居ると席数が多いねw
前回来たときは5人ぐらいだったかなw

a0287336_19274959.jpg


見てください、この年季の入った床板
毎日丁寧に掃除されてるから、サラっとしてるけど磨かれてツヤツヤです

a0287336_19292048.jpg


さて
夕食のおかずが次々と運ばれてきます
って

a0287336_19303946.jpg


a0287336_19311755.jpg


前回、宿泊時とまったく同じメニューだw
なるほどなぁ
いえね、
本家 扇屋さんって、有名観光地の大内宿にありますが、宿泊料金がくっそ安いんですよ
1泊2食つきで7,500円
どっかの上高地のくっそ割高な宿とは大違いwwww
あっちは、1泊2食つきで19,000円という超絶ぼったくり価格でした
扇屋さんの2.5倍の価格で驚くほどクオリティの低いオ・モ・テ・ナ・シを受けます。ご注意ください

a0287336_19314386.jpg


そういう意味では、前回とまったく同じというこのメニュー内容は、コストダウンに一役買ってると思えば納得せざるを得ない
とはいってもですよ?
驚くほど品数が多く、しかもめっちゃ美味しいので、まったく問題なし

a0287336_19374790.jpg


料理についての詳しい説明は、前回の扇屋さんでのレビューを参照してください

本家 扇屋 大内宿(福島県南会津郡下郷町)/会津郷土料理~本当の福島をこの目で確かめに その16

まったく同じなので、同じ感想しかでませんのでw

a0287336_1939672.jpg


a0287336_1941936.jpg


a0287336_19412080.jpg


やっと全員そろったー
いたーだきます

a0287336_19415337.jpg


a0287336_19421666.jpg


ごはんもめっちゃ美味しいんですよね~
しかも新米でした

a0287336_19422983.jpg


こんなに山盛りにwwww
おかわりしたのは言うまでもないwww

a0287336_1943433.jpg


今回は飲むぞー

a0287336_19432736.jpg


中ジョッキ 550円
一汗かいた後のビールは最高!

a0287336_19441335.jpg


a0287336_19453825.jpg


最初はよそよそしく食べてましたが、皆さんお酒が入ってくるとだんだんと打ち解けて、気がつくと会話に花が咲き始めます

a0287336_19455085.jpg


都内から定年後、同じ職場の仲間の集まりの男性5人組
関西から来られた中年のご夫婦
足の不自由なおばあちゃんと娘さんペア
おばあちゃんとご旅行中のお孫さんのペア
そしてソロの私w
たまたま隣だった定年組の1人が偶然にも登山好きで特に盛り上がりました

a0287336_19465819.jpg


ここで冷酒を追加 700円

a0287336_1951856.jpg


福島県会津若松市にある老舗酒造 末廣酒造末廣 生酒 300ml

a0287336_19514361.jpg


うんめー
フルーティーな香りで甘味旨味十分
日本酒入門編にいい感じ

a0287336_19551642.jpg


a0287336_19591711.jpg


他の宿泊客の方々は、

(;´∀`)美味しいんですが、おかずが多すぎます

と言ってましたが、
私もたしかに多いと感じますけど、本当に美味しいので箸が止まらないのよねーw
余計な味付けをしない、素材の味を活かした薄味で余裕で食べれちゃいます

a0287336_19592918.jpg


あと私、
お酒が入ると狂ったように食欲がわきます
なんか麻痺しちゃうのか、満腹のはずなのにいくらでも入る感じw

a0287336_2021996.jpg


a0287336_2032439.jpg


馬肉うんまー

a0287336_203361.jpg


脂が乗ってるから頭から中骨小骨尻尾まで美味しく食べられるお魚

a0287336_2035655.jpg


全部食べ終わってからさらに追い打ちをかける蕎麦w
蕎麦があとから届くと他の方々から驚きの悲鳴がwww

a0287336_2044483.jpg


足りないより多いほうが私は好きなので、最高の晩餐です

a0287336_2054678.jpg


他の方が「升酒めっちゃ美味しかった」と言ってたので

a0287336_2062875.jpg


升酒を追加
けど、量が足りなかったw

a0287336_2072098.jpg


あーこっちは深みとコクが更に増した感じ
たしかに美味しいですね

a0287336_2075458.jpg


食べ終わった後もみんなで談笑
世間話から、名物女将の自慢話w
楽しい宴は延々と続きます

a0287336_208312.jpg


その後、みんなで夜の大内宿を散歩

a0287336_2094897.jpg


地元意識が強く、変えない、売らないを頑なに守る大内宿は、本当に素敵な場所ですね

a0287336_20102050.jpg


a0287336_2011471.jpg


さすがに夜は冷えました
ぐるっとひと回りしてそろそろ解散
楽しい時間というのは、本当に経つのが早い

a0287336_20123447.jpg


夕食の後片付けで忙しい中、笑顔で写真を取らせてくれる「きいこばあや」こと浅沼喜恵子さん

a0287336_20132995.jpg


私の母とは全然似てないのですが、本当のお母さんのような温かい方
やはり会いに来てよかった

a0287336_20143169.jpg


前回は、採点システムを導入前だったのであらためて


本家 扇屋さんの評価(宿泊、食事含め)   ★★★★★★(゚∀゚≡゚∀゚)


当然のように殿堂入りの☆6です

古い建物ですが、そこは大内宿 古いことに価値があります
古いですが、設備投資はしっかりやってますし、掃除も徹底されてて居心地も良し
食事は、何時行っても同じものが出てくるようですが、そのどれもがクオリティーが高く、品揃えは宿泊客が悲鳴を上げるほどの種類の多さと量

そして、女将さんの人柄から生まれる人の和
本人もお話し好きなのがよくわかる方で、固くなってる宿泊客同士を巻き込んでいつのまにかワイワイと語り合える関係を築いてくれる
長年、大内宿で宿を営んで培ってきた技術もあるでしょうが、やはり女将さんのその可愛さが大きいんだと思います

更に、その驚きの宿泊代の安さ
これだけ充実した内容で宿泊費が7,500円とかどんだけ人がいいんですかと心配になるレベル
まだ紹介してませんが朝食もありますからね?

やはり、福島県旅行では、もう欠かすことの出来ない場所になりそうです
来年の大宴会で来れたら、またお母さんに会いに来たいな


つづく

by maryrequiem | 2016-11-09 00:01 | 福島県 | Comments(0)

CAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ) 福島県南会津郡/リノベーションカフェ~福島県に癒やされよう 2日目 8

それでは休憩です

場所は、福島県南会津郡南会津町田島上町甲4004

a0287336_22275816.jpg


南会津町市街 国道121号線沿いですね



関連ランキング:カフェ | 会津田島駅



a0287336_22305522.jpg


CAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ)さんです

a0287336_22311192.jpg


以前の福島旅行のとき、行く予定だったんですが時間の都合で行けなかったお店
念願叶ってこれました

a0287336_22315862.jpg


実は、ニコ生友達のRigさんもこちらの店主とお知り合い
まぁそれは前回の福島旅行のあとで知ったことでしたが

a0287336_2233038.jpg


店舗向かって右側に駐車場完備

a0287336_22354232.jpg


OPEN 11:00-20:00 (19:00L.O.)
日曜と祝日は18:00CLOSE (17:00L.O.)
月曜定休 (祝日の場合は営業。翌日振替休)

a0287336_223621100.jpg


元は庄屋?お店?倉庫?な感じの外観と打って変わって店内はとても洗練されてます

a0287336_2236441.jpg


かなり広い店内
天井も高く席間も広いので開放感あり
席数はトータル20席ぐらい?

a0287336_22405173.jpg


ここに到着したのが17時すぎぐらい
さすがに夕食時間が近いから重いものは食べられませんw

a0287336_22462347.jpg


エスプレッソが最初に出てくるというのは自信あるんだろうなぁ
しっかりしたエスプレッソマシンがある模様
面白いのは抽出方法が3通りから選択できること
ドリップ、フレンチプレス、エアロプレス
もちろん、コーヒーの好みを伝えることで店主から豆、抽出方法のおすすめの提案を受けることも可能

a0287336_22423197.jpg


コーヒー豆は茨城県を中心に東京、埼玉にも支店を持つサザコーヒーさんの豆を使用してるそうです

a0287336_22434182.jpg


食事はこの後するけど、飲み物だけじゃやっぱ寂しいよねw

a0287336_22554215.jpg


a0287336_22584698.jpg


私が苦味系が好きということで、店主に提案してもらったのがこちら

フレンチロースト フレンチプレス 450円

a0287336_2325316.jpg


あーもろ好み( *‘∀‘ )

普通フレンチプレスだとプレスされたそのままの状態で出されるのが普通
ところがこちらではカップに注いで提供します
猪苗代湖のTARO CAFÉ(タロカフェ)さんもそうでしたが、福島ではプレスといえども一手間かけるのが普通なんだろうか
プレスのコーヒーをカップに注ぐと、どうしても豆のカスが大量にカップに一緒に注がれちゃいますよね
それが、まったく無い
おかげで、プレスでの濃い抽出を実現しつつ上品な後味になってます
これは素晴らしいですね

a0287336_2334864.jpg


a0287336_23113179.jpg


本日のケーキから
レアチーズケーキ 450円

a0287336_2312512.jpg


レアチーズケーキにハズレ無し( *‘∀‘ )

a0287336_23133324.jpg


燧ヶ岳登山の疲れがまだ残ってたんでしょうか
酸味と甘味が身体に染みる~w

a0287336_23143772.jpg


レアチーズのねっとりした食感がほんと好きです
お店で手作りだとか
美味しいです

a0287336_2316254.jpg


コーヒー美味しくて、レアチーズケーキを食べきる前に飲み干しちゃった(´・ω・`)

ちゅーことで

a0287336_23181415.jpg


コーヒーおかわりw
黒板メニューから

エルサルバドル ブルボン種 ハンドドリップ 深煎り
ゴルダ・ナチュラル 500円(おかわりの場合100円引きで400円)

a0287336_23205674.jpg


香りも深みのある甘さも抜群( *‘∀‘ )

さっきよりすっきりした後味
甘い香りとキレのある苦味がつかれた身体に染み渡ります
抽出の腕も文句なし
美味しいです

a0287336_232306.jpg


a0287336_23271687.jpg


a0287336_2336345.jpg


a0287336_23382128.jpg


雑貨も少量ですが置いてました
下の写真の絵がかわいいw

a0287336_23385728.jpg


さてこちらの店主
以前行った大宴会in南会津を主催されてる方なのです
もともと大宴会のことはRigさんに教えてもらったんですよね
で、Rigさんはスタッフとして大宴会に参加して、主催のこちらのマスターと繋がりがあったってことです
まぁ、2人が知り合いだと知るのは結構最近のことですが
大宴会の会場から、このジーママさんが比較的近かったので、行きたいと思って行けなかったので念願叶ってこれたわけです
まさかジーママのマスターがあの大宴会の主催だと知ったのもここ最近のことでしたけどねw

a0287336_23395093.jpg


CAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ)のマスターで大宴会in南会津を主催されてる五十嵐大輔さん

a0287336_23473016.jpg


本当はゆっくりお話をしたかったんですが、この後の宿のチェックインの時間までぎりぎりでした
なので軽い会話ぐらいしかできなかったのが心残りです
Instagramをフォローしてまして、お店には居ませんでしたがワンちゃんが出てくるのが癒やしですw
せっかくなので貼っておきます

CAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ)Twitter>>https://twitter.com/CAFEJI_MAMA

CAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ)facebook>>https://www.facebook.com/cafe.jimama/

CAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ)Instagram>>https://www.instagram.com/cafeji_mama/

a0287336_23542686.jpg


日が暮れてきました
宿に急がないと

a0287336_23543960.jpg


おっと
大宴会のリンクも貼っておきますね

大宴会in南会津Twitter>>https://twitter.com/daienkai_mhc

大宴会in南会津facebook>>https://www.facebook.com/daienkai.minamiaizu/

大宴会in南会津公式HP>>http://daienkai.org/

去年と今年は休みの都合がつかなくて行けませんでしたが、来年こそは!
毎年9月の中旬ごろに行われる、南会津の物産、ワークショップ、フード、アクティビティを主体としたゆるーい音楽フェスです

私、ガチのフェスってあんまり好きじゃないんですよね。音楽聞くだけだから

大宴会in南会津は、カテゴリーは音楽フェスですが、それが主軸ではなく、南会津の素晴らしさをアピールしつつ、ゆったり楽しめる優しい雰囲気が本当に好きです
詳しくは、以前の福島旅行での私のレポを参照くださいw

大宴会in南会津2014

http://kuropagu.exblog.jp/20263092/

http://kuropagu.exblog.jp/20263250/

http://kuropagu.exblog.jp/20273016/

http://kuropagu.exblog.jp/20273265/

http://kuropagu.exblog.jp/20273368/

http://kuropagu.exblog.jp/20279439/

http://kuropagu.exblog.jp/20279526/

a0287336_23551684.jpg



CAFE JI*MAMA (カフェ・ジーママ)さんの評価   ★★★★☆(´∀`)


お店は広いし、古民家改築のリノベーションカフェで店内はとても洗練されてるし、ソファーでゆったり寛げるし
エスプレッソを中心にしたコーヒーのラインナップも、どの要望にも堪えれるだけのバランスの良い品揃え
手作りケーキも美味しいし、何が良いって、丁寧にハンドドリップされたシングルオリジンや、プレスで抽出しつつもカップに注いでえぐ味の無いコーヒーや、そのどれもがとにかく安い
ケーキにコーヒー2杯で1,300円はさすがに笑うしかないです
クオリティ考えたら都内だったら1.5倍は確定、それ以上かも

毎日通いたい、近所に欲しい良店とはまさにこういうお店

来年こそは、大宴会とジーママへの再訪を目標に頑張りますw


つづく

by maryrequiem | 2016-11-08 00:01 | 福島県 | Comments(0)

福島県に癒やされよう 2日目 その7~只見町から大塩天然炭酸水 炭酸場

a0287336_2048473.jpg


尾瀬国立公園を後にして、次なる場所へ移動開始です

a0287336_20483010.jpg


a0287336_20484959.jpg


檜枝岐村って村にしては町が大きい気がする
単純に人口が少なく、ここに密集してるんだろうねぇ

a0287336_20494047.jpg


a0287336_20522542.jpg


さて
このあたりに用はないので、しばらくドライブが続きます

a0287336_20544672.jpg


a0287336_20554284.jpg


a0287336_2056088.jpg


昨日は、ここを右に曲がった国道352号線のほうから来ましたが、寄り道します
そのまま国道401号線を北上していきます

a0287336_20562747.jpg


a0287336_20575476.jpg


剣道の里?

a0287336_20581289.jpg


伊南地区は源頼朝の奥州平定後から、約400年の河原田氏の統治があり文武両道の気風がありました。
親から子へ、子から孫へ伊南地区の歴史と風土の中で息づいた剣士の心は­、今も引き継がれています。

だそうです

a0287336_2059669.jpg


a0287336_20592674.jpg


a0287336_2104219.jpg


a0287336_211371.jpg


お?
晴れ渡ってるのに路面がずぶ濡れ
ちょっと前まで雨降ってたのかな

a0287336_2115092.jpg


ちなみに昨日と今日は、天気予報では雨だったんだよねぇ
ちょっとだけでも雨降ったみたいだから気象庁はガッツポーズしてるのかなw

a0287336_2123617.jpg


a0287336_2175238.jpg


a0287336_2192495.jpg


さて、只見町に入りました

a0287336_21112756.jpg


a0287336_21115771.jpg


以前、大宴会に行ったときに食べた、味付マトンケバブcafeの店舗がここ只見町にあるので来てみたんですが

a0287336_21132984.jpg


このシャッターおりた建物の左側にヤマザキショップがありまして、そこの2階に店舗があるようなのですが
到着してから調べたら、火曜日が定休日だったと言うwwww
せっかく来たのにそりゃないぜwww

a0287336_21145962.jpg


a0287336_21171615.jpg


この高架線路
草がぼーぼー生えてるから廃線かと思いきやばりばり現役のようですw
只見線っていうのね

a0287336_21241935.jpg


なにげに絵になる風景があちらこちらにありますね
左端のユンボが写ってなかったら文句なしだったかなぁw

a0287336_21254664.jpg


a0287336_21275486.jpg


金山町大塩に来ました
昨日、Rigさんから面白いスポットを聞いてたんですよね

a0287336_21281891.jpg


案内板がありますね

a0287336_21292688.jpg


a0287336_21301897.jpg


大塩天然炭酸水 炭酸場です

a0287336_21303633.jpg


よーするに
この場所で天然の炭酸水が汲めてしかも飲めるらしいのです
保存会まで発足しててこの場所を維持管理してるようですね

a0287336_21322360.jpg


ここか

a0287336_21342322.jpg


もう一箇所、天然炭酸水が出る場所が近くにあるのね

a0287336_21344612.jpg


コップが用意されてます
気になる人は自前を準備
フマキラーが置いてあるのがちょっとおもしろいw

a0287336_21352626.jpg


なるほど
井戸になってるのね

a0287336_21362452.jpg


このやかんを井戸に落として組み上げるということのようです
早速汲み上げます

a0287336_21365888.jpg


コップは用意されてるものを使いました

a0287336_21374868.jpg


ん~
見た感じはただの水にしか見えない
別にしゅわしゅわしてないですね

a0287336_21382239.jpg


けど、飲んでみたら間違いなく炭酸水だわこれw
口の中に入れて初めて炭酸のしゅわしゅわを感じます
水に完全に溶け込んでるから見た目が普通なんだろうか
結構、強烈に炭酸水ですね
市販されてるものとまったく遜色のないクオリティだと思います

a0287336_2138576.jpg


それもそのはず
明治時代に一度、商品化され「芸者印タンサン・ミネラルウォーター」としてドイツを始めヨーロッパに輸出
国内では「万才炭酸水」という名で大使館や宮内省などにも納められていたらしいです

a0287336_21403896.jpg


すぐとなりに歴史館の案内が

a0287336_21414756.jpg


一度はコストの関係で製造中止してたらしいですが、100年たった現在、この天然炭酸水は販売を再開してるんですね

a0287336_21422182.jpg


ただ、歴史館といっても6畳ほどの部屋でモニターでビデオ流してるだけで特に何もなかった
冷えた天然炭酸水を飲んですぐ出ました

a0287336_21452953.jpg


a0287336_21464187.jpg


うーん
保存目的だから、これでいいのかもしれませんが
これ、もっと観光で活かせないんでしょうかね
個人的には勿体無い気がします
ただ井戸があって水飲めるだけといえばそれまでですが、販売するにしてももうちょっと宣伝できると良い気がしました

a0287336_2149231.jpg


a0287336_21491755.jpg


よし
満足しました
また一気に移動します

a0287336_21501954.jpg


国道252号線から国道400号線に入って南会津町を目指します

a0287336_2151958.jpg


a0287336_21521993.jpg


しかし
国道といいつつ、小さな町を通過する程度で信号機がまったくないからすいすい
一定の速度でずっと走れるから燃費にも良さそうですw

a0287336_21524150.jpg


a0287336_21535726.jpg


a0287336_21541340.jpg


こんな細い峠道でも国道のようです

a0287336_21542881.jpg


a0287336_2155119.jpg


つーことで
無事に南会津町に入りました
どうしても立ち寄りたかったお店があったんですよねー


つづく

by maryrequiem | 2016-11-07 00:01 | 福島県 | Comments(0)