WAKANUI GRILL DINING ■ BAR ■ TOKYO 港区芝公園/ニュージーランド料理専門店

a0287336_1833387.jpg


この日は、東京タワー近辺で仕事明け
このあたりは、増上寺もあって観光客(特に外国人観光客)がたくさん訪れる場所
逆に、都内に住んでる人からすると、プライベートで立ち寄ることはまず無いんじゃないでしょうか?
この近辺に住んでる人(高級な場所柄なので、それなりに収入のある人向けだと思いますが・・)を除くと、近隣で働いてる人にしかほぼ用がない地域な気がします

私は、ブログネタ探しにたまーに来たことがある程度
この近辺だとpizzeria da peppe NAPOLISTA'CA''(ナポリスタカ)さんやCafe-Bar Blue Baobab (カフェバー ブルー バオバブ)さんに行きましたか

で、夜は初めて来たかな?
肉食べたいなーと検索

場所は、東京都港区芝公園3-4-30 32芝公園ビル 10F



a0287336_1894435.jpg


東京タワーの横の芝公園ビルという建物の中のようですが
お店がある雰囲気まったく無し
本当にここでいいのか?と疑いたくなるレベル

a0287336_1810167.jpg


ぽつんと看板が出てる
とりあえずここで間違い無さそう

a0287336_18163116.jpg


a0287336_18172299.jpg


完全にオフィスビルな雰囲気
エレベーターに乗って10階へ

a0287336_18173542.jpg


WAKANUI GRILL DINING ■ BAR ■ TOKYO(ワカヌイ グリル ダイニング バー 東京)さんです

a0287336_1818309.jpg


地味ーなビル外観から一変
店内は、とても綺羅びやか

a0287336_18201743.jpg


東京タワーを眺めながら寛げるテーブル席を中心に、大小様々な席が多数配置

ダイニング ゾーン:82席
インドア テラス ゾーン:20席
バー ゾーン:32席

a0287336_18205964.jpg


ニュージーランド料理専門店だけあって、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)やクルセイダーズ(ニュージーランドはイギリス連邦加盟国)のジャージなんかが展示

a0287336_18221721.jpg


そして、このゴージャスなテラス席

a0287336_18261810.jpg


東京タワーを一望

a0287336_1827551.jpg


せっかくなので、東京タワーを一望できる席にと思ったんですが、奥のバースペースに案内されました
どちらでも良いですとは言われたのですが、なんとなく空気を読んで、奥のバースペースへ

a0287336_18273448.jpg


ダイニングバーだけに、飲み物の種類は充実
ビール、カクテル、ウイスキー、バーボン、ブランデーとお酒で困ることはまず無さそうです

a0287336_18295021.jpg


ワインリストも圧巻のラインナップ

a0287336_18321680.jpg


ニュージーランドはワインの名産地でもあり、多くのワイナリーが存在します
厳選した品をセレクト
ほぼボトルのみですが、グラスで提供してる品もありますね

a0287336_1834083.jpg


食事メニューは、種類の多さはそこそこかな
前菜の種類が多く、ついで肉
前菜料理が多いところとかは、女性客には嬉しい配慮

a0287336_18383645.jpg


せっかくニュージーランド料理だし、ここは

スタインラガーニュージーランド 750円(税別)

a0287336_18413616.jpg


おつかれさまでした~w


案外クセが無くて、甘く飲みやすい
美味しいです

a0287336_18425148.jpg


a0287336_1846671.jpg


店員さん曰く、このお店1番のおすすめはこれ!とのことで

ワカヌイ スプリングラム ラムチョップ 420円×2 840円(税別)

a0287336_18465622.jpg


a0287336_18485599.jpg


これは美味しい( *‘∀‘)

a0287336_18491494.jpg


北海道出身の私はジンギスカンが大好物
このラムチョップ、お店の方が1番のおすすめと言うだけのことありますね
肉質がとても良く、クセがまったく無い
表面はこんがり、中はジューシー
火入れ完璧
塩コショウ加減も抜群で、肉の旨味を存分に堪能

a0287336_18505795.jpg


a0287336_18541643.jpg


ニュージーランド産 活グリーンマッセルの香草白ワイン蒸し 

本来は2,200円ですがハーフで対応してもらえたので1,100円(税別)

a0287336_18542982.jpg


貝が本当に緑色
よーするにムール貝ですね
緑ムール貝は、ニュージーランドが独自に品種改良して生まれたものらしいです

a0287336_18571271.jpg


うんうん
おいしいです

a0287336_18593415.jpg


a0287336_190119.jpg


香草は、カルダモン、レモングラスかな
なにげにガーリックが効いてます

a0287336_1901242.jpg


白ワインでしっかり蒸してるおかげか、生臭さ一切なし
ぷりっぷりの実とにんにくの効いたパンチのあるスープが最高です

a0287336_1911639.jpg


店員さんに、「スープをバゲットで食べるのもおすすめです」と言われたので追加

バゲット 350円(税別)

a0287336_1924459.jpg


ん~
美味しいけど、バゲットに漬けるにはちょっと味が濃い目かなー
ある程度お酒が入ってからならおすすめかもです

a0287336_1934325.jpg


a0287336_1944620.jpg


WAKANUI スプリングラム グリル ハーフラック 2,500円(税別)

a0287336_1954144.jpg


グリル料理は備長炭使用

a0287336_1971045.jpg


a0287336_1974350.jpg


肉は、ラムチョップと同じですが、製法が違うということで

a0287336_1975916.jpg


a0287336_1985060.jpg


薬味も用意

a0287336_199262.jpg


a0287336_1994947.jpg


添えられてたたまねぎ(?)
私、ネギ系あんまり好きじゃないんですよねw
しっかり火が通って中はとろとろ

a0287336_1995936.jpg


a0287336_1911679.jpg


スプリングラムのグリル、おいしいです
ラムチョップはガツン系ですが、グリルは上品系
同じ肉でも、焼き方が違うだけでこうも違いが出るのかと

a0287336_19111653.jpg


お酒中心ならラムチョップ
食事中心ならスプリングラムグリルかなーと
肉の旨味を純粋に楽しむならグリルが1番だと思います
さっぱりして、ジューシーな肉質が最高ですね

a0287336_19122187.jpg


席数がすごいので満席にはなりませんでしたが、お客さんは次々来て活気がありました
かなりの人気店のようです

a0287336_19134756.jpg


かなり食べましたが、トータルで5,980円(税込)
想像以上に安かった

a0287336_1914472.jpg



WAKANUI GRILL DINING ■ BAR ■ TOKYO(ワカヌイ グリル ダイニング バー 東京)さんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


東京タワーのとなりの芝公園ビルの10階にある、ニュージーランド料理専門店
ビルの外観はとても地味で普通のオフィスビルの様相
ですが、店内に足を踏み入れると一変
東京タワーを眺めながら寛げる素敵なテーブル席を中心に、個室からバースペース、眺望抜群のテラス席まで完備して席総数は100席以上という大箱
内装はラグジュアリーで、細部に渡るまで一切の手抜きなし
間接照明を多用したムードのある空間です
ワカヌイ スプリングラム ラムチョップ、ニュージーランド産 活グリーンマッセルの香草白ワイン蒸し、WAKANUI スプリングラム グリル、スタインラガー ニュージーランド、バゲットを注文
お店の方が1番にオススメしたラムチョップは、肉肉しいガツン系
ガツン系ですが、肉の風味を損なわない絶妙な塩コショウ加減でお酒が進みます
グリーンマッセルは緑ムール貝のことで、ニュージーランド原産
実がプリップリで香草の爽やかな香りとガーリックの効いたパンチの有るソースでやはりお酒が進みますw
スプリングラムのグリルは、ラムチョップと同じ肉を使用
備長炭使用で抜群の火入れで、ラムチョップがガツン系ならグリルは上品系
肉の旨味を堪能するならグリルのほうが上ですね
ビールのお供ならラムチョップ、ワインのお供ならグリルかなーと感じました
肉の処理、熟成が完璧なので、肉の臭みとか一切なく、旨味だけを存分に堪能できます
そして、こちらの店員さん方の接客も見事
距離感が丁度良く、こちらの質問にも的確かつ簡潔に答え、飲み物や料理の提案力も完璧
これだけ食べてトータルで5,980円(税込)というのも特筆
なにげにサービス料がかかってないし、場所的に地代も高そうなのに、とてもリーズナブルだと思います
高級感溢れる雰囲気は、普段使いだけに留まらず、特別な日にも間違いのない選択になるでしょう


おしまい

by maryrequiem | 2017-11-14 19:33 | 港区 | Comments(0)