台湾へ行きタイワーン 1日目 7~西門紅楼

a0287336_192185.jpg


人の流れに合わせて歩いてたら、どうやら西に向かってるようだ
とりあえず、行けるところまで行ってみよう

a0287336_195093.jpg


おお
なんか、大きな通りに拓けた場所に出たな

a0287336_1952044.jpg


a0287336_196231.jpg


独立か~
デリケートな話だから、何とも言えないけど、実際、どれだけの人が望んでるんだろう

a0287336_1963378.jpg


そうそう
このNETってアパレルメーカー
台北市内の至る所にあったなー
台湾のファストファッションブランドかな?

a0287336_1983758.jpg


良く分からないけど、人が集まって取り囲んでた女性2人
なんとなく撮影w

a0287336_19112856.jpg


おお
ここ、後で来ようと思ってた場所だった!
人の流れにあわせて適当に歩いてたら来ちゃったw


西門紅楼です

a0287336_19123573.jpg


地図を見たらわかりますが、
MRT(地下鉄)のの路線
西門站が、もろこの場所なんですね
台北駅から地下鉄で1本 20台湾ドル(80円)
歩いても15分前後ですね
この程度なら、時間が許すなら歩きましょうw



外観は、煉瓦作りだし、この照明とかもモダンでいいね!

a0287336_19143155.jpg


西門紅楼(せいもんこうろう、さいもんこうろう、しーめんほんろう)は台北市西門町に建つ赤レンガ造の建築物。
公式にはこの八角形の2階建ての建物を入り口とし、その背後に十字型の平屋の本体(ギャラリーをもった吹き抜けになっている)がコンバインした建築物および周辺広場で構成される一帯を包括して西門紅楼としている。
日本による台湾統治の時代に近藤十郎の設計で建設された。
文脈上、単純に紅楼とのみ表記されるケースもある。
第三級古跡として認定されている歴史的建築物であるが、若者の集まる西門町のランドマーク的な存在でもある。

a0287336_19153396.jpg


円形状に、ベンチや展示物が
通路があって、奥の方に何かあるな

a0287336_19164564.jpg


お?
なんだ?このエリア

a0287336_19181015.jpg


DOLPHIN THINK

a0287336_21254828.jpg


どうやら、この区画は、台湾のデザイナーさん達が、お店を出すショップフロアになってるんですね
にしても

a0287336_21303448.jpg


かわいい作品ばかり( *‘∀‘ )

a0287336_21311578.jpg


そして、
今まで見てきた台湾と明らかに違う
見るからに洗練された空間
歩いてる若者も、渋谷や原宿に居るような敏感な感性の持ち主ばかりに見える

a0287336_21321272.jpg


建物中心部分が吹き抜けになってる2フロア構成

a0287336_21341746.jpg


*Mori Shu*

a0287336_2136090.jpg


日本人にも馴染みやすい、この可愛さ
台湾のキャラクターが、ここまで進化してたとは

a0287336_2138032.jpg


日本語が書かれてるのは、日本をリスペクトしてるからなのか、ブランド名的に日本人デザイナーの可能性も捨てきれないけど、レジに居たのは、若い女の子でしたね

a0287336_21394421.jpg


foufou

a0287336_21443787.jpg


「Foufou」はデザイナーの妹さんと営業管理を行うお姉さんの姉妹が立ち上げたブランド
社会にはびこる理不尽なことをブラックユーモアで吹き飛ばしちゃうウサギがモチーフらしい

a0287336_21493681.jpg


a0287336_21522385.jpg


若い女の子でいっぱい
そして、どのお店も、買いやすい価格だなー

a0287336_21531411.jpg


a0287336_21565527.jpg


有空

a0287336_2158325.jpg


これは独特のタッチ
でも嫌いじゃないな

a0287336_2283596.jpg


a0287336_2216034.jpg


この日は、土曜日
隣の広場で大道芸のイベントやワークショップが盛況でした

a0287336_2217697.jpg


a0287336_22132066.jpg


いや~
この辺りは、西門町というエリア

ガイドブックなんかで、「台湾の渋谷、原宿」なんて書かれてましたが、

まさに、そんな感じですね

いえ、規模がってことじゃないんですけど、
ガヤガヤしてエネルギッシュでゴチャゴチャした感じは、まさに渋谷や原宿の雰囲気出てました

ホテルからも近いし、ここは夜も来てみようかな


つづく

by maryrequiem | 2016-04-06 00:01 | 台湾 | Comments(0)