趙記 菜肉餛飩大王 台湾台北市/水餃子 ワンタン~台湾へ行きタイワーン 1日目 6

a0287336_218343.jpg


a0287336_2184294.jpg


国立台湾博物館は、二二八和平公園の中にあります

a0287336_21101412.jpg


二・二八事件(ににはちじけん)は、1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、と国民党政権(外省人(在台中国人))による長期的な民衆(当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と日本人)弾圧の引き金となった事件

a0287336_2112925.jpg


1947年2月27日、台北市で闇菸草を販売していた女性(林江邁、40歳、2人の子持ち寡婦)を、中華民国の官憲(台湾専売局台北支局密売取締員6名と警察官4名)が摘発した。女性は土下座して許しを懇願したが、取締官は女性を銃剣の柄で殴打し、商品および所持金を没収した。
戦後の台湾では、日本統治時代の専売制度を引き継ぎ酒・菸草(たばこ)・砂糖・塩等は全て中華民国によって専売となっていた。しかし、大陸ではタバコは自由販売が許されていたため、多くの台湾人がこの措置を差別的と考え、不満を持っていた。タバコ売りの女性に同情して、多くの台湾人が集まった。すると取締官は今度は民衆に威嚇発砲したが、まったく無関係な台湾人(陳文渓)に命中し死亡させた。後に逃亡した。
この事件をきっかけとし、民衆の中華民国への怒りが爆発した。翌28日には抗議のデモ隊が市庁舎へ大挙して押しかけたが、中華民国側は強硬姿勢を崩さず、憲兵隊は市庁舎の屋上に機関銃を据えて、非武装のデモ隊へ向けて無差別に掃射を行う。多くの市民が殺害され、傷を負った。この後、国府軍は台北以外の各地でも台湾人への無差別発砲や処刑を行っている。
本省人側は国民政府に占拠されている諸施設へ大規模な抗議行動を展開。日本語や台湾語で話しかけ、答えられない者を外省人と認めると暴行するなどの反抗手段を行った。台湾住民の中には日本語が話せない部族もいたが、「君が代」は国歌として全ての台湾人が歌えたため、本省人たちは全台湾人共通の合言葉として「君が代」を歌い、歌えない者(外省人)を排除しつつ行進した。また、本省人側はラジオ放送局を占拠。軍艦マーチと共に日本語で「台湾人よ立ち上がれ!」と呼びかけた。

a0287336_21172629.jpg


劣勢を悟った中華民国の長官府は、一時本省人側に対して対話の姿勢を示したが、在台湾行政長官兼警備総司令陳儀は、大陸の国民党政府に密かに援軍を要請した。陳は「政治的な野望を持っている台湾人が大台湾主義を唱え、台湾人による台湾自治を訴えている」「台湾人が反乱を起こした」「組織的な反乱」「独立を企てた反逆行為」「奸黨亂徒(奸党乱徒)に対し、武力をもって殲滅すべし」との電報を蒋介石に送っている。
蒋介石は陳儀の書簡の内容を鵜呑みにし、翌月、第21師団と憲兵隊を大陸から援軍として派遣した。これと連動して、陳儀の部隊も一斉に反撃を開始した。裁判官・医師・役人をはじめ日本統治時代に高等教育を受けたエリート層が次々と逮捕・投獄・拷問され、その多くは殺害された。また、国民党軍の一部は一般市民にも無差別的な発砲を行っている。基隆では街頭にて検問所を設け、市民に対し、北京語を上手く話せない本省人を全て逮捕し、針金を本省人の手に刺し込んで縛って束ね、「粽(チマキ)」と称し、トラックに載せ、そのまま基隆港に投げ込んだという。台湾籍の旧日本軍人や学生の一部は、旧日本軍の軍服や装備を身に付けて、国府軍部隊を迎え撃ち、善戦した(「独立自衛隊」、「学生隊」等)。しかし、最後はこれらも制圧され、台湾全土が国府軍の支配下に収まるのである。

a0287336_21234536.jpg


この事件によって、約28,000人もの本省人が殺害・処刑され、彼らの財産や研究成果の多くが接収されたと言われている。実際の被害者の数はさらに多いとの説が今尚根強く存在しており、正確な犠牲者数を確定しようとする試みは、いまも政府・民間双方の間で行なわれている。1992年、台湾の行政院は、事件の犠牲者数を1万8千~2万8千人とする推計を公表している。
事件の際発令された戒厳令は40年後の1987年まで継続し、白色テロと呼ばれる恐怖政治によって、多くの台湾人が投獄、処刑されてきた。また、内外の批判によって国民党政府が漸く戒厳令を解除した後も、国家安全法によって言論の自由が制限されていた。今日の台湾に近い形の「民主化」が実現するのは、李登輝総統が1992年に刑法を改正し、言論の自由が認められてからのことである。

a0287336_21244224.jpg


a0287336_21252874.jpg


あそこに見えるのは、中華民国総統府

つーか

a0287336_21262090.jpg


なんなんだ、この道路の広さwww
片側5車線なんですがwww
中央分離帯も無いから、より広さが際立つね
ちなみに、
もちろんここ、横断歩道ありませんwww
車の来てないタイミングに突進して撮影www
總統府の前だけに、すぐ近くに警官が数人立ってたことに後から気がついて怒られるかと思いましたwww

a0287336_21273375.jpg


上空から建物を見ると、日本の「日」を現す形に建てられているそうです

a0287336_21392989.jpg


a0287336_21512285.jpg



ここらも大衆食堂が
ちょっと食べようかなーw

a0287336_2152045.jpg


なにせ、昨日の夜から何も食べてなかった
さっき肉うどん食べたけど、正直、全然足りなかった

a0287336_21532929.jpg


気になるお店を見つけたら、どんどん突撃しようと思ってました

a0287336_2154451.jpg


って
この店も凄いな~w
店の前で餃子を作ってるぞw
ここにしますw

場所は、台湾台北市中正區桃源街5號&7號

a0287336_21555283.jpg




関連ランキング:台湾料理 | 西門町



趙記 菜肉餛飩大王さんです

a0287336_21572680.jpg


店舗は、2軒
真ん中が会計
入り口左右に調理場
奥がイートインスペースですね

a0287336_21585234.jpg


さーて
出てきました
これは、大衆食堂では定番の店専用のオーダー表です

お店によって、テーブルに置いてあったり、オーダーを口答で告げて、紙を置きに来るパターンと色々あります

a0287336_2205135.jpg


こちらのお店は、調理スタッフに直接口答でオーダーして、注文した品のところにチェックマークを入れてくれました
食後に、入り口真ん中の会計所に、この紙を持って行って精算するシステムです

a0287336_2245999.jpg


菜肉餛飩専家とは、「自家製、肉野菜ワンタン」のことのようです
つーか、このお店、日本語は通じなかったけど日本語のメニューが存在してますね

a0287336_2272238.jpg


小菜 30台湾ドル(120円)

a0287336_22144875.jpg


小菜ってのは、ここの小皿料理全般を言ってるみたいですね
セルフサービスで一皿同じ価格

キャベツの煮物?

a0287336_22174146.jpg



これがなかなかどうして
美味しいねw

水煮したキャベツと人参に胡麻油をかけて仕上げた品
キャベツがほんのり甘く、胡麻油の風味で食欲がわきますね

a0287336_2220173.jpg


菜肉餛飩 小碗(野菜と豚肉入りワンタン) 90台湾ドル(360円)

a0287336_22222014.jpg


他でまだ食べるつもりだから、一番小さいサイズにしたんだけど、
こんなに大ぶりサイズのワンタンが6個www

とりあえず、そのまま食べてみたけど

味がしないwwwww

a0287336_2224875.jpg


それもそのはず、
スープがちょっと濁ってるから、味が付いてると思ったら、ほとんど無味w
かなり薄っすら味がするかもなレベル

テーブルに醤油や酢があるので、それを使えってことなんだろう

a0287336_22263840.jpg


a0287336_22284018.jpg


スープに醤油を入れるべきなのかもしれないけど、私は、レンゲやワンタンに直接醤油をかけました
これは美味しい

a0287336_2229556.jpg


これ、醤油も日本とちょっと違いますね
日本で言うところの、昆布しょうゆに近い?
昆布の味がするわけじゃないのですが、醤油本来の味に、何か出汁?みたいなのがまざってる?
ちょっと甘めで薄味かな?

a0287336_22302565.jpg


ワンタンのスープに、刻み海苔と刻んだ玉子焼きが入ってましたが、見た目ほど仕事してませんねw
香りも味もほとんど無し
見た目だけって感じでしょうか

a0287336_22324216.jpg


食べ終わったら、青い注文票をレジへ持って行き精算
30+90台湾ドル=480円

a0287336_2235124.jpg



趙記 菜肉餛飩大王さんの評価   ★★★☆☆(・ω・)


このお店は、大衆食堂の中では、比較的綺麗な方でした
ワンタンが、なかなかいいんじゃないでしょうか
皮がかなり厚いワンタンで、そこは好みが分かれるところ
厚い皮って、加工が簡単だから手間が掛かりにくい
人件費的な歩留まりで有利ですね
私には、皮が厚すぎると感じましたかねぇ
その差は、勿論食感
皮が、もそもそとした食感になりやすいのが残念
中の具も、それほど主張しませんが、この台湾独特の醤油を垂らすと一変
風味が増すんですよね~

にしても、この巨大なワンタンが6個で360円は、ちょっと驚きのボリューム
小と油断しましたねw

キャベツの胡麻油和えは、味は良いものの、逆にボリュームが残念
これで120円は普通ですね

ですが、席数も豊富で、価格も安くボリューム、味もなかなか

これなら気軽に立ち寄れますね
これぞ大衆食堂って感じのお店じゃないでしょうか


つづく

by maryrequiem | 2016-04-05 00:01 | 台湾 | Comments(2)

Commented by smile_day12 at 2016-04-05 17:51
こんばんはー(^o^)丿

なんと台湾でしたか・・(^з^)-☆
一月に沖縄に行った時に台湾と沖縄でかなり
迷ったんだよー。

いいなあー台湾
いつか maryrequiemさんの記事を参考にして
行って見たい。
毎日、記事楽しみにしてるからねー(^o^)
Commented by maryrequiem at 2016-04-05 18:46
smileさん、こんにちわー
沖縄と台湾は、パスポートを取る作業と費用の差ぐらいだと思います
沖縄もいいですけど、下手したら台湾の方が安上がりで楽しめると思いますよー
言葉が通じないけど、そんな中、四苦八苦したり、人、街並み、色んな刺激を受けて本当に楽しくて、台湾が益々好きになりました
まだ暫くかかるこのシリーズですが、極力、皆さんに台湾の魅力を伝えれるよう頑張ります