台湾へ行きタイワーン 1日目 5~國立臺灣博物館(国立台湾博物館)

a0287336_1214584.jpg


ホテルの隣の新光三越横の道路を南側に向くと、何やら趣きのある建物が
行ってみることに

a0287336_12162283.jpg


これこれ!
こういうのを探してました!
古い建築物とか大好物ですwww
ってか、台北駅から直ぐ近くです



どういうわけか、直接指定出来ないので、直ぐ南側にある台湾広播電台放送亭を指定してます

a0287336_12163944.jpg


國立臺灣博物館(国立台湾博物館)です

a0287336_1220781.jpg


ここは、入館料がかかります
っても安い
30台湾ドル(120円)

a0287336_12205422.jpg


12歳未満、65歳以上(日祝)は半額
6歳未満、65歳以上(平日)、身障者は、無料のようですが、日本国籍の人の場合適用されるかは不明
聞くだけ無料なので聞いてみましょう。日本語通じませんけどwww

a0287336_1222219.jpg


そうそう
台湾観光のPRキャラクター喔熊(Oh! Bear)が熊だったりするぐらい熊が大人気!
どこを歩いても熊のぬいぐるみや、熊の絵がモチーフになったアートやキャラクターで溢れてます
台湾中央の山岳地帯にタイワンツキノワグマが生息することが要因なのでしょうか

a0287336_1226268.jpg


おおおおおお
歴史を感じるこの佇まい
素晴らしい・・

a0287336_12422961.jpg


国立台湾博物館(こくりつたいわんはくぶつかん)は台湾台北市中正区の228和平公園内にある日本統治時代の1908年に台湾総督府の博物館として設立された台湾最古の博物館である。

a0287336_12431680.jpg


1908年、第4代台湾総督児玉源太郎と民政長官後藤新平を記念するため、「児玉総督後藤民政長官記念館」として現在地に建築された。1909年に台湾総督府博物館に改称。
野村一郎設計による現在の建物が1915年に完成し、川上瀧彌が初代館長に就任した。
列柱とドームを持つギリシャ風の建物内部には、イタリア産の大理石がふんだんに使われ、天井のステンドグラスには児玉家の家紋である軍配団扇と後藤家の家紋である藤を組み合わせた図案が使われていた。

a0287336_12434741.jpg


戦後の1949年に「台湾省立博物館」と改称し、2度の改修を経たのち、更に1999年に現在の名称となった。
1998年、新古典主義建築の建物が台湾の国定史跡に指定された。

a0287336_12442830.jpg


a0287336_12445916.jpg


a0287336_12454313.jpg


常設展示は、台湾の歴史と自然を主題とし、歴史と諸民族、地質史と鉱物、生物の多様性、台湾の生物、台湾の先住民に分けられている。この他にケナガマンモス標本がある。

a0287336_1246735.jpg


a0287336_1246365.jpg


うへ
このミイラは本物なんだろうか

a0287336_12543317.jpg


a0287336_12551369.jpg


この市松模様に敷き詰められ、磨き上げられた大理石の床
装飾を施された柱
うっとりしますね

a0287336_132508.jpg


a0287336_1351061.jpg


展示物を真剣にメモする子供やカップルが来てたり
地元の人の憩いの場になってるのかな

a0287336_1353575.jpg


a0287336_13161669.jpg


a0287336_13172145.jpg


Tattoo Elder of Laiyi
台湾の先住民族パイワン族の伝統的な手の刺青文化

a0287336_13174065.jpg


a0287336_13223182.jpg


エントランス部分
天井のステンドグラスも見事

a0287336_1322521.jpg


a0287336_13233612.jpg


a0287336_13235434.jpg


プロジェクターで投影された映像と音で何やらやってましたが、言葉がわからないのでどうしようもなかったw
地元の人達が、じっくり見入ってました

a0287336_1325591.jpg


a0287336_13262020.jpg


夢幻博物城という展示内容なんですね

ただ、良さがいまいちわからなかった
意識高い人向けなのか?

a0287336_13282180.jpg


a0287336_1329312.jpg


ミュージアムショップは、うさぎ推しなのかなw

a0287336_13295198.jpg


a0287336_13302550.jpg


a0287336_13305421.jpg


a0287336_13311725.jpg


a0287336_13314331.jpg


いや~
ここ、本当に素晴らしいですね
1908年建築の石造りの建物
とても見応えがありました
個人的には、台湾の歴史コーナーみたいなのも大事なんでしょうけど、建物の良さを全面に見せてくれたほうが嬉しかった
そこは、地元の方々の要望なのでしょうから、仕方がないんでしょうけどね

この建築物を眺めてるだけで、時を感じ、思いを馳せる

台北駅南側、徒歩10分圏内という好立地
入館料も安いし、台北市内の観光に是非、立ち寄って欲しい場所ですね


つづく

by maryrequiem | 2016-04-04 00:01 | 台湾 | Comments(0)