劉山東 牛肉麺 台湾台北市/牛肉麺~台湾へ行きタイワーン 1日目 4

昼食です

場所は、台湾台北市開封街1段14巷2號

a0287336_1133155.jpg


こんな細い路地の先にあります
ってか、
台湾のお店でも場所によっては、食べログが存在してるというねw



関連ランキング:中華麺(その他) | 台北駅周辺



劉山東さんです

a0287336_1161713.jpg


めっちゃ並んでます!
ですが、この近辺で他に気になるお店が無かったし、ここはじっと待ちます

a0287336_1174619.jpg


外にも小さなテーブルと椅子が置かれ、相席は当たり前
回転率は良いほうで、10分程度で順番が

a0287336_1192028.jpg


このお店も日本語は一切通じません
それどころか英語も多分通じません
現地の言葉のみ
流石にどうしたものか悩んだ末、

a0287336_11111571.jpg


プライスボードの紅燒牛肉麺を指差して、なんとかオーダー

a0287336_1113178.jpg


とにかく人が多い!
人を店内に無理やり詰め込んでるのでテーブルも席間も最低限のスペースしかありません

a0287336_11142490.jpg


テーブルに置かれた薬味
好きに入れて良いみたいです
豆板醤?と皮がついたままのニンニクと謎の野菜の煮たもの

a0287336_1125892.jpg


左の奥の方に、キャベツを似たものとかサイドメニューのコーナーがあるんですが、
各式小菜毎盤 20台湾ドルってのに該当するのかな?
専門に店員さんが立ってて、そこに皆さん直接オーダーしに行ってました
ただ、その時は、私テンパってたので、どうして良いかわからず、じっと座って見てるだけでしたがwww

a0287336_11274786.jpg


来ました!
台湾での記念すべき一品目!

紅燒牛肉麺 140台湾ドル(560円)

a0287336_113245.jpg


まずはスープ

うんうん
薄味ですが、出汁がしっかり出てコクのある味

a0287336_11345065.jpg


麺は見た目は、まるでうどんですね
ですが、うどん程は、表面がつるっとしてません
歯応えは、かなりしっかりしてます

a0287336_1136870.jpg


牛肉は、しっかり味付けされ、煮こまれたもの
牛肉と書かれてないと分かり難いぐらい肉の風味は感じないw
素材の味を楽しませるような調理は、考えられてない模様

a0287336_1139633.jpg


周りは、現地の方ばかりと予想
皆さん、積極的にテーブル上のトッピングを丼に投入してるのを見て

a0287336_11421611.jpg


私も真似て見たw

a0287336_11435237.jpg


ん~
これなんの野菜なんだろまじでwww
なんとなく風味はありますが、弱い
煮こまれすぎて色も落ちてるし、別に入れるほどのものじゃないですね

a0287336_11441556.jpg


外は、まだまだ行列が絶えません
かなりの人気店みたいですね

a0287336_11531491.jpg



劉山東さんの評価   ★★★☆☆(・ω・)


記念すべき台湾一軒目は、☆3としました

ざっくり言えば、台湾肉うどん ってところなんでしょうか?
独特の食感の麺と出汁が効いたスープはまずまず
ただ、添えられてた牛肉は、正直微妙かなぁ
しっかり味付けして、ぐつぐつ煮込んだ品は、柔らかいですが、肉本来の風味は全く無く、調味料の味しか感じません
とは言え、素麺が多分メニューに存在しないwww
こんなものだと思えば別に気にならないレベルではありますが、

これで140台湾ドル(560円)もするとなると、お世辞にも安くない

台湾は、日本の七掛けぐらいが相場だと聞いてたので・・
私的には、七掛けの品には感じなかった

a0287336_1272727.jpg



そうそう

このお店に限った話では、ありませんが
大衆食堂系の衛生観念は、相当ばらつきがあります

日本の大衆食堂と同等レベルから、汚ミシュラン、それを超えるレベルまで様々
私は、現地の雰囲気を味わいたいので積極的に飛び込みましたが、そういうのを気にされる方には、大衆食堂系はお勧めできません
テーブルが汚れてるなんて当たり前
床はベトベト
ですが、これが台湾の普通なのです
そういう部分も含めて楽しみましょう


つづく

by maryrequiem | 2016-04-03 00:01 | 台湾 | Comments(0)