鍵善良房 本店 京都市東山区/老舗京菓子専門店~駆け足で巡る京都 2日目 その8

a0287336_1201583.jpg


休憩します

場所は、京都府京都市東山区祇園町北側264



関連ランキング:甘味処 | 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅



a0287336_1211491.jpg


アーケード屋根に看板が下がってるので目印になります

a0287336_1212871.jpg


入り口入ってすぐは、京菓子の販売コーナー
喫茶コーナーは店舗奥側になります

a0287336_1222952.jpg


老舗らしい和の風情
間接照明が優しい光で落ち着きある雰囲気

a0287336_1233433.jpg


席数60席

a0287336_1251379.jpg


メニューはシンプルに6種類のみ
さて
私は、和の甘味処って普段はほぼ行きません
なので、知識もありませんwww
くずきり、わらびもち、おうすって名前を見たことはありますが、どういう形状のものかもよくわかってないとう
こういうときは

a0287336_1253537.jpg


1番高いメニューを頼むことにしてる

a0287336_1285585.jpg


冷たいお茶と何か来た

a0287336_1292651.jpg


落雁
かわいいw

a0287336_1294398.jpg


美味しいな~
ただの砂糖の塊にしか見えないけどそんな簡単なもんじゃないわ


落雁(らくがん)は、米などから作った澱粉質の粉に水飴や砂糖を混ぜて着色し、型に押して乾燥させた干菓子である。型に押す際に、餡や小豆、栗などを入れて一緒に押し固めるものもある。


なるほどな~

a0287336_12101774.jpg


グリーンティー 500円

a0287336_12105211.jpg


甘いシロップをお好みで
私はストレートで

a0287336_12113253.jpg


おー
味と香りが濃いなー
おいしい!
シロップ入れたらもったいないよこれ
この自然な風味、最高です

a0287336_12125266.jpg


a0287336_12144487.jpg


さて

くずきり 950円

が運ばれてきましたが
なにやら大きいw

a0287336_12145564.jpg



なるほど

a0287336_12154048.jpg


お重のように縦に容器が重なってる
一段目が蜜
二段目がくずきり

a0287336_12163129.jpg


はー
これがくずきりか
はじめて見ました

a0287336_12203412.jpg


透き通った麺みたいねw

a0287336_12211083.jpg


白蜜、黒蜜の2種類から選択
私は黒蜜を選びました

まわりの注文聞いてると、全員白蜜選択してるなwww

a0287336_1222414.jpg


たかが甘味と侮ってた

a0287336_12231951.jpg



衝撃的美味しさ!( *‘∀‘ )


a0287336_12234541.jpg


くずきりの食感と風味に完全にやられました
適度な弾力の噛み応え
滑らかな喉越し
黒蜜をたっぷりつけても甘すぎないバランス感
これ、葛粉のレベルが違いすぎるんじゃ
食べた瞬間に魅了されてしまいました

a0287336_12253150.jpg


a0287336_12303971.jpg


氷も空気がほぼ入ってない透明度の高いもの
見た目のよさが全然違うなー
細かいことですが大事だとおもいます

a0287336_12311051.jpg


a0287336_12324093.jpg


a0287336_12325243.jpg


甘味ですが、ボリュームはなかなか

a0287336_1233863.jpg


中庭がまたいい味だしてます

a0287336_12345211.jpg


a0287336_1235326.jpg


せっかくなんで京菓子コーナーも見ていこう

a0287336_12355160.jpg


a0287336_12365112.jpg


a0287336_1237779.jpg


a0287336_12372137.jpg


これ綺麗だなー

a0287336_12374592.jpg


お土産に買っていこうかなーとおもったら、これらは生菓子なので何日ももたないとのことで断念
無難に羊羹を購入

a0287336_12391131.jpg


a0287336_12394733.jpg


「鍵善良房」の創業は江戸の享保年間。京都の花街・祇園の一角で京菓子をつくり続けております。
一般のお客さまを始め、茶人や僧侶の方々に菓子を供してきましたが、祇園という場所柄、お茶屋や料亭に出入りする文人墨客や旦那衆、さらには花街の女性たちにも広く好まれてまいりました。
「鍵善」の菓子のありかたは、今も昔も変わりません。吟味した素材を、代々伝わる製法で、職人が手でつくる。ていねいに、こまやかに。お客さまに喜んでいただけるよう、たしかな「鍵善の味」を日々心がけております。

なるほど

a0287336_1240422.jpg


a0287336_12385558.jpg


a0287336_12414751.jpg


a0287336_1242210.jpg


創業から300年以上という
建物は建て変わってるでしょうが、それでも歴史を感じる数々の小物や演出が素晴らしいです
店員さんは、喫茶コーナーと京菓子コーナーでぱっと見10人ぐらいいましたが、皆さん若く綺麗な女性ばかり
接客も良く、気持ちよく過ごせました


鍵善良房 本店さんの評価   ★★★★★( *‘∀‘)


くずきりがこれほど美味しいものだとはおもってませんでした
いや、
鍵善良房 本店さんのくずきりが絶品なのかもしれません
完全に魅了されてしまいました
せめて東京にもお店があれば・・定期的に通うこと間違いなしです

喉越し、噛み応え、風味が最高のくずきり
そのくずきりの風味を底上げする黒蜜
苦味甘味が程よく、風味のいいグリーンティー
お茶請けのレベルじゃない絶品な落雁
これぞおもてなしと言わざるを得ない接客

京都に来るときは、絶対再訪します

京都旅行の思い出に間違いの無いお店です


おすすめです


※追記※

「くずきり」の葛は、奈良吉野・大宇陀町の「森野吉野葛本舗」のものを創業当初から使用してるそうです


つづく

by maryrequiem | 2015-08-17 00:01 | 京都府 | Comments(4)

Commented by smile_day12 at 2015-08-17 07:05
おはようー(^o^)丿

このお店は知らなかったよ。
くずきりって私も食べたことがないの。食べてみたい(๑→ܫ←)♥
Commented by maryrequiem at 2015-08-17 10:35
smileさん、こんにちわー
北海道では、あまりゆかりのない食べ物ですよね
こんな美味しい甘味があるとはと感動しましたよー
京都に行くときは是非~
Commented by mikan-no-gohan at 2015-08-18 11:29
え? 白みつの方が多かったですか?
私が行った時は 皆さん 黒蜜でしたよ~(笑)
鍵善さんは 吉野の本葛を使っているのかなぁ?
葛切り、食べたくなっちゃいました(>_<)

あっ、“おうす” は飲み物ですから~
和菓子だと思って注文すると大変なコトになりますよ~(笑)
おうす(お薄)はね、あれよ、アレ。
茶道で シャカシャカシャカシャカ~って点てている 普通の抹茶よ。
もうちょい粉の量が多くて濃いのは、名前通り “お濃茶(おこいちゃ)”。
(“お” は 別につけなくても良いんだけど…)
練り練り練り練りって点てる感じで、ドロッとしているのね。
飲みやすいのは 普通の “お薄” だと思います~。
(濃茶がメニューにあるお店は少ないと思うし…)
お薄も美味しいですよ~♪
Commented by maryrequiem at 2015-08-18 12:31
ここをご存知とは、みかんさん、流石です!
吉野の本葛というのは、ブランドものってことなんでしょうか?
あの美味しさですから納得せざるを得ません。
おうすは飲み物でしたかwww
そーいや、おうすと生菓子って書いてますねwこれも納得です。
にしてもお詳しい。
勉強になります!先生!